自分は恋愛に向いてない?男女で違う3つの原因と対処法はこちら!

      2019/08/23

Pocket

 

「恋愛が長続きしない。」

「いつも相手にフラれる。」

「思っていた恋愛と違った。」

 

などの理由から、

自分は恋愛に向いてないのでは?

と思ったことはありませんか?

 

それは

自分あるいは相手、はたまた両方に、

何かしらの原因があったからかもしれません。




明確な原因さえわかれば、

的確に対処することができて、

物事を見つめ直すこともできるでしょう。

 

とにかく、やみくもに取り組んでも、

かえって疲れるだけで、ますます空回りになってしまう

なんてことも考えられるので、おすすめできませんね。

 

今回は、「恋愛に向いていないと思う原因」を

男女別に3つずつ検証し、

対処法についても深掘りしていきます。

 

恋愛に向いてない3つの原因 女性編

「いつでも自分が中心」

「嫉妬深い」

「女子会を頻繁に行う」

 

女子会以外は、男性にも通じるものがありそうですね。

しかし、これらは単なる「女性のワガママ」ではありません。

それ相応の理由があるのです。

 

自分が気の向くままに過ごしたい、

相手の裏切りなどで「自分」が傷つきたくない、

女性同士ならではの会話や付き合いを楽しみたい、

 

彼氏は好きだし、恋愛もしたい。

でも、自分のペースを崩したり、

妥協をしてまではしたくないと言う気持ちではないでしょうか?





例えば、自分のペースを崩して相手に合わせることを続けた時、

だんだん窮屈に感じるようになっていって、

恋愛に楽しみを見いだせなくなっていくようです。

 

何を優先するのかは、自分次第。

ただ、そのバランスを上手く取れるか取れないかによって、

恋愛に向いているか向いていないかが変わってくるでしょう。

 

 

 

恋愛に向いてない3つの原因 男性編

「趣味や仕事に没頭する」

「他の異性に目が行きやすい」

「1人の時間を楽しみたい」

 

「これ、オレだ!」

「オレ、そんなんじゃないし」

と言う声があちらこちらから聞こえてきそうです。

 

仕事や趣味に「やりがい」を見出したり、

「本能」で他の女性に目が向いてしまったり、

1人の時間に安らぎを感じるようです。

 

やった分だけ、成果を得られますし、

魅力的な異性には、条件反射で反応しますし、

誰にも邪魔されない時間は、まさに至福の時!

 

例えば、デートや相手とのSNSを優先し、

自分の趣味にかける時間が減った時、

ストレスが増えて、恋愛が面倒に思えてしまいます。

 

何に癒しややりがいを感じるかは、人それぞれ。

それを、恋愛以外に見出すことは悪いことではありません。

まして、無理をしてまで削ることはありません。




向いていない原因に、どう対処したら良いの?

男女別に、3つずつ示された原因。

これらが全てではありませんし、

当てはまる人ばかりではないでしょう。

 

では、当てはまる人はどうしたら良いのでしょうか?

「努力次第」とか「気の持ち様」

などと安易に言えるものばかりではありません。

 

「相手を優先すれば良い」

「自己中心的なところを改めるべき」

「客観的に恋愛と向き合えば良い」

 

どれもこれも「お説教」に聞こえますね!

「自分だけでは、どうにもならない!」

と言われても、無理もないでしょう。

 

そうです、そのとおりです!

かく言う筆者自身もそう思います。

なら、どうすりゃ良いの!?

 

「譲歩できるところがあるなら、実行してみる」

「それが無理なら、自分らしく生き生きした姿でいる」

その魅力に惹かれる相手と恋愛をする

 

と言うのは、いかがでしょうか?

特に、「自分らしく生き生きと」が重要です。

それを見ている人は、きっといます。

 

ありのままのあなたを受け入れ、

認めてくれる相手とであれば、

きっと恋愛が楽しく感じることでしょう。

 

もちろん、相手にだけそれを求めるのではなく、

あなたも「ありのままの相手を受け入れる」

ことができれば、お互いにとって良い形となるでしょう。

 

まとめ

以上が、

男女別3つずつの「恋愛に向いていない原因」と、

その対処法の紹介でございます。

 

必見!恋愛が怖いと感じる男女別の理由とは?対処法も紹介

 

いかがでしたか?

そもそも、「恋愛に向いている人=完璧な人」

ではありません。

 

天性の性格もさることながら、

本人の努力や相手を尊重しようと、

常日頃から細やかな気配りをしているからでしょう。

初回限定10分無料で【LINEトーク占い】を体験!LINEでいつでも相談

それを無理なくこなせるなら、問題ありません。

が、自分らしさを削ってまでする必要があるの?

と言われると、「はい」とは言い切れません。

 

ありのままのあなたの魅力が減ってしまう、

あなた自身が息苦しくなってしまう、

それなら、「いいえ」と答えます。

 

恋愛に向いている向いていない以前に、

あなたが恋愛を楽しめるかが大事だからです。

そうして初めて、相手との時間も有意義になるはずです。

 

恋愛は、マニュアルではありません。

「こうするべき」「ああするべき」

などと、がんじがらめになっては本末転倒です。

 

まずは、あなたらしさを恋愛に活かし、

それが相手に上手く伝わって、理解してもらえたら、

理想的ですね。

 

相手に対する最低限のマナー、

これができていれば、

それ以外は、自分らしさを貫いて良いと思います。



 - 恋愛 ,