高校時代に読んでおきたい!高校生が主人公のオススメ小説3選!

      2019/07/06

Pocket

 

前にも書きましたが、元小説読まず嫌いだったわたし。

それが今や、本棚には小説ばかりになってしまって、部屋が狭いくらいです。

 

そんななか、ふ、と本棚を見ると、なんだか青春ものが目について、

「あーあ、こういう青春したかったなー」とか、

「こういう経験を高校時代にしたかったなー」と、思ったりしちゃうのです。

でももう戻れません。甘酸っぱいこととか、経験したかったなー。

 

 

なぜか小説には高校を舞台にしたものって結構ありますよね?

 小学校や中学時代よりも、ダントツにある気がします。

 

「なぜだろう?」と考えてみると、「甘酸っぱさ」に行きあたりました。

どの時代も甘酸っぱいものですが、

・小学生はピュア(?)かも知れませんし、

・中学生はハチャメチャだけれども、

・高校生は経済的にも自由がきいたりするんですね。

 

バイトも認められるし。

だから作家さんは高校を舞台にいろいろ書くのかもしれませんね。

 

 

そんなわけで、高校生の方にも、学生時代を思い返してみたい人や、

こんな学生生活送りたかったなーと思える、

高校生におすすめする高校生が主人公の小説を3つご紹介します!

 

 

Sponsored Link

 

高校生におすすめする高校生が主人公の小説その① 綿谷りさ『蹴りたい背中』

 

まずは、綿谷りささんの

・蹴りたい背中

です!

 

これは女性視点ですが、男性も楽しめます。

・恋をしているのかしていないのか自覚がない苛立ち

・相手の男がアイドルに興味を持って自分を見ない苛立ち

・周囲と上手くいかない苛立ち

など、決して明るい話というわけではないですが、じわーっと感じる所があります。

 

「自分だったらどうするだろう?」とか、

「こんな男のどこがいいの?」とか、

「女の子も不器用だなー」とか、

読む人によって色々感想は違うと思いますが、学生にありがちな思春期のむずがゆさが見事に表現されています。

それらが評価されて、芥川賞を受賞したのでしょうね。

 

登場人物の名前もユニークで、

主人公の女子高生は「ハツ」

相手の男子高生は「にな川」

と、ひらがなカタカナなどが見事に使われていて、全体的にやわらかい文体です。

 

大きな事件はないけれど、現実的な葛藤が、ちょっとひねくれた方向で見事に表現されています。

「小さな世界しか書けない」と仰る綿谷さんですが、その「小さな世界」が胸に響くんですよ。

人生は小さいところで大事件がデフォルトですから。

 

 

この作品が合う人は、

・リアルな高校生の心理を感じたい人

・もどかしさを感じたい人

・恋愛に悩んでいる人

などでしょうか。

 

 

 

高校生におすすめする高校生が主人公の小説その②金城一紀『レヴォリューションNo.3』

 

 

2つ目は、金城一紀さんの、

・レヴォリューションNo.3

です!

 

こちらは男子校が舞台です。ですが、女性も楽しめます。

個性的な男子高校生たちが、精いっぱいアホなことをする、そんな明るい作品です。

思春期の、「オチコボレ」達が、「オチコボレ」を全力でポジティブに変換し、全力で青春を謳歌する話です。

一方で、どこか悲しい部分や陰もあります。

でも、彼らはそれをポジティブに乗り越えます。友情ががっちりと噛み合っていて、「こいつら死んでも友達だろうな」と確信させられます。

 

男子高校生特有のアホさと底抜けの明るさとしっかりと繋がった友情、そして半端ない行動力。

これを読むと元気になります。金城一紀さんには元気になる作品が多いですね。

 

 

登場人物の生い立ちは実に多様です。

・差別を受けている

・お勉強ロボットから反抗期を迎えている

・親が外国人

など、金城さん自身の経験もあるかと思いますが、このような登場人物が、悩みながらも前を向いて仲間と作戦を練って実行する日々。

差別がなければいいのに。でも、差別があったから彼らは強いのかな、とも思います。

そんな風に、いろいろ考えさせられますよ。

 

 

この作品に合う人は、

・前向きになりたい人

・男のバカさと熱さを読みたい人

・仲間を大切にしたい人

でしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

高校生におすすめする高校生が主人公の小説その③鴨志田一Kaguya~月のウサギの銀の箱舟~

 

 

最後は、鴨志田一さんの、

・Kaguya ~月のウサギの銀の箱舟~

です!

 

こちらはライトノベルで、全5巻です。

ちょっと表紙で誤解を受けるかもしれませんが、中身はちゃんとしたラブコメとファンタジーとミステリーです。

 

こちらも男子高校生視点です。もちろん、女性も楽しめますよ。

 

舞台はとある超常現象が起こった地域です。

そこでムーンチャイルドという存在が産まれ、主人公たちはそんな特性を持っていますが、人々は超常的な力に怯え、色々差別があるわけですね。

 

ですが、そこにヒロインのひなたと主人公の宗太さん(宗太さんと呼ぶのはファンの礼儀です)が出逢い、ひなたは目が見えなくて、世話をしつつどぎまぎします。

 

はい、砂糖菓子とシロップぶちまけたような甘々な恋愛小説です。読んでるこっちが照れちゃって顔が赤くなるくらい、甘々です。

でも、ストーリーはしっかりとエンターテイメントとして・ファンタジーとして進んでいきます。

ですので、ストーリーも楽しめて、甘々な砂糖と練乳たっぷり入れたミルクのような二人を、どこか保護者のように見守ってしまいます。

 

 

この作品が合う人は、

・とにかく甘い恋愛を読みたい人

・人が強くなるところを読みたい人

・理想の恋愛を読みたい人

でしょうか。

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

どれも高校時代に読んでいたら、影響を受けて、

自分が今の自分と違っていただろうなーと思う作品をチョイスしました!

 

高校生というと多感な時期です。

だから、より胸に響くと思います。

 

大人が無料で楽しめる小説とサイトは?オススメの小説3選を紹介!

 

もちろん、それより下の学年でも、響きます。

 

また、高校時代が過去の人は、ノスタルジーを感じつつ、

コーヒーなどを飲みながら読んでみるのはいかがでしょうか。

ではまた!



 - 小説 ,