リバプールの歴代名キーパーは誰?個人的に選んだ3名を紹介!

      2019/06/29

Pocket

 

みなさんこんにちは!

閲覧ありがとうございます!

 

突然ですが、

サッカーでキーパーの

経験はありますか?

 

僕は7歳〜15歳までサッカーをしていたの

ですが、ポジションは主にMFでした。

 

GKは練習試合や体育の授業でしか

やったことがありません。

 

めちゃくちゃ怖かった‥

 

ものごっつい弾丸シュートが

飛んでくることもあります。

怪我するんじゃないかと

ビクビクしていた思い出が‥。

 

またシュートを阻止した時には

観客、チームメイト、監督から

賞賛の声があって嬉しいのですが

信じられないような凡ミスを

すると賞賛の2倍以上の声で

罵られます泣

(それは人によるところもありますが)

 

その失敗を恐れるあまりか日本では

世界で活躍するキーパーが

育っていないような気がします。

 

海外ではキーパーというのは花形の

ポジションとして認知されており

ドイツでは多くの有名なキーパーを

多く輩出しています。

 

僕の好きなリバプールにも

多くのキーパーが入れ替わって

おります。

 

今回はそんな勇敢な

リバプールのキーパーに

関する記事です。

 

Sponsored Link

 

リバプールのキーパー〜ホセ・レイナ〜

 

ホセ・レイナ

1982年8月31日生まれ

国籍スペイン

身長188cm

体重92kg

 

バルセロナのカンテラ育ちで

2005〜2014までリバプールで

プレーしていました!

 

現在はミランで第2キーパー

としてチームを支えています。

 

性格の明るいチームの

ムードメーカーです!

 

スペイン代表が2010年W杯

優勝時のメンバーでもあり

当時の優勝パーティの

宴会部長を務めたそうです笑

 

僕が彼の行動で印象的だったのは

2009−2010シーズンのアンフィールドでの

マンチェスター・ユナイテッド戦。

終了間際にエンゴクが追加点(2−0)

を決めた時にゴールマウスから全速力で

エンゴクの元まで駆け寄りゴールを

チームメイト、観客と分かち合っていた

シーンです。

 

僕にとってキーパーがゴールマウスから

あれほど離れて走っていく姿が新鮮でした。

 

抜群の安定感を誇っており

ボールへの反応の早さはピカイチで

反射神経に優れている印象です。

 

2009−2010シーズンはチームが不調の中

奮闘してくれました!

 

最大の特徴は正確なキックを

持っているところでしょうか。

 

レイナからのロングキック1本で

ゴールを奪ったシーンもありました。

 

 

 

リバプールのキーパー〜ロリス・カリウス〜

 

ロリス・カリウス

1993年6月22日生まれ

国籍ドイツ

身長189cm

体重75kg

 

2016年にリバプールに加入し

ミニョレに代わる新戦力として

期待されていました。

 

ですが不安定なプレーを

連発しており、控えGKへの降格も

ありました。

 

しかし、2017年の12月

ぐらいから安定した

プレーを見せ始め

持ち前のボールへの反応の良さや

判断力などを発揮するようになります。

 

リバプールは2018年の夏に

このままなら新しいキーパーを

獲得するのは必須と

言われていたのが

カリウスの復活に

より補強はなしでも

いいだろうという声も

聞こえてきました。

 

しかしそんなカリウスに悲劇が

訪れます。

 

CL決勝 リバプール対レアルマドリードで

カリウスが投げたボールを

ベンゼマに当ててしまい

先制されると、

ベイルの放ったカリウスの真正面への

無回転シュートをファンブルしてしまい

致命的なミスで3点目を与えてしまいました。

敗北後、キーパーのカリウスは

決勝の舞台オリンピスキ・スタジアムに

駆けつけたサポーターたちがいるスタンドへ向かい、

自身の失態を涙ながらに謝罪した。

 

それに対し、リバプールサポーターは

このアクションを受け、

拍手で同選手を温かく迎え入れ、

励ましのエール送りました。

 

素晴らしい瞬間だったと思います。

優勝を逃した直後でしたし、

ファンも心の中ではカリウスへの

批判や落胆もあったでしょう。

にも関わらずカリウスを優しく

迎え入れてくれました。

 

リバプールサポーターであること
を誇りに感じた瞬間でした。

 

その後アリソン・ベッカーの加入もあり

ベジクタシュ(香川真司の同僚)へ

移籍します。

 

どこへ行こうとカリウスを

僕は応援し続けます!

 

 

Sponsored Link

 

 

リバプールのキーパー〜アリソン・ベッカー〜

 

アリソン・ベッカー

1992年10月2日

国籍 ブラジル

身長191cm

体重91kg

 

日本円で98億5700万円で加入しました!

 

2018−2019のリーグ最少失点に貢献し

リーグ最多となる21回のクリーンシートを達成し、

ゴールデングローブ賞にも輝きました。

 

現代サッカーが求めるキーパーの理想形に近いです。

反射神経抜群で空中戦も負けないし、

相手からのプレッシャーがある中でも勇敢に

正確なロングキックを繋げるテクニックを

持っています。

 

たまに信じられん凡ミスをしてしまうことが

ありますがあまりその後のプレーに影響を見せる

ことがないので強心臓なのでしょうね!

 

このキーパーの加入のおかげでかなり失点が減り

リバプールも安定感が増しました。

 

アリソンがいなかったら

2018−2019のCL優勝も

逃していたかもしれません。

 

 

リバプールのキーパー達!アリソン、カリウス、レイナ まとめ

 

キーパーは激務です。

スーパーキャッチで観客を

沸かすことがありますが

凡ミスでゴールを脅かしてしまう

危険性もあります。

 

僕はそんな責任を背負う

キーパーというポジションを

選んだ選手は勇敢で素晴らしいと

思います。

 

 



 - リバプール ,