ギター練習アプリ「メトロノーム」の最強利用法とは?おすすめ練習法3選

   

Pocket

ギター弾きの皆さんこんにちは。

 

アプリのメトロノーム使って練習したことは

もちろんありますよね?

ところで、どうやって

メトロノーム使ってます?

 

いろんな教則本やいろんなギター講師が

いろんな使い方のノウハウ紹介してますよね?

 

でも!こう思うでしょう!

「本によって書いてあることが違う!」

「練習法ありすぎ!」

極め付けは

何が正しい方法かわからない!」

 

そうでしょう、そうでしょう。

 

そもそもメトロノームってプレイヤーの

「レベル」「目的」

によって使い方変わるものなのです。

その「レベル」や「目的」による

使い方とは結局のところ

 

ギターの「リズム」を矯正するのが問題なのです。

 

ここではリズムの重要性、

そしてリズムの養い方、

具体的な練習方法を

お教えいたします!

Sponsored Link

スマホ用アプリの「メトロノーム」を選ぶ

アプリのメトロノームですが

2〜3個のメトロノームアプリの使用をオススメします。

 

音質もそれぞれ違いますし

テンポの設定方法も様々なので

時と場合によって使い分けてるのも良いでしょう。

 

自分にとって使いやすい

アプリのメトロノームが

必ずあるはずなので、

あまり一つに限定せず

色々使ってみるのをオススメします。

 

一つのメトロノームに飽きたら

他のものを使うのもオススメです。

 

パルスとしてのリズムの重要性

 

パルスってご存知でしょうか?

日本語で「」の意味ですね!

 

脈って大体、一定なのは、なんとなく

おわかりになられると思います。

 

この一定の「パルス」を

自分の中で掴めた時

リズムがとても躍動する

と私は思っております。

 

「一定の脈(パルス)を

リズムとしてきざむ」これ、イコール「拍」

と言ってもいいかもしれません。

 

どんな演奏も

どんな曲も

速度が一定なら

拍のを打つ位置も

一定ですよね?

 

そこの

一定の速度=拍=パルス

という

イコール群をつなげる。

 

それがメトロノームの練習で

最も重要な役割と

使い方なのです!

 

【おすすめ練習①】ギター練習用アプリ「メトロノーム」でパルスのトレーニング

では実践的なトレーニング方法です。

 

メトロノームを♩=100に設定します。

そしてそれに合わせて

「ピ・ピ・ピ・ピ」の4回のメトロノーム音と

「ワン・ツー・スリー・フォー」の口でのカウントを

ジャストになるように刻み続けます。

 

4つのカウントと同時に

手で机をなどを叩くのもいいでしょう。

ずれないように気を付けて!

 

1は以上です。

効用とその理由

これだけ!?

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

そう、これだけなのです。

 

ーしかしこれは効きます。

 

これは正確なメトロノームに

自分のリズムである

「パルス」を合わせるという意味があるのです。

 

一定の速度=拍=パルス

 

の式を満たす為には

自分の中のリズムを一定にするという

 

ー言うならばこの練習は

 

拍の速度とパルスを

メトロノームで矯正する

効果があるのです。

 

繰り返す、徹底的に!

意外と、4つの拍を口で歌うのは

難しいことがわかると思います。

 

正確にハマらなかったり

ピッタリ歌えてもぎこちなかったり

すると思います。

 

これが自然にジャストで

口ずさめると

パルスが一定になって

リズム感が養えます。

 

♩=100に慣れたら

ほかのテンポでもやってみましょう!

Sponsored Link

【おすすめ練習②】ギター練習用アプリ「メトロノーム」で曲を聴くトレーニング

 

トレーニング2は

音楽を聴きながら、曲の拍に合わせて

「ワン・ツー・スリー・フォー」と

刻みます。

 

効用

ここでの効果は

曲は4拍子なら

「ワン・ツー・スリー・フォー」は

ハマると言うことです。

 

「それだけかい!」

 

それだけです。

 

言っておきますが、

4つのカウントが

全てハマるという

普遍性に気付くと

全ての曲が

4つのカウントだと

わかります。

(当たり前ですが気付いてない人は

たくさんいます!)

 

これに気付いて

音楽をやると

いろんな発見があります。

 

「この曲は裏にクラッシュが!」

「こんなところでこのテンション!」

「若干跳ねたストロークだなぁ。」

 

など

「4」の拍の概念がわかると色々な

応用が効き気付きも多いのです!

 

【おすすめ練習③】アプリのメトロノームを使ってギターを実践トレーニングしてみよう!

 

ここでやっとギターの登場です。

 

左手で解放弦を使わない

コードを押さえます。

 

そうしたら「ワン・ツー・スリー・フォー」

のカウントを口でしながら

それに合わせメトロノームを

4拍で鳴らし、それに合わせ

一拍に一つずつ

コードを弾きます。

 

ピックを使っても

フィンガーピッキングでも

どちらでも大丈夫です。

ギターと共に

 

ギターの練習がやっと出てきました。

 

一拍に一つずつコードを鳴らすという

かなりシンプルな練習法ですが

とても効果があります。

 

トレーニング1、2で養った

パルス感をギターと繋げます。

 

この時なるべく左手で

上手くミュートをかけながら

パルスが自然と「リズム」になるように

なおかつジャストに刻みましょう。

 

ここまできたら

 

この1、2、3のパルストレーニングとリズムの練習を

こなす事によって

リズムはずいぶん改善するでしょう。

「楽曲を聴く」のトレーニング以外は

なるべくメトロノームを使用しましょう。

 

ここからはご自分で

メトロノームを2泊4泊で鳴らす、

コードストロークを口でカウントしながら弾く、

4拍で鳴らすメトロノームで

フィールを変えてギターを弾く、

 

など様々な応用をして

リズム感タップリの

グルーヴィーなギターを弾きましょう!

 

 

 

まとめ

 

ある知人のジャズピアニストが

 

「ワン・ツー・スリー・フォーがきざめるのが

一番の基本だよ!」

 

との言葉からこの練習法ができました。

 

少なくとも私には絶大な効果があったのは

事実です。

 

私が書いた練習に囚われず

色々工夫して

あなただけの

様々な形の「自分にあったメトロノームライフ」

を楽しんではいかが?

 

 

 



 - ギター , ,