勉強の効率を最大化する6つ方法とは?【誰でもできます】

   

Pocket

 

今回は、勉強の効率を最大化する誰でもできる6つの方法をご紹介します。

簡単な方法をご紹介しますので

ぜひ試してみてください。

 

では、今回の内容になります。

 

Sponsored Link

勉強効率を最大化させるの6つの方法とは?

今回は、勉強効率アップの方法として、6つご紹介します。

その6つの方法は、以下の通り。

  1.  スマホを視界に入らないようにする
  2.  1つのことに集中する
  3.  運動する
  4.  休憩を上手にとる
  5.  感情を利用する
  6.  人に教える

順番に分かりやすくご紹介します。

 

勉強の効率を最大化する方法①スマホを視界に入らないようにする

 

1つ目にご紹介する方法は、スマホを視界に入れないようにする方法です。

 

ここでポイントとなるのは、通知をオフにするだけじゃダメということ。

勉強の効率を上げるためには、「視界に入れない」ことが大切なんです。

 

科学的に証明されていて、勉強効率にかなりの効果があるんですね。

おすすめとしては、他の部屋に置いておくことです。

 

一度やってみることをおすすめします。

驚くほど勉強効率が上がるのを実感できるでしょう。

 

 

勉強の効率を最大化する方法その②1つのことに集中する

 

2つ目にご紹介する方法は、1つのことに集中するということです。

 

目の前のことに集中することが、勉強効率を最大化してくれるんです。

つまりどういうことか。

 

言い換えると、「マルチタスクはダメ」ということです。

複数のことを同時にやることは、脳に負担がかかります。

 

ですから、やるべきことを一つ決めて、徹底的にそれに集中してください。

それが勉強の効率を最大限まで引き上げてくれます。

 

勉強の効率を最大化する方法その③運動する

 

3つ目にご紹介する方法は、運動することです。

「運動することが何か関係あるの?」

と思う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

実は運動と勉強効率に関する研究はたくさん行われています。

かなり大きなメリットがあることが分かっています。

 

運動することは抑うつ効果もありますし、ぜひ運動を取り入れてみてください。

勉強効率も格段とアップすると思いますよ。

 

よくいましたよね。

部活をやっていて頭がいい人。

これは科学的根拠があったんですね。

勉強の効率を最大化する方法その④休憩を上手にとる

 

4つ目は、休憩の取り方です。

勉強効率を上げるためには、休憩をとることが欠かせません。

やみくもに勉強していても、勉強効率は上がりません。

 

休憩のポイントは以下の3つ。

  • 適切な時間
  • 目を休める
  • 途中で休憩に入る

順番に分かりやすくご説明します。

 

適切な時間は、10分程度がいいでしょう。

15分以上休んでしまうと、完全に休止状態になってしまうので、注意が必要です。

 

目を休めるというのは、スマホを見たりしないということです。

スマホを見て休む方がいらっしゃいますが、それはやめたほうがいいです。

 

勉強効率を上げたいならば、目をしっかり休めましょう。

途中で休憩に入るというのは、言い換えれば、

勉強を「キリが悪いところ」で終わらせるということです。

 

なぜそんなことが勉強効率を上げるのでしょうか。

それは、「気になる」という気持ちを利用するためです。

勉強を途中でやめると、続きが気になりますよね。

 

その気になるという気持ちが、勉強効率をアップします。

テストが終わって解答が配られるまで、答えが気になりますよね。

 

そして解答を見て、納得します。

その時の勉強効率は素晴らしく高まっています。

その気持ちを利用しようということです。

 

勉強の効率を最大化する方法その⑤感情を利用する

 

勉強の効率を最大化する方法その⑤は感情を利用するです。

 

先ほどの例でもご紹介しました

、テストの話を思い浮かべてください。

 

テストで惜しくも間違えた問題って、ずっと覚えていませんか?

それは「悔しい」という気持ちがあるからなんです。

 

悔しい気持ちを利用することで、定着率が高まり、

勉強効率を最大化できます。

 

悔しい気持ちだけでなく、楽しいという気持ちや、

感動の気持ちなどもしっかり定着すると思うので

ぜひ取り入れていきましょう。

 

 

勉強の効率を最大化する方法その⑥人に教える

 

最後に、「人に教える」という大切さをご紹介します。

 

皆さんはラーニングピラミッドというものをご存じでしょうか。

簡単に言えば、学習定着率を最大化するにはどうしたらいいかということが

ピラミッド型の図形で表現されているものです。

 

実はラーニングピラミッドで最も学習定着率が高いのは、

「人に教える」ということなんです。

 

人に教えるためには、分かりやすく、

教える人よりも深い知識が必要になりますよね。

ですから勉強の効率が上がるというわけです。

 

これは、人に教えるつもりで勉強することでも

同様の効果が得られることが分かっています。

 

ですから、簡単に実践できるので、ぜひ試してみてください。

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、勉強の効率を最大化する方法をご紹介しました。

 

私自身も実践しているテクニックをご紹介しましたので、

ぜひ試してみることをおすすめします。

 

特に最後の「人に教えるテクニック」はおすすめします。

他の人からも喜んでもらえますし、一石二鳥ですね。

 

勉強効率を上げるためにはどうしたらいいかという

知識だけ持っていてももったいないので、まずは試してみましょう。

 

向き不向きもありますからね。

 

今回ご紹介した方法は誰にでも実践でき、効果が表れやすいものになります。

組み合わせることで勉強効率が爆発的にアップすると思います。

 

勉強効率が上がれば、成果が上がると同時に使える時間も増えます。

どんどんいい方向に流れが出てくるので、実践してみてください。

今回は、これで以上になります。

 



 - 勉強 ,