節約できない理由とは?~どうしても節約したいあなたへ~

      2019/09/17

Pocket

節約できない理由とは?

ずばり

節約しなくても死なないから

 

極論すぎる?

でも、実際そうなんですよ。

 

節約しなくても

貯金が増えなくても、

人は生きていけます。

 

そもそも、どうして節約したいのでしょう?

 

「節約は、しないよりしたほうがいいと思う」

「なんとなく将来に備えて…」

 

それだけの理由で、

アッサリと節約できちゃう人は

確かにいます。

 

多分そういう人は、

ゲームのように

達成感を味わって

節約そのものを楽しんでる可能性が高いです。

 

「貯金が増えた~♪」

「食費が1万円減った~♪」

「来月はもっと節約するぞ~♪」

レベルア~ップ

「はい、100万円到達♪」

チャララチャッチャッチャッチャ~~ン(ドラ〇エ風)

 

私にはムリムリムリ?

ではどうすれば、節約ができるのか検証していきましょう

 

Sponsored Link

 

節約したいのにできない理由~パーフェクトを目指してない?~

 

毎月5万円節約する!

 

う~ん

月収100万円の人には難しくないでしょうが…

そもそも目標が高すぎて

実現可能レベルを超越してます。

 

金額以外でも

「外食はせず、全部自炊する!」

「毎日お弁当を作る!」

「洋服は買わない!」

いいですね~。

意識が高いし、決して実現不可能ではないレベル。

 

…でも、そういう人に限って、

1回外食してしまっただけ

「私はダメな人間だ~~(涙)」

「どうせ私には節約なんて無理~(涙)」

ずるずる、節約坂を滑り落ちていくのです…

  (筆・何度も転げ落ちた経験者)

 

いきなり完璧を目指さずに、

できることから始めていきましょう。

 

「まずは今月は5000円節約」

「できるだけ自炊。でも疲れ果てたら月1回は外食OK」

「そんなときは自分では作れないものを食べちゃお♪」

それくらいの意識から始めてみましょう。

 

それが実現したら

「月1万円いけるかも?」

「疲れてても、手抜きでこれくらいは作れるかも?」

 

小さな成功体験の積み重ねで、

少しずつ節約体質に変わることができますよ♪

 

 

節約したいのにできない理由~周りの目を気にしてない?~

 

飲み会に誘われたら断れない。

「とってもお似合い♪」と褒められた試着品を断れない

「今だけ特別価格♪」と勧められた試食品を断れない

割引価格で購入するのが恥ずかしい…

「みんな買ってるから、付き合いで買わなくちゃ…(ヤ〇ルトetc)」

「のどは乾いてないけど、みんながお茶するなら何か飲まなくちゃ…」

 

「ケチと思われたくない」心理ですね。

 

コミュニティにもよりけりですが、

人は他人のことにそれほど興味はありません。

 

よほど常識に外れたことをしない限り、

印象に残ることもありません。

 

したがって

おすすめ商品をやんわり断ったくらいで、

「ケチ」のレッテル貼られることはありません。

 

使いたくないことに、お金を使うのはやめましょう。

 

誰も気づきませんので、どうぞご安心を…♪

 

 

節約したい人必見!節約のために私がやめた5つの事とは?

 

 

Sponsored Link

節約したいのにできない理由~衝動買いしてない?~

 

衝動買いとは

「欲しいと思って買ったはなのに、

  よくよく考えたら必要なかった~!」

「その場の雰囲気に流された~!」

「安かったからつい買っちゃった」

 

予防は簡単

衝動買いの現場へ行くのを控えましょう

 

ショッピングモールをぶらぶらすると、つい商品を手に取ってしまいます。

目的のショップ以外は「行かぬが華」です

 

100円ショップ。

100円だからとつい買いすぎてしまいます。

意外とホームセンターで98円だったりします。

「行かぬが華」です。

 

コンビニエンスストア。

魅力的新製品の誘惑が多すぎます。

「行かぬが華」です。

 

ストレスたまってませんか?

 

衝動買いする人は、お金を使うことで、

無意識にストレス発散させていることが多いのです。

 

必要なものを思い切って買っちゃった

…ならいいのですが、

 

衝動買いの後悔がストレスになって、

無限ループにおちいりかねません。

 

軽い運動や、読書や、お散歩など、

お金のかからないことでストレス解消しましょう。

 

節約したいのにできない理由~部屋、散らかってない?~

自分が

「何」を

「どこ」に

「どれだけ」

所有しているか、把握してますか?

 

節約とはお金の管理。

お金の管理は、モノの管理に通じます。

 

たとえば、

「ハンコがない!」

「たしかこの辺に置いてあったはずなのに…!」

「とりあえず今は三文判で大丈夫だから、新しいのを買おう」

 

部屋が散らかってると、

こんな風に必要のない出費が発生するものです。

ハンコは100円ショップでも買える時代ですが、

銀行の届印だったら大変…!

 

洋服がクローゼットに溢れて、

似たような洋服を2重3重に持ってたりしませんか?

 

一度、思い切った断捨離をして、

身の回りの物を、

自分が管理できるものだけにしてみましょう。

 

無駄な買い物が減って、出費が減ります。

 

捨てた時の無念さを思うと、

物欲自体もなくなりますので、

だまされたと思って実践してみてください。

 

何より、お部屋が広々キレイになるのは、気持ちのよいものですよ♪

 

節約デートにおすすめ!お金かけずに楽しむ4つの方法とは?

 

 

節約したいのにできない理由~目的意識をもってる?~

 

冒頭で申し上げた通り、

節約しなくても人は死にません。

 

…が、節約しなければ実現できないことは多々あります。

 

車が欲しい

マイホームが欲しい

子供の進学にお金が必要・・・etc

 

収入を増やせれば簡単なのですが…(笑)

 

そこで支出を減らす=節約する理由が生まれるわけです。

 

「理由ある節約」は強いですよ。

できなければ

「ゲームオーバー」

ですからね(笑)

 

では早速今日から

節約を仕切り直しましょう

 

まずはLEVEL1から♪

 



 - 節約 ,