必見!恋愛が怖いと感じる男女別の理由とは?対処法も紹介

      2019/09/22

Pocket

有名な某時代劇の主題歌の歌詞の中に、

人生、楽ありゃ苦もあるさ♪」とあります。

確かに、そのとおりですよね。

 

楽しいことはあっという間、

苦しいことは長く感じる。

それは、恋愛においても同じことが言えます。

 

ときめきなどの高揚感と同時に、

ある理由から「恋愛が怖い」と

感じてしまうことがあるようです。

 

それは、自分の経験から来る価値観であったり、

ネガティブな思考から発生してしまったりと、

様々な要因があります。

 

今回は、「恋愛が怖いと感じる男女別の理由」と、

それぞれの対処法について、

考えていきたいと思います。



「恋愛が怖い理由」 男性編

「女性に対する理想の高さと現実のギャップに打ちのめされたから」

理想の男性像を押し付けられ、辟易(へきえき)したから

「前の恋人との別れが辛すぎて、前に進めないから」

女性はこうあるものと思っていたら、現実は違った。

ハイスペックな男性像などを求められ、疲れてしまった。

前の彼女への思いが少なからずあって、心の足枷(あしかせ)になっている。

 

女性像の理想を高く持ちすぎたり、

自分らしさに目を向けてもらえなかったり、

別れてから後悔して、同じことを繰り返すのではと恐怖を感じる。

 

例えば、自分は相手との恋愛を楽しんでいるのに、

相手は現状に満足せず、「もっとこうあってほしい」と求めてくるようです。

自分としては、悲しい限りです。

 

理想の高さに翻弄されたり、

前の恋愛による後悔に縛られることで、

恋愛を怖いと感じてしまうのですね。

 

こうして見てみると、

男性も繊細な心を持っていることが、

ところどころに見て取れますね。

 

「恋愛が怖い理由」 女性編

 

「自分が相手に釣り合う自信がないから」

「失うと困るほど、今の恋愛が幸せだから」

「恋愛によって生じる負の感情が嫌だから」

 

自分には、相手に釣り合うほどの魅力がない。

今の恋人がいない毎日なんて、考えられない。

嫉妬や疑心暗鬼の感情が、息苦しく感じる。

 

自分と他人を比べて、自信が持てなかったり、

恋人が、自分の生活の中心になるほどの存在になっていたり、

ちょっとした疑いや不安から、嫉妬や疑心暗鬼に駆られたりなど。

 

例えば、自分の身近に理想的なカップルがいたとします。

つい自分たちと比べてしまい、自信を喪失してしまうようです。

まさに、「隣の芝生は青く見える」ですね。

 

自分の自信の低さや恋人への依存に振り回されたり、

恋愛による嫉妬や疑心暗鬼に自己嫌悪することで、

恋愛に怖さを感じてしまうんですね。

 

女性は、どうしても他人と比べてしまうところがあります。

それが、結果として自分自身を苦しめる要因となって、

恋愛にも影響を及ぼすと考えられます。


なら、オレorあたしはどうすれば良い?

「そんなこと言われても、どうしたら良いわけ?」

「なら、無理して恋愛することなくない?」

「これから恋愛する意欲がなくなるかも。」

なんて声が聞こえてきましたね。

どの意見も、ごもっともです。

筆者もそう思いますもん。

 

恋愛は、自分と相手の感情や、

数々の出来事などが混ざり合うことで、

様々な化学反応を起こします。

 

それらが良くも悪くも、

あなたたちの恋愛に、

少なからず影響を与えるのです。

初回限定10分無料で【LINEトーク占い】を体験!LINEでいつでも相談

 

悪い影響は回避したいのはやまやまですが、

とは言いましても、

恋愛は「教科書」のようにはいきません。

 

人の心は、生身のものだからです。

そこには、理屈では割り切れないものも、

確かに存在しています。

 

頭ではわかっても、心では受け入れられない「弱さ」

これを知ることこそ、

恋愛の怖さのスタートラインだと思います。

 

例えば、自分に自信がないなら、

自分を肯定する機会を増やして、

自信をつければ良いのです。

 

自分の中にある弱さを知って、

それを客観的に見ることによって、

プラスに転じる方法を見出したら良いのです。

 

 

【恋愛離れ】男女によって異なる3つの理由とは?対処法も伝授!

 

 

まとめ

以上が、「恋愛が怖いと感じる理由」と、

その対処法の紹介でした。

いかがでしたか?

恋愛は、杓子定規(しゃくしじょうぎ)にはいきません。

生身の人間同士たるもの、

感情には勝てません。

 

感情や思考があるからこそ、

楽しいはずの恋愛が怖いと思う瞬間があるのも、

致し方ないことなのです。

 

それは、決してあなたのせいではありません。

自分の心に嘘をついたままでは、

素直に恋愛を楽しめるはずがないからです。

 

怖いものは怖い

それで良いのです。

その感情に、無理に蓋(ふた)をすることはないですよ。

 

「傷つきたくない」

「相手に嫌われたくない」

筆者も恋愛するたびに、そう思っています。

 

だからと言って、

相手の言いなりになることが、

幸せな恋愛ではありません。

 

★業界最安値級★ あなたの悩みに効く本格占い【トーク占い(LINE公式運営)】

一方だけが我慢したり、

自分を偽らざる負えない恋愛なら、

恋愛そのものを見直す必要があります。

 

対処法にも書きましたが、

自分を肯定してみたり、

負の感情を手放してみたりして、

 

自分にとって不要なものを、

有効活用するか、手放してみるかによって、

その後が大きく違ってくるはずです。

 

その時初めて、

あなたにとって必要なものが、

表れるでしょう。



 - 恋愛 ,