【初心者におすすめ】タブ譜を利用したギター練習法とは?

      2019/09/01

Pocket

皆さんはギターを弾くとき

耳コピ派ですか?

タブ譜などの楽譜を見ますか?

 

初心者の方だったら

どうしてもタブ譜に頼りがちですよね。

 

そんな「タブ譜を読まないと弾けないよ!

と言う初心者の方のために

タブ譜を利用した

私なりの応用練習方法を

この記事ではお伝えします!

Sponsored Link

タブ譜の利点

 

まだ耳コピができない」

「ギターの指板上の音の位置がわからない!」

 

といった人にとって

タブ譜は便利なものです。

 

なぜなら

番号で位置が書いてあるので

そこを押えれば

確実に音が出るからです。

 

それにリズムも

同時に記載されているので

おおよその、音の流れも

つかむ事が出来ます。

 

ここだけ見ると

かなり便利なツール

だと言えます。

 

タブ譜の落とし穴

 

その一方

タブ譜に頼ってばかりだと

伸び悩む点があります。

 

ここでは3点あげます。

それは

基本的な音感」

 

「ギターの同じ音の位置での把握」

 

「アドリブの応用」

 

などです。

 

しかし逆に言うとこの3点を

克服すれば

タブ譜の弱点を利用する事によって

自由なギター演奏が

出来るかも!

 

という可能性が秘められている・・・

 

ともいえます。

 

そんな

タブ譜の弱点を逆手に取った練習方法を3つ解説していきます。

Sponsored Link

1、基本的な音の感覚をタブ譜から導き出す

タブ譜を読んで

曲、フレーズを弾いていると

弾いている形がただしく、

その音が鳴っていれば

「弾けている」と、

どうしても

思いがちです。

 

しかしそれだけではもったいない!

まだまだ理解する余地があるんです!

 

せっかく形で弾けたフレーズです。

そのフレーズがどんな特徴や

どういう作りになっているかを

解析し、

自分のものにしてみてはどうでしょう?

 

「自分のものにする」といっても

色々なレベルで考えられますが、

ここでいうレベルは

 

「口で歌える」

 

ということです。

ここではこれを、目標としてみます。

 

まず

自分が弾いたタブ譜での

ギターフレーズを1つピックアップ

してみてください。

自分が一番お気に入りの

フレーズがいいです。

 

そうしたらそのフレーズを

弾いた後に、口で歌ってみましょう。

 

意外とこれができないものです!

 

歌えましたか?

何度か歌ったらまたギターで

そのフレーズを弾いてみてください。それを交互に行います。

 

非常にシンプルですが、

これが主となる練習です。

何度も繰り返してみてください。

 

さらにギターでフレーズを弾きながら同時に

口で歌うと言う練習も

効果的ですよ!

 

個人的に選んでみた!ギターリフがかっこいい邦楽5選!

 

1の効果

この練習を行うことで

音の上下やリズムを

理解する事が出来ます。

 

また口で歌えるようになると

頭で理解もできるので

フレーズの把握につながります。

 

これにより

「タブ譜で理解」

から

「フレーズの理解」

へと理解の次元が上がります。

 

2、同音を別位置で弾き分ける

 

先ほどの一番好きなフレーズを

ここの2の練習でも使います。

 

ピックアップした

そのフレーズを

他のポジションで

弾いてみてください。

 

オクターブの違いを含めたら

3ポジションほどあるはずです。

 

違う位置でポジションを見つけて

サウンドの違いを

感じてみてください。

 

2の効用

タブ譜で音を拾って

曲を弾くのでの1番の弱点は

1通りの弾き方しか記載が無い」

ことです。

 

しかしこの2の練習を行えば

何通りかのパターンを弾く事ができるので

おのずと位置把握ができ、

可動範囲も広がります。

 

また、違う位置で弾くと

トーンやサウンドが微妙に

違うので、使う音の選択肢も増えます。

 

3、アドリブの応用

 

この3での練習はギターの間奏を使用します。

 

間奏がソロの場合

少しだけ音を変えて

弾いてみてください。

 

音を追加するでもいいですし

逆に音がある部分を

休符にしても大丈夫です。

 

できる人はソロを

大幅に変えても結構です。

 

そのときなるべく

タブ譜の位置や音使いを

確認しながら

 

「自分がどう変えたか」

 

を意識してみて弾いてください。

 

3の効用

 

このソロを変える

と言う発想は

続けて少しずつ練習すれば

瞬時にアドリブも

可能になります。

 

注意点は

 

「間奏を変える」

 

とはいっても、突飛すぎたり

メチャクチャでは

意味がありません。

 

タブ譜にアレンジを加える

といったスタンスで

取り組めば

曲のニュアンスを

自分のものにできます。

 

自分らしくアレンジしてみましょう。

 

個人的なタブ譜への意見

お疲れ様でした。

練習の紹介は以上です。

 

ーここからは私の話です。

 

 

私もタブ譜に頼った

ギター演奏の時期もありましたし、

そこから抜け出せない

ジレンマを感じていた時期もありました。

 

その後、上にあげた練習に取り組み、

「タブ譜に頼らなくなった!」

 

と思えた途端、

今度は独り善がりな演奏に

陥った時期もありました。

 

その後の私の中での課題は

「自分は何が弾きたいのか?」

となりました。

今も考え続けています。

 

結局はタブ譜を使っても使わなくても

その人のやりたい事や

何を習得したいかが問題です。

自分のやりたいサウンドを

イメージすることです。

 

話は変わりますが、

 

「タブ譜は視覚の問題だから音感がつかない」

 

と言う意見の人も多数います。

 

確かに「音感を身につける」

という目的の場合

タブ譜でそれを担うのは

難しいことかもしれません。

 

しかし

 

「音を視覚化する」されている

タブ譜では

自分が何を弾いているのかが

目で見て鮮明になることもあります。

確実な音をすぐに掴みやすいという利点もあります。

 

私もある程度ギターが弾けるようになってから

タブ譜を見て学んだことも

多分にあります。

 

「この位置でこの音が出るのか!」

といった「目から鱗」もあるものです。

 

良い意味でも、悪い意味でも

タブ譜を

 

「便利なもの」

 

だけで片付けず

 

「その人にとっての学びのツール」

 

として捉えて利用するのが

賢明なことだと思われます。

 

まとめ

私なりのタブ譜を使った練習方法と

私見になりましたが、

いかがだったでしょうか?

 

位置がすぐにわかるタブ譜は

非常に便利なものです。

 

ある程度ギターが弾けても

戻ってタブ譜を読んでみると

意外と発見や気付きが隠されています。

 

ーたかがタブ譜されどタブ譜です

初心者の方だけでなく、

上級者の方も

もし運指やトーンで迷ったら、

タブ譜をまた引っ張り出してみると

またプレイの幅が広がるかも

しれませんよ!

 

 

 

 

 

 

 



 - ギター