勉強に集中できない原因とは?おすすめ対処法【4選】!

   

Pocket

 

今回は勉強に集中できないという悩みを持っている方に向けて、集中する方法をご紹介します。

今回の記事を読んでわかることは、以下の通りです。

  • どうして勉強に集中できないかが分かる
  • 集中するために必要なテクニックが分かる

それでは、今回の内容になります。

 

Sponsored Link

 

集中って何?

いきなりですが、集中って何でしょう。

皆さん答えられますかね。

ここでは勉強の話ということで、集中について、以下のように定義します。

 

余分な考えを排除して、一つだけのことに取り組める状態を集中状態という

ここでポイントとなってくるのは、「排除」と「一つ」という言葉です。

 

つまり、集中すべき事柄以外については徹底的に

排除していくという考え方が最も重要になってきます。

 

集中力を高める方法

上で説明したように、集中力を高めるにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、集中力を高める方法を4つご紹介します。

 

4つの方法にどれも共通しているのは、「排除」と「一つ」ということです。

ではさっそく、1つずつ丁寧にご紹介していきます。

 

やることをはっきりさせる

1つ目は、「排除」に該当します。

やることをしっかりと認識し、タスク化することです。

 

やることがはっきりしていないことが、不安を引き起こし、集中力を阻害します。

タスク化するときのポイントは、1タスク1時間程度のものとすることです。

 

こうすることで、最大限に効率化できます。

多くても6タスクほどがよいといわれています。

 

ここは自分で試してみて、ベストなものを見つけましょう。

優先順位をつける

2つ目は、タスク(やること)に優先順位をつけることです。

先ほど準備したタスクに1,2,3...というように優先順位を付けます。

優先順位を付けたら、その順番に従ってひたすら作業に没頭します。

 

1タスクが完了するまでは、次のタスクについて考え事をしないようにしましょう。

これが「一つ」という点に該当します。

 

優先順位がつけられない人は仕事ができないなんてことも言われます。

これはどれも中途半端になってしまう危険性があるからなんですね。

ですから、優先順位をつけて目の前の作業に没頭しましょう。

 

 

スマホを部屋に持ち込まない

 

3つ目は、スマートフォンの取り扱いについてです。

実はこのスマートフォンは、集中力をかなり下げることが分かっています。

 

通知がなってしまって集中できなくなってしまうのは言うまでもなくわかるでしょう。

しかし、「スマホがある」と意識するだけでも集中力が下がることが分かっています。

 

ですから、他の部屋に置くなどして、視界に入らないような工夫をすることが大切です。

スマホのライトは睡眠を妨げるので、その点でも取り扱い方にはよく注意しましょう。

 

部屋の照明

4つ目は、部屋の照明についてです。

実はこれは、目の前のことのみに集中するための僕が実践している方法です。

意外と大きな効果を感じることができるので、ご紹介します。

 

今までの話からも、「目の前のことのみに意識を向ける」ということが最も重要だということは分かってもらえたんじゃないでしょうか。

そこで部屋の照明を落として、机のライトのみ付けるんです。

 

こうすることで、そこに意識することができるというものです。

即効性があると思うので紹介しました。

ぜひ試してみてください。

 

 

Sponsored Link

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、集中力を高める方法についてご紹介しました。

 

まとめとして、「受験生」を例にとって、状況を整理して終わりとします。

受験生の集中力を高める方法として、以下の状況が考えられます。

「今日は6時間勉強できるから、こんなタスクにしよう」

 

  • 国語の問題集の第5回
  • 数学のベクトルの範囲の演習
  • 江戸時代の復習
  • 単語500個
  • 化学反応式を覚える
  • 明日の計画を立てる

「じゃあこんな優先順位をつけてやろう」

  1. 単語500個
  2. 数学のベクトルの範囲の演習
  3. 化学反応式を覚える
  4. 国語の問題集の第5回
  5. 江戸時代の復習
  6. 明日の計画を立てる

「スマホをリビングにおいて、勉強は自分の部屋でやろう」

「部屋の照明を落として机の上のライトだけつけよう」

こんな感じです。

 

この場合、単語500個覚えるまでは数学の勉強には進みません。

このようにすることで、集中できないという現象を対策することができます。

 

今回は、集中できない理由として、「目の前のことに没頭できていない」という観点でお話ししましたが、もちろんそれだけではありません。

 

考えられる原因として、体調不良や、寝不足、長時間すぎる勉強、などが考えられます。

 

生活リズムを整えて体調管理をすることは、

勉強のみならず大切なので意識するようにしてください。

 

集中力はそもそも長時間継続するものではありません。

ですから、そのような事実を認識し、計画を立てて勉強することも大切です。

具体的に言えば、「休憩の取り方」が大切になってくるわけです。

 

このへんが抑えられて入れば、かなり集中力が上がってくると思います。

ぜひ試してみてください。

今回はこれで以上となります。

 



 - 勉強 ,