これは絶対面白い!小説家が書くエッセイのオススメ3選!

      2019/07/14

Pocket

小説家は小説を書くことを仕事としていますが、書くのは小説だけではありません。

解説、本の帯、宣伝文などなどもありますが……

そのなかでもエッセイは親しみやすく、面白いのです!

 

なんとなく感じたことからじっくり考えていることなど、エッセイに書かれているのは様々です。

 

これがまた面白く、作家のカラーや性格がわかりやすく現れているんです。

なので、遠くの人と思っていた作家のエッセイを読むと

意外と近くに感じられることがあります。

 

それにエッセイは気楽に読めるのが大きいです。

つい笑ってしまったり、共感したり、勉強になったりするのです。

 

「小説は読まないけど、エッセイは読む」

こういう人は意外と多いのです。

それだけエッセイには魔力・魅力があります!

 

通勤・通学の際にカバンの中に入れておくと

息抜きできたりしますよ!

 

つい噴き出してしまうエッセイもあるので

そういう時は一人の時間のときに読むのをオススメします。

 

 

小説家のエッセイで面白いものは本当に多くあって、たくさん紹介したいのですが、

そのなかでも特にオススメな3つのエッセイに絞って紹介させていただきます!

 

Sponsored Link

 

絶対オススメな小説家のエッセイその① 村上朝日堂の逆襲

 

 

1つ目は、村上春樹さんの

・村上朝日堂の逆襲

です!

 

 

今や世界的な小説家である村上春樹さん。

そんな村上春樹さんに、みなさんはどのようなイメージを抱いていますか?

 

「難しそう」

「なんかいやらしい」

「凄すぎて自分とは程遠い人」

 

なんて思っていませんか?

 

 

このエッセイを読めば、「あれ? 面白い人なんや」となるに違いありません!

文章も読みやすく、ところどころユーモアがあり、つい噴き出したりしまいます。

 

そして、「そんなところに目が行くの!?」という

一見どうでもいいことについていろいろ考えて

その考えがちょっとアホで、

凄く身近に感じること間違いなしです!

 

堅苦しさなんか一切なく、脱力しきった村上さんのエッセイ集は

こちらまで力が抜けてきて、不思議と身体が軽くなるという効果もあったりします。

 

ユーモアがあり、ちょびっと(?)変わった村上さんのエッセイ集は

すらすらと読めて心地よいのです。

小説のほうを読まず嫌いしている方は、ぜひここから村上ワールドに入ってください。

 

 

このエッセイが合う人は

・村上春樹さんの考えていることを知りたい人

・笑いたい人

・意外な着眼点のエッセイを読みたい人

でしょうか。

 

 

 

絶対オススメな小説家のエッセイその② 世界クッキー

 

 

2つ目は、川上未映子さんの

・世界クッキー

です!

 

 

関西出身の女性作家であり

歌手でもある川上さんのエッセイ集です。

作家としても芥川賞を受賞してからも勢いは増すばかり。いずれ谷崎賞を取るでしょう。

 

非常に美人な川上さん。

さぞ、昔からモテモテで苦労しなかったのだろう

と思いきやいきなりごわごわの髪に苦労して四苦八苦した話から始まります。

 

その他にも乾燥に苦労したり、言葉へのこだわりなど

「わかるわかる」

となったり

「へー、そうなんだ」

と感じたりする、読みどころ満載の一冊です!

 

川上さんのどこか哲学的な思考が、関西人特有の軽妙な文体で

すらりすらりと読んでは、なにげない一言でつい笑ったり、凄いとうなったりします。

 

なかなか知ることができない芥川賞受賞に関する気持ちなども書かれていて

「そんな大変なんだー」

となるに違いありません。

 

女性にはもちろん、男性にも読んでいただきたい一冊ですね!

 

 

このエッセイが合う人は

・女性の心理を感じたい、共感したい人

・日常のさりげない疑問に「確かに!」となりたい人

・哲学に興味のある人

でしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

絶対オススメな小説家のエッセイその③ 試みの地平線

 

 

3つ目は、北方謙三先生の

・試みの地平線

です!

 

 

今や大御所の北方先生が、若かりし頃に書いたエッセイ集で、

現在でも強い人気があり、重版が続いている名エッセイ。

 

これは悩める読者さんからの手紙に答えていく、お悩み相談のエッセイ集です。

お悩み相談系は、よく冗談で返答されることが多いのですが(それが抱腹絶倒だったりするので面白いのです)

漢・北方先生、そこは体当たりの熱いメッセージで返します!

 

悩みに対してこれだけ真正面から向き合ってくれる人

なかなかいませんよね。

男性が憧れる男性ですね。女性も惚れてしまうかもしれません。

 

読者から来る悩みは様々で

「これにどうやって答えるんだろう?」

と思って読んでみると、

「なるほど! さすが!」

とつい膝を打ってしまいます。

 

ちなみに、よく「〇〇へ行け」と言っているイメージが先行しがちなこのエッセイ集、

実はほとんどそれは言っていません。

そして、それを言う理由もしっかり書いておられます。

ぜひ、チェックしてみてください!

 

 

このエッセイが合う人は

・真剣に悩みに答えてくれるお悩み相談を読みたい人

・自分に語りかけてくるかのような文章を読みたい人

・漢の情熱を感じたい人

でしょうか。

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

エッセイにも色々あり、小説家さんにも色々なカラーや魅力があります。

小説を読むのは苦手という方でも気楽に手に取り、楽しくなる

それがエッセイの魅力です。

 

気に入ったものがありましたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

ではまた!



 - 小説 ,