くるりポイって何?どこのお店で行われているの?

   

Pocket

 

突然出てきた新しい言葉「くるりポイ」。

このくるりポイって一体何なのでしょうか?

 

今回は

くるりポイとは?

どこのお店で行われているのか

についてご紹介していきます。

 

さらにくるりポイの反対言葉ぺろりポイについてもお伝えしていきましょう。

 

Sponsored Link

くるりポイって何?

 

くるりポイって何?と思われた方も多い事でしょう。

くるりポイとはスーパーで買ったお肉などが入っていたトレーを

レジ近くのごみ箱にポイっとする行為です。

 

「くるり」とお肉の入ったトレーをひっくり返してラップで包み中身だけを持ち帰る。

そしてトレーだけ「ポイ」とごみ箱に捨てる様子からくるりポイと呼ばれています。

 

トレーには肉や魚の血や汁などがついておりとても不衛生です。

さらに時間がたてばくるりポイされたトレーからお肉やお魚のにおいがしてとても不快です。

なぜくるりポイをするの?

 

なぜくるりポイをするかというと自宅でトレーを処分したくないからです。

トレーはプラスチック包装ごみに該当しますので燃えるゴミではないんですね。

(地域によってごみ分別の仕方が違いますので注意してくださいね。)

 

トレーを洗ったり分別したりするのがめんどうくさいから

買ったお店でくるりポイをするのです。

 

お店が困っても他のお客さんが不快な思いをしても自分さえよければいいという

自己中心的な考え方からくるりポイをしているのです。

 

 

どんな人がくるりポイをするの?

どんなひとがくるりポイをするのか気になりますよね。

お店の人の話によれば60代くらいの女性がくるりポイを行っていたそうです。

 

あまり言いにくいのですが経済的にあまり余裕がない高齢の女性の方が

くるりポイをされる傾向にあるみたいですね。

 

【結論】

 

くるりポイをする人物像は

 

高齢者

経済的に裕福でない

女性

 

ということになります。

もちろん上記の条件に当てはまっていない人もくるりポイをする人がいますので

ご注意ください。

 

Sponsored Link

 

くるりポイってどこのお店で行われているの

 

今回くるりポイが問題になっているのは福岡市のスーパーです。

福岡市内のスーパーでくるりポイは行われています。

 

店舗によってあまりくるりポイが行われないお店もありますが

頻繁に行われるお店もあります。

 

やはりと言っては大変失礼ですがスーパーによって客層が違いますので

このような差が出るのでしょう。

 

経済的に豊かなお客さんが多い

地域的にごみの分別がきちんとしている

そのような客層のスーパーにはくるりポイはほとんど行われません。

 

しかしあまりよくない客層のスーパーだとくるりポイが横行するようです。

 

 

 

 

くるりポイからぺろりポイへ

 

くるりポイが不衛生でマナーも悪い行為だという事はわかったと思います。

実はくるりポイの反対のことばがあるのです。

 

それは「ぺろりポイ」です。

高知市などのおおくの自治体ではトレーをきちんと対処するようマナーアップを進めています。

 

先日ふるさと祭りが行われた「高知県高知市の鏡川地域」では大人たちはもちろん

子供たちにもごみの分別が浸透していて

お祭りで食べたトレーをキチンを分別して出していました。

 

親や地域がくるりポイをしないように教えていくこともすごく大切ですね。

 

 

くるりポイのまとめ

福岡市内で行われた今回のくるりポイ騒動。

みなさんはいかが感じられたでしょうか。

 

ほとんどのみなさんはくるりポイなどせずきちんと分別しておられるでしょう。

くるりポイをする人はほんの一部です。

 

ですがその一部のために多くの人が迷惑をしています。

今後お店や地域がどのように対応していくのか注目していきましょう。



 - 国内ニュース