将棋が強くなりたい人の読むべき必読書とは?厳選3冊をご紹介!

   

Pocket

 

みなさんこんにちは!あゆむです。

今回は将棋の棋力をアップさせるための必読書をみなさんにご紹介していきます。わたしはいままでに将棋の本を50冊以上購入しました。総額5万円以上の出費だったのですが・・・

50冊以上読んだ中で「これだ!」と思うものを3冊厳選してみました。今から紹介するこれらの3冊を読めば将棋の棋力がアップすること間違いなしです。初級者はもちろん伸び悩んでいる中級者や上級者の方にもお勧めします。

わたしはアマチュア三段ですが数年前に買ったこの本をいまだに読んでいます。久しぶりに読むと結構忘れているんですよねー。ではその3冊をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

将棋が強くなりたい人の読むべき厳選必読書その①
「寄せの手筋200」金子タカシ著 浅川書房


 

寄せ」という意味は相手を攻める最終段階の仕上げの事です。野球で言えば9回の攻防、テニスで言えばファイナルセット、料理で言えば最後の盛り付けでしょうか。

この将棋の「寄せ」が決まると相手の王将を詰ますことができます。つまり勝利です。「寄せ」逆転負けを食らう可能性があります。この金子タカシさんの「寄せの手筋200」はその最後の「寄せ」の部分の教科書なんです。もはやバイブルと言って良いレベルです。この本を読み込むと有利が勝利に結びつき逆転負けを食らう可能性を低くしてくれます。この本を読み込むだけで勝率アップは間違いありません。

将棋が強くなりたい人の読むべき厳選必読書その②
「美濃崩し200」金子タカシ著 浅川書房


 

またもや金子タカシさんの本です。この金子タカシさんは将棋プロ棋士ではありません。プロ棋士ではないのにここまで将棋が強くなる本を書けるなんてすばらしいとしか言いようはありませんね。ちなみに言っておきますがわたしは金子タカシさんの回し者ではありませんのであしからず(笑)

で、内容ですが「美濃囲い」は将棋を指していく中で非常に多くでてきます。自分自身が使う場合もあれば相手が使ってくることもあります。使用頻度がかなり高いんです。

その「美濃囲い」の攻略方法と弱点を知ることで相手を効率的に攻めることができ自分の弱点をカバーできるのです。この本も読めば勝率アップ間違いなしの必読書です。

Sponsored Link

 

将棋が強くなりたい人の読むべき厳選必読書その③
「アマの将棋ここが悪い!6棒銀戦法」 青野照市著 創元社


 

通常の将棋の本は良い戦法を教えていくというスタイルがほとんどなのですがこの本は逆なんです。初心者がやってしまいそうな失敗を紹介していく形式の本はめずらしいですね。

将棋に限らずあらゆる競技や仕事、勉強などは物事をたくさんの視点から見る「多角的視点」が成功のカギです。この本を読むと自分の悪いところがわかるようになっています。

悪いところを一つ一つ潰していくと自然と勝率がアップする仕組みです。自分の悪いところを見るのは気分が悪いんですけどね~。勝率アップのために我慢しましょう(笑)

以上わたしがおすすめする勝率アップのための厳選3冊を紹介しました。みなさんもぜひ参考にされてください。

それではまた次回。

今回も最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました。

 

 

 - 将棋