黒川伊保子の夫は誰?地雷を避ける黄金会話の秘訣とは?

   

Pocket

 

2918年に大ヒットした「妻のトリセツ」。今年も売れ続けて累計の発行部数が17万部を超えました。みなさんのなかにも読んだ方ももいらっしゃるのではないでしょうか(^_^)

 

その「妻のトリセツ」の作者は黒川伊保子さん。1959年生まれで年齢は59才、結婚して33年になるという夫はどんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は人気作家であり実業家でもある黒川伊保子さんのについてご紹介します。

 

さらに夫婦間の地雷をさける黄金会はについてもお伝えします。

 

Sponsored Link

 

黒川伊保子の夫はだれ?

 

「妻のトリセツ」で有名な黒川伊保子さん、もうご結婚されて33年になるということですが夫はどんな方のでしょうか?

 

黒川伊保子さんの夫は一般のかたというこおとでその素顔はほとんどわかっていませんが・・・

 

・夫とは1986年ころに結婚

・夫の仕事は富士通のエンジニアかコンピューター技師?(黒川伊保子さんが最初に入った会社は富士通のコンピューターメーカーだった)

・夫の年齢は黒川伊保子さんとほぼ同じで60才前後

・妻の仕事を認める柔軟な思考の持ち主

 

以上のことは推測できます。

 

黒川伊保子さんは奈良女子大学理学部の出身ということから大学時代に知り合ったという可能性は低いでしょう。

 

33さん年前の1986年ころに夫と結婚されていますので社会人になって5,6年目くらいでしょうか。黒川伊保子さんが最初に就職した会社の富士通ソーシアルサイエンスラボラトリで知り合った可能性が非常に高いでしょうね(^_^)

 

黒川伊保子さんの夫は富士通のコンピューター技師、プログラマー、エンジニアという仕事だと考えられます。黒川伊保子さんの後輩だったのか先輩だったのかわかりませんが社内で知り合ってその後結婚された・・・

 

あくまでわたしの推測ですのでご了承くださいね。

 

ただはっきりしているのは33年間も仲良く夫婦生活をつづけられていますので黒川伊保子さんと夫の夫婦仲は大変良好でしょう!(^^)!

 

 

 

黒川伊保子と夫の仲は良好?地雷を避ける夫婦間の黄金会話の秘訣とは?

 

黒川伊保子さんは夫の仲は大変良好だと考えられます。夫との仲が良くないと33年間も夫婦生活はまず続けられません。なので黒川伊保子さんの明るい笑顔を見れば夫婦仲がうまくいっているというのはわかりますね(^_^)

 

いったいどうしたら黒川伊保子さんと夫のように仲良くできるのでしょうか?その理由は地雷を避ける夫婦間の黄金会話に秘訣があったのです。

 

まず前提として女性のかたの脳と男性のかたの脳は違うということです。これを理解してないと妻の怒りのスイッチがカチッと入ってしまいます。

 

たとえば・・・

 

ヒールが高くてほそい靴を履いていて転びそうになったのよー。っていう話を妻がしたとします。

 

じゃあ、ヒールの低い安全な靴を履けばいいじゃん、なんて決して言ってはいけません。

 

女性の方が求めているのは解決策ではなく共感なんです。

 

つまり正解は・・・

 

「ハイヒールを履いて転びそうになってのよー。」っていう問いかけに対して

 

そうなんだー。危なかったね。

階段でつまづいたんだー。

ヒールが高かったんだね。

怪我しなくてよかったー。

 

が正解の一例です。とにかく解決策じゃなく、共感する。ここが地雷をさける黄金会話のポイントです。

 

もっと簡単に言うとオウム返しでもオーケーです。

 

「転びそうになったのよー。」→ 「転びそうになったんだー。」

「高いヒールを履いてたのよー。」 → 「高いヒールを履いてたんだー。」

「階段でこけそうになったのよー。」→ 「階段でこけそうになったんだー。」

つま先の細いパンプスだったのよー。」→「つま先細かったんだー。」

 

 

とにかく共感する。わかってあげることが大事なのです。黒川伊保子さんも夫とこんな会話をしているのかもしれませんね。夫婦間の仲を良好に保つ黄金会話の秘訣でした。

 

Sponsored Link

 

黒川伊保子の夫についてのまとめ

 

黒川伊保子さんの夫は一般の方ということもあり情報が・・・

 

仲が良い

結婚して33年

 

しかありませんでした。

 

でも黒川伊保子さんがこんなに幸せそうな笑顔をしているところを見るとおそらく旦那さんはとってもいい人なんじゃないかななんて思います。

 

黒川伊保子さんの夫が現在どんなお仕事をされているかわかりませんがきっとコンピューター関連の優秀なエンジニアとして働かれていると思います。

 

 

今後もふたり仲良くされていってほしいですね!

 

以上、黒川伊保子さんの夫についてお伝えしました。

 



 -