恋愛したいけど出会いがない!恋愛したいならやめるべき6つの行動とは?

   

Pocket

そこのあなた!

恋愛したいですか?

出会いを得ていますか?

 

「出会えていれば苦労しません!」

「どうしたらいいかわからないし」

「失敗したらどうしよう・・・」

 

などなど恋愛につながる出会いを得る前に

色々考えてしまうなどして身動きが取れないようですね。

筆者も人のことは言えませんが・・・

 

「考える前に行動すれば良いじゃない!」

と言う意見もあるでしょうが

そんな風にすぐに一念発起できる人ばかりではないのです。

 

ではどうしたら出会いを得ることができるのでしょう?

筆者も真剣に考えてみました。

まず「やめるべき行動」から見直してみてはどうでしょう?

 

今回は「恋愛したいけど出会いがない!」

「恋愛したいならやめるべき6つの行動」

について語っていきますね。

Sponsored Link

恋愛したいけど出会いがない!その理由とは?

恋愛したいと思いながらも

出会いがないことってありませんか?

それは何でなのでしょう?

 

そもそも恋愛をするにあたって

どう行動に移せばいいのか

頭ではわかっていても勇気が出ないこともあるでしょう。

 

筆者もその1人です。

頭の中で堂々巡りしてしまって

足踏み状態が延々と続くのです。

 

「友達に紹介してもらえば?」

「異性のいる集まりに参加したら良いよ!」

「考えるより行動あるのみ!」

 

などの意見が出てきました。

どれもごもっともでございます。

筆者返す言葉もございません・・・

 

確かにこれらを行動に移すことで

スタート地点に立てるかもしれません。

有効的な方法と言えるでしょう。

 

本気で恋愛したいなら

「自分から行動すること」

心がけましょう。

 

そのために友人知人に協力してもらったり

人の経験談を参考にしてみるなどするのも

良いのではないでしょうか?

恋愛したいならやめるべき行動とは?

①「自分を卑下する」

②「常に受け身状態」

③「自分と誰かを比べる」

 

まずやめていただきたい行動を

①②③として挙げてみましたが

いかがでしょう?

 

①のように「自分なんて・・・」と思ったり

②のように「自分から」行動を起こさなかったり

③のように「あの人の方が・・・」などと優劣をつけたり

 

これらは「自分に自信がない」ことが

具現化していると言えるでしょう。

筆者も②のパターンが多々あります。

 

しかしこれらは恋愛に限ったことではありません。

つい弱気になってこんな風に思ってしまうことを

一概に頭から否定しかねます。

 

ただこれらが「常態化」してしまうことが

「あなた自身のためにはならない」と言うことを

筆者は声を大にして言いたいのであります。

 

④「同性の友達とばかり遊ぶ」

⑤「異性に対する固定観念がある」

⑥「最初から諦めの気持ちがある」

 

①②③に続きまして

④⑤⑥の行動を挙げてみましたが

いかがでしょう?

 

④のように「異性がいない」ところばかりであったり

⑤のように「異性は○○である」と思い込んでいたり

⑥のように「恋愛に対して諦めの気持ち」を持っていたり

 

これらは自覚の有無に限らず

自分自身で「出会い」を遠ざけていることになり

さらに「出会いがない」と言う悪循環に陥るでしょう。

 

「凝り固まった固定観念」や「諦めと言う名の妥協」が

習慣化していってしまうと

せっかくの出会いの機会を見逃してしまうことになりますよ?

 

これらを改めることであなたに出会いが増えて

恋愛につながることができたら

筆者としても嬉しい限りでございます。

Sponsored Link

まとめ

以上が「恋愛したいけど出会いがない!」

「恋愛したいならやめるべき6つの行動」

を語ってきましたがいかがでしたか?

 

ここまで色々とお説教にも似たことを書き連ねてきましたが

筆者自身も出会いがないことに焦った時期がありましたし

足踏みもしていました。

 

読者の皆さんに対して偉そうに言える立場ではないことも

重々承知しておりますし

他の考え方があることも否定しません。

 

筆者が書いたことは1つの視点でしかなく

中には納得しかねる読者の方がいても

おかしくないことでしょう。

 

しかし筆者は読者の皆さんに

良い出会いをしていただきたい一心で

自分の思いつく限りの知識を書いております。

 

①のように自分自身を貶めてほしくない

②のように待ち続けるだけでいてほしくない

③のように誰かと比べて自分の魅力を潰してほしくない

 

④のように異性と関わろうとしないでほしい

⑤のように異性とは○○と決めつけないでほしい

⑥のように諦めの気持ちのままでいてほしくない

 

ただそれだけなのです。

誰しも必ず可能性は持っています

それを開花させることで幸せになることもできるでしょう。

 

ここで挙げたことに思い当たる方や

今まで意識したことがない方にも

今一度振り返ってみていただきたい。

 

自覚するのも改めるのも

あなたの意志がなければできないのですから。

あなた自身が向き合う必要があります。

 

筆者も改めて自分自身を振り返って

自覚すべきところを自覚し

改めるべきところは改めたいと思います。

 

読者の皆さんが「恋愛につながる出会い」を得て

幸せになれることを

筆者は心から願っています。

 



 - 恋愛