リバプールのユルゲン・クロップ監督の評判は?名言や戦術も紹介!

      2019/06/13

Pocket

 

イングランドプレミアリーグに所属するリバプールの

ユルゲン・クロップ監督についてお伝えしていきます。

 

 

ところで、クロップ監督とは

話題が離れますが・・

 

 

先日実家に帰り、

オヤジとオヤジの

部屋の整理を

してたときの話です。

 

散らかりまくってて

僕が

「要らないものは
すぐに捨てな!」

と怒り気味に部屋の

片付けを手伝ってました。

 

 

不要なものを処分してる途中

「それは捨てたアカン!」

とオヤジが言いました。

 

僕が処分しようとしていたのは

僕が小学4年生の時に

家庭科の授業の時に作った

ナップサックでした。

 

「それは思い出がつまっとるんや!」

とオヤジは言いました。

 

ちょっと気持ち悪いですけど

オヤジって

こんなにうっとうしくて

優しいパピー

だったんだなと

改めて思いました笑笑

 

僕はこんなオヤジが好きです。

面と向かって言ったことないですけど。

 

また前置きが長くなりましたが

ここから本題。

 

 

もう一人こんな逞しく、

常に背中を押してくれる

お父さんみたいな人を

知っています。

 

 

そう、その人物はユルゲン・クロップ監督です。

 

Sponsored Link

 

 

リバプールのユルゲン・クロップ監督の評判は?

 

リバプールのユルゲン・クロップ監督の評判は

非常にいいものばかりです。

 

一番多い評判は「情熱の男」。

 

そんな熱い情熱をもつクロップ監督とは

いったいどんな人物なんでしょうか?

 

 

【ユルゲン・クロップ監督のプロフィール】

 

ユルゲン・クロップ

1967年6月16日生まれ

身長192㎝

体重83㎏

 

リバプールの現監督、

ユルゲン・クロップです!

 

 

僕のお父さんがクロップなら

授業参観に是非出てもらって

いかにいい父親か熱弁しますね笑笑

 

クロップ監督のことを嫌う選手って

いないんじゃないかなと思います。

 

 

 

しかしそのほかのチームの監督はそうはいきません。

 

たとえば・・

 

マンチェスターシティの

グアルディオラ監督

ゲッツェから

バイエルン時代を振り返り

「思いやりが無かった」

と不満を告げられています。

 

 

元チェルシーのモウリーニョ

デ・ブライネから

「在籍時に2回しか話したことがない。」

と不満を漏らしています。

 

 

まあトップに立つ人間だからこそ

どこかから不満はあるでしょうが

あんまり言われて気分の

いいものではないですね〜。

 

 

ところがクロップ監督について

不満など聞いたことがありません。

 

 

めちゃくちゃいい評判ばかりです!

 

サディオマネは

「一緒にプレーできることになって

とても幸せだ。

クロップはとても素晴らしい人で、

世界トップクラスの監督だ。」

と語っています。

 

 

また香川真司

「今の僕があるのは、

クロップ監督のおかげだ。

彼が今季リバプールで優勝

してくれることを願っている」

とコメントしています。

 

 

自チームからもですが元チームメイトからも賞賛の声が多い!!

クロップ監督の人柄の良さが

伺えますね!

 

 

 

クロップ監督の個人的に好きな名言

 

 

 

CL優勝時のインタビュー

私がカップを掲げるのはそれほど重要ではない。

選手たちがそれを手にし、

涙を流しているのを見るのが好きなんだ。

 

優勝してすぐにこんな言葉が出てくるって

ホント人としても立派ですね。

 

 

リバプールの2019-2020年の補強を予想!注目選手の動向は?

 

クロップ監督自身も

ドルトムント時代を含めると3度

CL決勝を経験しています。

 

2度準優勝で苦い思いをしたはずです。

3度目の正直となった今回は

さぞ嬉しかったことでしょう。

 

にも関わらず選手たちが喜ぶ姿が

好きだって‥

こんなオヤジなら

絶対ついていきたいです!笑

 

 

是非悲願のプレミアリーグ制覇も

クロップ監督と分かち合いたいですね!

 

 

リバプールに就任し初の記者会見にて

記者から

「あなたはご自分をどう表現されますか?」

という質問に対し

ノーマルワン」と答えました。

 

 

おそらくモウリーニョがチェルシーの

監督に就任した時に

「自分はスペシャルワンだ」と

称したのにひっかけてそう

回答したんだと思います笑

 

 

イギリスではメディアとの関係性も

非常にデリケートな部分ですので

こういったユーモアのある

切り返しができるのも

とても大切なことなんじゃないかと

思います。

 

Sponsored Link

 

クロップ監督の戦術

 

 

クロップ監督の戦術を

語る上では欠かせない

役割を担うゲーゲンプレス

 

言い換えたら

カウンタープレスですね。

 

 

相手にボールを

奪われた瞬間に

スイッチを入れ、

数秒以内に

ボールを奪い取り

カウンターアタックを

仕掛けることを前提に

動く方法の

ことを言います。

 

 

攻守の切り替えが

大事になってくるので

90分間で10㎞以上

走ることのできる

スタミナが確実必須です。

 

 

またボールを奪い返したら

ゴールまでの素早い判断力、

敵を掻い潜るプレービジョン

がないといけないので

テクニックも必要な戦術です。

 

クロップ監督率いる

リバプールでは間違いなく

トップクラスの選手たちが

どのポジションでも

揃っています。

 

 

相手がカウンターを

警戒して引きこもって

守備を固めた場合であっても

前線の快速スーパーアフリカンコンビ

(サラー、マネ)にロングフィードが

繋がれば後はもうゴールなんて

ちょちょいのちょいなもんです。

 

 

あ~~今のリバプールは弱点なんか

ないんじゃないかな~~

 

 

 

リバプールのクロップ監督は最高のオヤジ!まとめ

 

この記事では書ききれないほど

良いところがいっぱい詰まった人です。

 

熱くて人情味がある最高の監督です。

是非リバプールの悲願のプレミア優勝を

一緒に勝ち取りたいですね!!

 



 - リバプール , ,