恋愛モノ映画のおすすめはコレ!胸キュン&大人の恋愛映画は?

      2019/08/26

Pocket

恋愛モノ映画といっても様々なジャンルがありますよね^^

胸キュンモノから涙が止まらなくなる感動モノまで、

その時の気分によってみたいと思うジャンルは違うと思います。

 

ですので、恋愛モノの中でもさらにジャンルを分けた、

私がおすすめする作品たちをまとめました。

 

ぜひ、恋をしたい失恋した今の恋に迷いがある方、

自分が今どんな恋愛作品に合っているか想像しながら読んでください。



胸キュン必至!おすすめ恋愛映画ベスト3

胸キュン必死のおすすめ映画ベスト3をご紹介します。

 

(500)日のサマー

トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は建築家を夢見て、

グリーティングカード会社で働く毎日。

 

ある日、秘書として入社してきたキュートなサマー(ズーイー・デシャネル)に

一目惚れしてしまう。

 

トムは運命の恋を夢見る草食系男子、

しかしサマーは真実の愛なんて信じない女の子だった…。

 

まったく正反対のふたりの500日の恋を描いたラブストーリー。

運命の恋を信じる男と信じない女が繰り広げる、

ちょっぴりほろ苦くてユニークな恋愛コメディー。

運命なんかじゃない、偶然の重なりよる人生に胸キュン必至です!!

対照的な二人の恋愛模様に共感できる部分も多くて

幸せな気持ちになります。

 

絶対観るべし!2018年に日本で公開の恋愛映画おすすめ3作品はこちら! 

 

潔く柔く

高校1年生のカンナは、思いを通じ合わせていた

幼なじみのハルタを交通事故で失ってしまい、

それを機に新たな恋ができなくなってしまう。

時はたち、映画宣伝会社で働くようになった彼女は、

出版社に勤める赤沢禄と知り合う。

 

何かとぶしつけな言動を繰り出してくる赤沢に憤慨しては

反発するカンナだったが、意外な優しさを見せる

彼のことが気に掛かるようになっていく。

 

切ない要素も多い作品ですが、大人になり新たな恋を通して前に進む姿と、

不器用な二人に胸キュンします。

 

原作がいくえみ綾さんの少女漫画なので知っている人も多いかも。

長澤まさみと岡田将生の美男美女を見てるだけでキュンキュンします。

 

親愛なるきみへ

2週間の休暇で、父と暮らす家に帰郷した

若き軍人・ジョン(チャニング・テイタム)はある日、

海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、

その地を訪れていた大学生・サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合う。

 

やがて強く愛し合う2人だったが、サヴァナは大学へ、

ジョンは任地へと戻らなければならなかった。

 

2人は手紙でのやり取りを続けるが、

9.11事件によりジョンが服務期間の延長を決めたことから、

彼らの関係はすれ違い始める。

 

そんな折、ジョンはサヴァナがほかの男性と結婚を決めたことを知り、

落胆する。

だが、彼女が結婚を決めたのには訳があった…。

『きみに読む物語』の原作者、ニコラス・スパークスによるベストセラー小説を原作にした、

温もりあふれるラブストーリー。

 

若いころの甘酸っぱい思い出が蘇ってくる作品です。

大人になるにつれて忘れた昔の感情を思い出して胸キュンした作品です。

実際に起きた出来事を絡めて作品が展開されるので、リアリティがあります。

 

 

 

大人のラブストーリーが見たい!おすすめ恋愛映画ベスト3

 

大人のラブストーリーが見たい方へ。

おすすめ大人向け恋愛映画ベスト3をご紹介します。

 

ベティ・ブルー 愛と激情の日々

正直に言いますと、好き嫌いが分かれる映画です。

そもそもフランス映画を好まない方は得意じゃないかもしれません。

私も初めて見たときは嫌いでした。笑

 

ただ、見ればみるほど味がでる作品です。

今では一番好きな映画になりました。

 

海沿いの村で暮らすゾルグ(ジャン=ユーグ・アングラード)は、

小説家を夢見ながらペンキ職人などをして日々生活していた。

 

ある日、そんな彼の前に若く奔放な美女ベティ(ベアトリス・ダル)が現われ、

2人はたちまち恋に落ちる。彼らは一緒に暮らし始めたが、

次第にベティのエキセントリックな行動が目立つようになり……。

 

ベティの言動は気が触れているとしか思えないようなものが多いのですが、

そんな彼女にハマってしまう不思議な作品です。

ここまで誰かを愛せるのか自問自答する映画でもあります。




抱きたいカンケイ

病院に勤める医師・エマ(ナタリー・ポートマン)は仕事、仕事の毎日で

恋をする余裕もない。

 

そんなある日、昔からの男友だちのアダム(アシュトン・カッチャー)と

ひょんなことから一線を越えてしまう。

 

その後も、恋愛感情や嫉妬、デートさえないのに日常のストレス発散のために

カンケイが続いていく。

しかし、次第に2人の気持ちに少しづつズレが生じはじめて――。

 

『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが主演、

製作総指揮を務めたラブストーリー。

 

お互いに自分の気持ちに素直になれず、傷付き合い、

駆け引きの続く二人の関係から目が離せない作品です!

 

大人の女性誰もがこのような関係に悩み、傷つき、

強くなって経験があるのではないでしょうか?

素直になれない大人たちにぜひ見て欲しい作品です。

 

セカンドヴァージン

不倫の末にさまざまな試練を乗り越え、

一緒に暮らし始めた中村るい(鈴木京香)と17歳年下の鈴木行(長谷川博己)だったが、

ある日突然、行はるいの前から姿を消す。

 

5年後、出張先のマレーシアで再会をするものの、

行は彼女の目前で撃たれてしまう。

やがて行の妻・万理江(深田恭子)もマレーシアへやって来て……

女性の強さを感じた作品です。
不倫の結末で悲しいものは多いですが、
男性が亡くなってしまうのは珍しいかと。
長谷川博己がめちゃくちゃかっこいいです。




まとめ

 

恋愛モノ映画をみたいときって、

だいたい今の自分の恋愛に満足していない時ではないでしょうか?

 

絶対観るべし!2018年公開の恋愛映画おすすめ3作品はこちら! 

 

恋をしたい!前向きになりたい!って言う人は

胸キュンストーリーをたくさん見て欲しいです。

 

悲しい恋をして立ち直れない人、どうすればいいか分からない人は、

自分より不幸そうな主人公の映画を探して、

自分を奮い立たせるのも手段の一つだと思います。

 

今回は自分が見てきた恋愛モノ映画で

印象に残っている作品をあげました。

初回限定10分無料で【LINEトーク占い】を体験!LINEでいつでも相談


映画や小説、漫画や自分自身の経験で恋愛に対する考え方も、

癖も人によって変わってきます。

 

私はたくさんの作品を通して、様々な恋愛模様を

自分のこれからの人生にも生かしていきたいです。



 - 恋愛 , ,