松村匠取締役の経歴は?山口真帆に謝罪を求める性格について

   

Pocket

 

暴行事件の被害者である山口真帆さんに謝罪を求める松村匠取締役ってどんな人なのでしょう?

 

普通は被害者である山口真帆さんを全力で守るのがAKB役員としての仕事であるはずなのに……。

 

松村匠取締役の経歴を紹介します。そして山口真帆さんに謝罪を要求するその性格についてお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

松村匠取締役の経歴は?

 

松村匠取締役の経歴をご紹介します。

 

松村匠(まつむらたくみ)

1962年11月9日生まれ

年齢  56才

慶応義塾大学経済学部卒業

AKBコンテンツビジネス本部長、取締役

 

松村匠取締役の経歴をみてみるとは以前とんねるずのみなさんのおかげですのADをしていました。

 

どうやらAd時代にとんねるずの二人をのせた人力車をひっくり返すなどやらかしてしまった過去もあるみたいですね。ADはすごく大変な仕事ですからミスはつきものです。

 

何日も家に帰れない、ふろにも入れない、足もくさい、会社で寝泊まりするなんて映像を何度も見ました。いやー過酷(かこく)です。

 

若いころの松村匠取締役も大変な毎日を過ごしてきたのでしょうね。

 

さらに新春かくし芸大会やはねるのとびらなど人気テレビ番組、たくさんの映画のプロデューサーとして腕を振るわれ経歴もあります。

 

 

 

松村匠取締役の実力を秋元康さんは買ったのでしょう。ADから始まった仕事が今では取締役。ここまで出世できたのは松村さんにかなりの実力がありそして努力を継続力があったから。それは認めなければならない事実。

 

しかしテレビ業界にずっと身をおいているとどうしても考え方が偏ってきます。

 

1992年から役30年弱テレビの業界で仕事してきて松村匠取締役は業界ではベテランの域に達しています。テレビの世界っていうのは常識では測れません。

 

 

一般世間ではダメなこともテレビの世界では正解になってしまうことも多々あります。テレビの業界で一番大切なことは視聴率をとることです。

 

視聴率さえとっておけば周りから尊敬され会社からの評価されます。なので視聴者に良い番組を届けようとか社会をよくしていこうということよりも視聴率がなりよりも優先されます。

 

松村匠取締役の長年テレビ業界にいるという経歴から結果至上主義に走ってしまったことも・・・これが今回の山口真帆さんに謝罪を求めることにつながったかもしれません。

 

とにかく視聴率、何をおいても視聴率。そのような業界に長年いるとどうしても世間の常識からかけ離れた考えをもってしまうことになります。

 

松村匠取締役もテレビの業界で30年弱も仕事をしてきた経歴から最初にあった常識がいつのまにかどこかに行ってしまったのかも・・。それが今回のNGTの山口真帆さんが被害者にもかかわらず彼女に謝罪を求めた理由の一つになったのでしょう。

 

 

 

松村匠取締役の山口真帆に謝罪を求める性格って…?

 

松村匠取締役が山口真帆さんに謝罪を求めたということで話題になっています。そんな松村匠取締役の性格について考えてみましょう。

 

山口真帆さんは暴行事件の被害者です。なぜ被害者が謝らなくてはならいないのか?

 

 

ふつうの思考では理解できません。みなさんは理解できますか。

 

学校や職場で誰かから暴行をうけて、そのあと上司があなたに「今回の件で謝罪してくれ」って言われたらどうですか。

 

まあ、私だったら会社辞めますね。

 

 

どう考えてもおかしい。そう、一般的な常識から考えれば。しかし松村匠取締役はずっとテレビの世界で働いてきた経歴から考えると答えは出てきます。

 

つまり松村匠取締役の性格はリアリスト感情よりも論理で動く性格だということです。

 

つまり被害者である山口真帆さんをフォローすることが世間の常識であってもNGTの売り上げが最も上がる行為を選択したということになります。

 

こういう悲しいことは考えたくないのですがつまりこういうことなのでしょう。

 

山口真帆さん<NGTの売り上げ

 

松村匠取締役のことを悪く言うつもりはありません。(世間は納得しないでしょうけど・・)

 

松村匠さんが会社の取締役としての最大の仕事は会社の売り上げを伸ばすことです。

 

その目的にしたがって論理的に今回の件に対処した。つまり山口真帆さんに謝ってもらって丸く収めたほうがNGT全体としては売り上げが上がる・・というふうに判断されたのでしょう。

 

その判断が正解かどうかはわかりませんが・・・。

 

Sponsored Link

 

松村匠取締役についてのまとめ

 

松村匠取締役の経歴や性格についてお伝えしました。

 

私の個人的な意見をいうと山口真帆さんの暴行事件をうやむやにしないでほしいなという思いはやっぱりあります。

 

事の真相をはっきりさせて二度とこのようなことが起きないように改善・対処していくというふうにわたしは考えます。

 

しかし芸能会はうやむやにしたほうが得の場合があるのでしょうか。

 

芸能会ってそういうところなんだなぁーとあらためて再認識させられました。

 

 

 



 - 芸能