リバプールとチェルシーの因縁とは?ジェラードの失敗にファンの反応は?

      2019/06/15

Pocket

みなさんこんにちは!

閲覧ありがとうございます!

 

因縁の対決って熱いですよね。

進撃の巨人でいったら

エレン対ライナー

 

NARUTOでいったら

ナルト対サスケ

 

どっちもマンガですけど笑笑

 

そんなシーンって

感情移入すればするほど

熱くて展開が

ハラハラしていて興奮します!

 

僕の個人的な因縁の対決

シリーズでもうひとつ

堪らなく興奮する戦いが

あります。

 

それがイングランド

プレミアリーグ

リバプール対チェルシー

です!

 

共にリーグ争い、CLでバチバチに

やりあってきた両雄同士の対戦。

 

僕はリバプールファンですが、

90分間心臓バクバクで

チェルシー戦を観戦してます。

 

今回はそんな僕の大好きな

因縁の対決

リバプールとチェルシーに

ついての記事です。

 

Sponsored Link

 

リバプール対チェルシー 2008-2009 CL準々決勝 名勝負

 

当時のリバプールは

MFトライアングル

(ジェラード、シャビ・アロンソ、

マスチェラーノ)、FWには

フェルナンド・トーレスと

欧州でも随一のコンビネーションと

テクニックと称されていました。

 

リーグ戦も首位争いを

マンチェスター・ユナイテッドと

繰り広げており調子も上々。

 

一方チェルシーはシーズン序盤から

歯車が合わず苦しんでいました。

 

そんな中迎えた

CL準々決勝

リバプール対チェルシー

 

第一ラウンドはアンフィールドで

ジェラードの負傷交代も響き

1-3の敗北。

 

続く第二ラウンドは

スタンフォードブリッジでの

一戦。

 

4-4のドロー

壮絶なノーガードの撃ち合いでした。

両チームのキーパーは悪夢だったと

思います。

 

トータルスコアは

5-7で

ベスト4をリバプールは

逃しましたが、

とてもハイレベルで

ハイテンポのゲームだったのを

覚えています。

 

先制点のファビオアウレリオの

意表を突くFKはたまりません!

 

 

リバプールとチェルシーを渡り歩いたトーレス

 

フェルナンド・トーレス

1984年3月20日生まれ

身長186㎝

体重78㎏

 

リバプール

2007年~2011年

チェルシー

2011年~2015年

 

リバプールに在籍した時は

めちゃくちゃ凄かった!

顔もイケメンだし

すぐにリバプールの

アイドルになりました。

 

僕も大好きでした!

トーレスが髪型をショートに

した時には美容院に行って

真似したカットにしてもらった

思い出があります。

(ただの角刈り小僧になっただけですわ)

 

しかし、リバプールが低迷して

2011年1月にまさかの

チェルシーへの

電撃移籍。

 

これは堪えました…

学生だった当時はショックを

隠しきれず学校でもテンション

がた落ちでした。

 

リバプールファンからトーレスは

裏切り者のレッテルを貼られて

しまいます。

 

また、トーレス自身もリバプール

時代ほどゴールを決めることが

できなくなってしまいました。

 

 

バプールの勇敢なキーパー達!アリソン、カリウス、レイナを紹介!

 

 

そこからミランを経て古巣の

アトレティコマドリードに戻り、

現在ではサガン鳥栖で

プレーするように

なるのです。

 

リバプールからチェルシーへの

移籍もありましたが、

今ではアンフィールドでの

チャリティーマッチでプレー

してますし、ファンもそれを

歓迎しています。

 

サガン鳥栖で下位に沈むなかでも

攻守に一生懸命走り回るトーレスが

僕は今でも大好きです〜

 

Sponsored Link

 

ジェラードに対するチェルシーファン

 

2013-2014 36節

リバプール対チェルシー

会場アンフィールド

 

残り3節を残して

リバプールが勝ち点82で首位

マンチェスター・シティとは

わずか勝ち点2差。

 

そんな状況で迎えたチェルシー戦は

リバプールのホームアンフィールド。

 

プレミアリーグ優勝争いは

リバプール優位と見られてしました。

 

悲願のプレミア制覇かと思いきや…

 

前半のアディショナルタイムに

ジェラードが自陣で

ボール受けたその瞬間、

足をスリップしてしまい

相手選手にボールを奪われ

そのままゴール。

 

後半にもチェルシーに一点

決められ、2-0で

リバプールは敗北。

 

そのままシティが逆転優勝。

 

リバプールファンとしては

ホントに苦い結果となりました。

 

その次のシーズンにこの対戦で

チェルシーサポーターから

「ジェラードがスリップ」と

いうニュアンスのチャントを

歌います。

正直リバプールのファンとして、

ジェラードのファンとしても

聞くに耐えなかったです。

 

しかし、2015年5月10日に

行われた敵地

スタンフォードブリッジでの

リバプール対チェルシーでは

こんな状況が…

 

いつものように

ジェラードをスリップチャントで

罵るチェルシーファン。

 

しかしこの日は…

 

17年在籍し

この2014-2015シーズンで

リバプール退団を決めていた

ジェラード。

 

次のシーズンから

ロサンゼルス・ギャラクシーに

加入することが決まっている

ジェラードが交代する際、

スタンディング・オベーション

送りました。

 

あれだけジェラードを

ネタにして

盛り上がっていた

チェルシーファンが、

拍手で彼を出迎えたんです!!

 

チェルシーサポーターが一瞬だけ

ですがジェラードにリスペクトを

見せました!

 

普段はバチバチにやりあう

チーム同士ですが、

こういうときには敬意を示せる

関係っていいですよね。

ジェラードを、

リバプールを、

良きライバルと認めているから

こんな行動を取ることが

出来るのでしょう。

 

リバプールとチェルシー まとめ

 

同じリーグで覇権争いを続ける

リバプールとチェルシーは

たくさんの名勝負を生み出してきました。

 

ライバル同士、

敬意を示せるところや

強さを認めあってる

ところなどを

見るといい関係なんだなと

思います。



 - リバプール ,