実はラブソング!意外な洋楽ラブソング3選を紹介!

      2019/08/29

Pocket

ラブソング、良いですよね!

恋愛を歌った楽曲というものは

いつの時代でも不変の人気を誇っていると思います(^^)

 

定義としては「恋愛を題材にした曲」とありますが、うーん曖昧(笑)

「ラブソング」という曲名のラブソングだっていっぱいありますしね(^^;)

 

今回は、ラブソングには聞こえないけど実はラブソングなんです

という意外な曲を3曲紹介してみようと思います。

 

Sponsored Link

 

意外な洋楽ラブソング3選その①エリック・クラプトン~愛しのレイラ~

原題は「Layla」で、超有名ギタリストのエリック・クラプトン(以下クラプトン)が

作曲した大ヒットロックナンバーです。

 

イントロのギターによるメロディーは聴いたことのない人など

居ないのではないでしょうか!

車のCMにも使われていましたね!

 

さて、一見ロックにしか聞こえないですが

この曲がラブソングとされている理由は歌詞です。

 

内容が、「親友」の奥さんへの愛を叫んだ内容だからです。

その親友とはあのモンスターバンド・ビートルズの

ギタリスト、ジョージ・ハリスン(以下ジョージ)です!

 

許されるはずがない、親友の奥さんであるパティ・ボイド(以下パティ)に

抱いてしまった恋心というものにクラプトンは相当に苦悩したようです。

 

結局、ジョージは奥さんと離婚。

その後、なんとクラプトンはパティと結婚することになります!

(しかし、その後数年間の別居を経て離婚してしまいます…)

 

しかし、ジョージはクラプトンと元奥さんの結婚パーティーに難色示さず出席した

という逸話があるそうです!なんとビッグすぎる器!

 

別れても好きな女性、ということだったのでしょうか… 

それとも、クラプトンとの友情をとても大切に思っていたのか…

 

この曲は約7分と長めですが、歌が入っているのは2分30秒くらいまでで

それから先は歌が入っていません。

 

しかも、この歌のないゾーンに入ってからは曲調もがらりと変わり

ラブソングのような落ち着いた演奏になります。

 

前半が苦悩を表現、後半は悩みから解放された心象を表現した…と

考えながら聞くと面白いかもしれません(^^)

 

 

スティング ~シェイプ・オブ・マイ・ハート~

スティングというアーティストの曲で

映画「レオン」のエンディング曲として起用された曲です。

 

彼は「ポリス」というバンドに在籍し

そこでもヒットナンバーを連発しているヒットメーカーです。

 

映画本編のあらすじとしては、孤独な殺し屋(レオン)と

少女(マチルダ)の交流を描いた傑作です。

 

ある事情で家族を皆殺しにされたマチルダはアパートの隣室に住む

一流の殺し屋であるレオンに助けを求め、かくまってもらいます。

 

マチルダとレオンはお互いに足りないものを教えあう師弟のような

親子のような関係となりますが…

ネタバレを防ぐため、ここまでとさせて頂きます(^^;)

 

この曲の歌詞の内容ですが、レオンの目線で自分の人生を

トランプのカードのマークに重ねてみたものです。

 

スペードは剣を。クラブは武器を。ダイヤは報酬を。

しかし、ハートの内容だけがわからない。

それは、自分が今まで知りえなかったもの。

 

これまでのレオンの人生は、苛烈でありながらトランプのマーク三つで

表現できるほどにシンプルなものでした。

 

そんなレオンが最後に知ることができたハートの意味とは何だったのか…。

日本公開時のキャッチコピーは、「狂暴すぎる、純愛」

本編もとても面白いので、未見でしたら是非ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

キッス ~アイ・ワズ・メイド・フォー・ラヴィン・ユー~

超絶インパクトな白塗りメイクの四人組による

長寿ハードロックバンド、キッスのこの曲です!

 

ラヴィン・ユー・ベイビーとも呼ばれる

この曲は、1979年に発売されました。

 

当時世を席巻していたディスコのノリを取り入れたこの曲は大ヒット!

この曲に限って言えば、ディスコソング

というくくりの方がしっくりくるかもしれませんね。

 

「Do、Do、Do…」と一緒にコーラスしたくなる印象的なイントロ。

「俺はお前を愛するために作られた」タイトル通りの直球すぎる愛の言葉。

男なら愛情は自ら伝えろ!好きなら愛してるといえ!

とでも言わんばかりの男性の、男性による、男性のためのラブソングです。

 

キッスはその見た目から「地獄」や「悪魔」のようなイメージを連想してしまいます(笑)

しかし、この曲のように伝わりやすいメッセージをもつ曲もあります。

恋愛に悩んでいる人はこの曲を聴いて、気持ちを高ぶらせてみてもいいかもしれませんね(^^)

 

 

さて、三曲紹介してみました。

今回、記事を書くにあたって調べてみて新しい発見があったのは2曲目の「レオン」の曲でした。

私は映画をそこそこ見る方なのですが、エンドロールが終わるまで席を立ちません。

あそこも作品の一部だと思っているからです。

 

まとめ

 

しかし、エンドロール中に歌の入った楽曲が起用される作品ってあんまり多くはないんですよね。

大抵は本編中の場面のつなぎ合わせのような曲が多いです。

それはそれで、各場面を思い出せるから良いのですが。

 

【洋楽】かっこいいバンド3選!個人的に選んでみた結果

 

映画は役者の演技や脚本と同じく、音楽も重要な要素です。

映画を見る際には、これまで以上に「曲」にも注意してみようと思いました。



 - 洋楽 ,