恋愛で使えるテクニックとは?成功例と失敗例を紹介!

      2019/08/15

Pocket

皆さんは、恋愛で「テクニック」を使っていますか?

テクニックと聞くと、「難しそう。」と思う人もいるでしょう。

そもそも、テクニックは使った方が良いのでしょうか?

 

答えは、「はい」と「いいえ」の両方です。

「答えになってないじゃん!」と言う声が多く聞こえてきますね。

が、それぞれにそれなりの理由があるのです。

 

例えば、押したり引いたりのテクニックを使っていたとします。

それが上手くいく時もある。

逆に、相手の真意がわからずに、疲れてしまうこともある。

 

どうでしょう?

天と地ほどの差があるこの結果は。

これだけでハードルが上がったような気がします。

 

テクニックを使おうとしている人。

以下のことを頭の隅に置いてください。

それだけで、違います。

 

テクニックは、使うことで様々な効果をもたらします。

使い方によって、良くも悪くも変化します。

だからこそ、その使い方が重要です。



恋愛で使えるテクニック<成功例>

 

いつも素直でいる

 

 

「素直=裏表がない」ことで、好感度が高まります。

 

 

悩みなど深掘りした話を共有する

 

悩みなど「簡単に言えない話を共有する」ことで

信頼されていると思われます。

 

 

第一印象を良くする

 

第一印象で約9割の印象が決まると言われるだけに

重要と言えますね。

 

 

素直な人と一緒にいると心が休まる。

悩みや秘密を共有すると相手の痛みや苦しみを理解してくれる。

第一印象が良い人だと気さくに話しかけられ付き合いも深まる。

 

これらに共通するもの。

それは「安心と信頼」に他なりません。

テクニックに成功した暁には、これらが得られるのです。

 

「素直・真摯な態度・第一印象が良い」

 

これらの要素は、人としても尊敬できます。

なので、恋愛のテクニックで成功することも確かでしょう。

 

恋愛に限らず、どの相手にも同じように接する。

その姿勢を常に持ち続ける。

それによって、あなたの価値は更に高まるでしょう。

 

 

 

恋愛で使えるテクニック<失敗例>

 

わざと他の異性にもモテることをほのめかした

 

他の異性の存在を感じると、萎縮してしまいます。

 

LINEなどの返信を遅らせた

 

LINEなどの返信が遅いと、やきもきしてしまいます。

 

 

恋愛にクールなフリをし過ぎた

 

クール過ぎると、寂しい気持ちが募ってしまいます。

 

 

モテるなら、「自分じゃなくても良いじゃん。」と萎えてしまうでしょう。

LINEなどの返信が遅いと、不誠実に感じるでしょう。

クールだと、恋人でいる自信がなくなっていくでしょう。

 

これらに共通するもの。

それは「悲しさ・不信」に他なりません。

テクニックに失敗した時、これらが倍以上に跳ね返ってくるでしょう。

 

「モテすぎる・LINEの返信を遅らせている・クール過ぎる」

これらの要素は、相手を不安にさせます。

失敗したくないのであれば、これらの要素は直しましょう。

 

相手を不安な気持ちにさせることは、本意ではないはず!

相手に悲しい思いをさせたくないなら、

自分の行いが与える影響をよく考えましょう。



テクニックよりも大切なもの

 

テクニックよりも大切なもの。

それは、「自分の素直な気持ち」「相手の気持ち」です。

それを忘れてはいけません。

 

どんなに高度なテクニックを使っても、

自分の気持ち的にしっくりいかなかったり、

相手の気持ちに届かなければ、意味がない。

 

「上手くいった!」

「やればできる自分!」などと思っているあなた。

自己満足になっていたりしませんか?

 

恋愛を成就したい方必見!恋愛運を上げるおススメの神社3選! 

 

相手の気持ちを考えましたか?

相手を蚊帳の外に出してしまっていませんか?

相手の反応を振り返ってみてください。

 

肝心なことを置き去りにしたままでいると、

今度は自分が相手に置き去りにされてしまう。

なんてことになるかもしれませんので、要注意!

 

まとめ

 

ここまで、

恋愛で使えるテクニックにおける

「成功例・失敗例」

「テクニックより大切なもの」

について見てきました。

★業界最安値級★ あなたの悩みに効く本格占い【トーク占い(LINE公式運営)】


今まさにテクニックを使っている人

「テクニックなんて」と半信半疑になっている人

様々な場合があるかと思います。

 

使ってみないことにはわからない。

しかし、それで失敗してしまうリスクもある。

そうした葛藤の中で揺れ動いたりしていませんか?

 

とは言え、特別に難しく構える必要はありません。

失敗を恐れることもありません。

「何事も挑戦!」であり、頭でっかちにならないことです!

 

やってみて気がつくことも正しい。

テクニックは使わずに、ありのままの自分でいるのも正しい。

どれが間違いと言うことはないのです。

 

自分の思いのまま、自分のペースで進んで行く。

相手の立場になって考えることを忘れずに。

これらこそ、恋愛に必要なテクニックではないでしょうか?

 

恋愛は、自分と相手が築きあげていくものです。

だからこそ、両方にとって良いものであること。

それが恋愛を長く続けていくことにつながります。

 

頭の中で考えるテクニックに縛られずに、

自分に合った方法。

オリジナリティを活かしたテクニックにしましょう。



 - 恋愛 ,