節約は楽しい!節約を楽しむための3つの極意とは?

      2019/06/27

Pocket

 

節約は超楽しい!

 

「節約」って、どんなイメージですか?

買いたいものをガマン→つらい・ストレス?

 周りからケチくさく思われる→恥ずかしい?

 

では、節約の反対語は「浪費」です。こっちはどうですか?

無駄遣い・後悔・赤字・借金・破産→こわ~い

 

どっちが好きですか?(笑)

 

私は「節約」とは「ムダをなくして効率よく生活すること」で、

 

その結果

「貯金ができる」

「本当に欲しいものが買える」

「気持ちにゆとりができる」ことだと考えてます。

 

なんか楽しくなってきませんか?

そう!楽しいんです!節約は。

では何がどう楽しいのか、ご紹介いたしましょう!

 

Sponsored Link

 

節約の極意その①預金残高が増えるのが楽しい♪

 

いきなりヤラシイ表現ですが、事実です。

節約術をおおいに駆使した結果、

月々の余剰金をどう管理してますか?

 

かつて私が新築マンション購入を決めた時の話です。

今は天引き預金してますが、当時は支払いまでの1年半の間、

毎月郵便局の窓口に定額貯金しに行ってました。

 

税金や保険の支払いなどで月によって貯金額に波はありますが、

その大小にかかわらず窓口の方から

「ありがとうございます!またよろしくお願いいたします!」

お礼を言われ、景品をもらいました。

 

中には本当は要らないものもありましたが、

単純にうれしく励みになったものです。

 

節約のカリスマまりえは2人いた?節約ポイントを比較してみた!

 

 

もちろん着々と残高が増えてる=着実に目標に近づいてるのを

数字で確認すると、気持ちは「よっしゃ~!」

来月はもっと預ける!→節約がんばる!

モチベーションあがりまくりです。

 

お子さんのための貯金なら、一緒に窓口に行くことで

社会勉強にもなりますよ。

ぜひお試しくださいませ。

 

 

 

節約の極意その②ポイントを貯めるのが楽しい♪

 

クレジットカードや電子マネー、上手に使ってますか?

「借金じゃん」「利息が…」「セキュリティが…」

心配はごもっともですが、キャッシングはせず、

1回払いなら利息はつきませんし、

カードの管理に不備がなければ何かあったときも保障がつきます。

 

何よりポイント貯めないなんて、もったいなさすぎ!!

特別な買い物をしなくても、

携帯料金などの支払いをクレジットカードに変えるだけで、

ポイントは貯まります。

 

おすすめのポイントカードを紹介!

 

私がおすすめするポイントカードは

 

リクルートカード

楽天カード

 

です。

 

 

ちなみに私は、

リクルートカード(楽天以外の買物・光熱費や携帯料金の支払い・保険料)

楽天カード(楽天市場だけ)を利用しています。

 

そして、Pontaポイントと楽天ポイントを貯めたいゆえに、

「コンビニはローソン」「買い物は楽天」と決めてます。

 

自動車税や住民税の支払いは、セブンイレブンのnanacoを利用してますが、

それもpontaポイントのため…。

 

リクルートカードは100円の利用で1.2円分のリクルートポイントがついて

Pontaポイントに交換できます。

 

リクルートカードでnanacoをチャージして公共料金の支払えば、

チャージ分のポイントをゲット!

 

普通は値引きしてくれない料金が、

ポイント分だけお得になったということですね。

すごいでしょ?

 

そしてローソンには「お試し引換券」という、

pontaポイントで新製品の飲み物やお菓子などをゲットできる

素敵なサービスがあり、これを利用しない手はありません。

 

これはほんの一例で、クレジットカード各社

いろんなサービスを展開してます。

 

飛行機の搭乗機会が多い方にはマイルが貯まったり

ラウンジが無料で利用できる航空会社系のカードが適しているでしょうし

、頻繁に利用しているショッピングモールのカードを作れば

割引サービスが受けられることが多いはずです。

 

詳しく解説しているサイトもあるので、

ぜひぜひ調べて、ポイント生活を満喫しましょう。

 

ただしポイントを貯めるために、不要な買い物はしないでくださいね。

(最近メルペイのクーポンが楽しすぎ・反省…)

 

 

Sponsored Link

 

節約の極意その③ゴミが減るのが楽しい♪

 

何のこと?

と思われるかもしれませんが、

「モノを無駄にせず使い切る」…という発想です。

 

食品にしろ日用品にしろ、私たちが購入する多くのものは、

最終的に「捨てる」ことになります。

 

例えば、ペットボトルのお茶。500ml 150円。

自宅でティーバックから作れば1L 20円 ですみます(茶葉の品質によるけど)。

ゴミも出ない。

 

お買い得だったお肉やお魚。食べるつもりで冷凍しておいて、

結局忘れちゃって冷凍焼けした~なんてことないですか?(入っていたトレイはゴミ)

 

買わなくてよかった、お金がその分無駄になった…ということです。

シャンプーやボディソープなども、

詰め替えを買ったほうがお得で、ゴミも少ないです。

 

 

ファストファッションで洋服も使い捨てのような時代ですが、

果たしてそれでいいのでしょうか?

 

流行が去れば、お気に入りだった洋服もゴミ。

捨てないまでもタンスの肥やし。

 

タンスの肥やしが増えると家の中にモノがあふれて、

何がどこにあるのかないのか分からなくなって、

あるものを2重で買ってしまう…なんてことも起こります。

 

これは台所の調味料のストックや、

洗面所の歯磨き粉のストックなどにも言えることです。

 

まずは家の中にあるものを整理して、

その後は本当に必要なものだけを買うようにしましょう。

そして、それを使い切りましょう!

 

最初は大量のゴミが出ますが、それは膿です。

買い物のたびに、「これは膿にはならないか?」自問自答しましょう。

 

片付いた家はおちつくし、頭もスッキリ。

節約は、お財布にも環境にも優しいのです。

 

この際、全員で取り組みませんか?

 

 

節約する人は美しい?

 

節約とは、安いものを大量ストックして

チビチビ使うことではありません。

 

まして、用を足してためてからトイレの水を流すことでもありません。

 

本当に必要なものを、必要な時に、

必要な数だけ手に入れて、そして使い切ることです。

 

その過程で貯金やポイントが増えて、

その結果目的を達成することができて、

最終的に気持ちに余裕も生まれるのです。

 

気持ちに余裕のある人は、老若男女問わず美しく、

憧れの対象となります。

 

さあ、あなたも節約美人を目指しませんか?

(私は美人じゃないですが、結構楽しいです♪)

 

 



 - 節約 ,