効率よく勉強したい方必見!クラシック音楽の効果を解説!

      2019/10/21

Pocket

 

今回は、勉強の時に聞く音楽についてご紹介していきます。

まず、勉強の時に聞いてOKな音楽は以下の通りです。

  • 自然音
  • クラシック音楽

自然音は雨や波の音のこと。

これが集中できるのは感覚的にも理解できるんじゃないでしょうか。

 

今回は、クラシック音楽が勉強にもたらす効果について解説していきます。

では、今回の内容になります。

Sponsored Link

クラシックが勉強にもたらす効果

クラシック効果には、以下のような効果があるというように言われています。

  • 集中力アップ
  • 暗記力向上
  • モチベーションアップ

分かりやすくご紹介していきます。

 

モーツァルト効果とは?

皆さんは「モーツァルト効果」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

モーツァルト効果という言葉が知られるにつれて、

「モーツァルトの音楽を聞くと頭がよくなる」

なんていう噂が広がったりなんかしたわけですね。

 

実際これはどうなんでしょうか。

結論から申し上げますと、「聞くだけで頭がよくなるわけない」ということ。

でも別の言い方をすると、「気分がよくなる」

それによって勉強効率が上がるという作用があるとわかっているんです。

 

なかなか面白いですよね。

つまり、クラシック音楽は気分を良くして

様々なメリットを生み出しているんです。

 

 

【集中力】【暗記力】【モチベーション】

 

先ほどご紹介しました「気分がよくなる」ということから派生して、

集中力や暗記力、モチベーションの向上が見込めます。

 

つまり、たくさんのメリットが享受できるということですね。

クラシック音楽好きの方にとってはとても嬉しいんじゃないでしょうか。

 

気分がよくなるとどうなるでしょう。

モチベーションのアップという効果が見込めますよね。

 

更にクラシック音楽を聴いて勉強する習慣をつけておくと、

クラシック音楽を聴いたら勉強しようという逆の習慣も見につきます。

 

なかなか勉強の習慣が身につかなくて悩んでいる方や、

集中できないと悩んでいる方は

ぜひ試してみることをおすすめします。

Sponsored Link

クラシック音楽が効果がある科学的根拠

ここで、上記のメリットを受けられると結論付けている科学的根拠をご紹介します。

まずは気分を良くする効果についての研究をご紹介しますね。

 

アメリカ合衆国のサンディエゴ大学の研究になります。

サンディエゴ大学の行った実験によると、クラシック音楽を聞いた被験者が、

聞いていない被験者よりも血圧レベルが明らかに低いことを発見しました。

 

この研究には続きがあり、音楽のジャンルによって

この血圧レベルが変化したのです。

 

詳しく言うと、ジャズやポップスのような音楽では、

あまり良い結果は出ませんでした。

 

つまり、ここでクラシック音楽の優位性が証明されたわけですね。

なかなか興味深い研究です。

 

続いては、集中力や暗記力を高める科学的根拠をご紹介します。

まず、科学的に証明された事柄は、以下の通り。

 

「クラシック音楽はα波の発生を促す」

これがどういうことを表しているのかご説明しましょう。

α波は、脳から出る脳波の一種です。

 

このα波は、リラックスしているときに出る脳波なんです。

つまり、クラシック音楽によってα波が発生している状態は

とてもリラックスしている状態だということになります。

 

実は先ほどご紹介した自然音というのもこのα波を発生させるものなんです。

自然音と同じような効果がこのクラシック音楽に見込めるというわけですね。

 

これは活用するしかありません。

更にα波は、リラックス効果がありますから、

ストレス解消にも大変効果があります。

すると勉強にはとても大きなメリットが見込めるんです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、勉強におすすめのクラシック音楽のメリットをご紹介しました。

 

クラシック音楽を聴いて勉強するだけで、

かなり多くの大きなメリットを享受できることが

分かりましたね。

 

他にも様々な細かなメリットがありますし、

勉強で悩んでいる方は是非一度試してみるのが

いいんじゃないでしょうか。

 

最後にクラシック音楽を聴いて勉強することのデメリットに

ついて考察をして終わりにしたいと思います。

 

クラシック音楽を聴いて勉強することのデメリットとして考えられることは、以下の通り。

  • 試験やテストでは音楽はない
  • 音楽に聞き入ってしまう
  • 無音に比べれば若干集中力が劣る

1つ目に関しては、クラシック音楽を聴きながら勉強する最大のデメリットなんじゃないかな。

試験やテストではクラシック音楽は聴けません。

 

つまり、本番と異なる状況で勉強することに慣れてしまうのです。

2つ目のデメリットは、歌詞がない分ほぼデメリットではないと考えてよいでしょう。

 

無音での勉強のほうが集中して取り組めるのは事実です。

しかし、集中しすぎもよくありません。

 

適度に集中を分散させることも必要なんですね。

という事で勉強するときにはクラシック音楽をぜひ活用してみてください。

 



 - 勉強