将棋が強くなる方法を解説、インターネットの活用がポイントです!

      2018/07/10

Pocket

 

将棋を指す者はプロでもアマチュアでもある思いを持っています。それは「強くなりたい」という思いです。わたしももっと強くなりたいという思いから将棋の参考書を山ほど買って一日中勉強と対戦をやってました。次の日フラフラで仕事に影響が出ないか心配でしたが・・。

そこで今回は将棋が強くなる方法について考えてみたいと思います。

Sponsored Link

 

将棋が強くなる方法は本を読む、詰将棋、対局観戦よりも実戦してみるのがおすすめです


 

将棋が強くなるための方法はいくつかあります。例えば将棋の参考書を読み込んだり、または詰将棋をしたり、あとプロの対局を観戦するということも勉強になります。

どの勉強方法でもかまいませんが私がおすすめするのは実際に対局をやってみちゃおう!というものです。駒の動かし方や基本ルールを覚えたらあとはひたすら実戦です。実戦を積み重ねていくなかで自分に足りないものが色々見えてきます。そこを補強していく感じです。

わたしも詰将棋をやってましたがすぐ飽きちゃうんですよね(笑)ですから実戦ばかりやってました。勝ったときはもっといい手はなかったか?負けた時は敗因の手は何だったのか?ということを考え修正してまた実戦。これの繰り返しでした。やっぱり実戦は楽しいので飽きずに続けられるのがいいですね。

インターネットの活用が強くなるカギ、どんどん対局をしてみよう


 

わたしが将棋を始めた時は小学校2年生くらいでした。その時インターネットなんてものはなく将棋をするために対局者を探すのに苦労してました(笑)

インターネットが普及する前は当然ですが将棋をするために実際に人と会ってリアルの将棋盤と駒で対局をしていました。当たり前ですが1人ではできなかったのです。必ず対局相手を探さなければならずもしいなければ将棋ができないという状況でした。

しかも同じようなレベルの人たちが集まるのは困難で低いレベル人と高いレベルの人しかいない場合はあまり面白くありません。どの競技でもそうですがお互いのレベルが離れすぎていると試合や対局が一方的になり面白くないのです。

そしてもし同じレベルのものが集まったとしても同じものとばかり対局をしているとこれまた自分のレベルアップにはつながりにくいのです。

それに対してインターネットはいつでもどこの場所でも世界中のだれとでも対局ができるところがとても良いですね。自分の好きな時間に家にいながら自由に対局者を選べるという私が将棋を始めたころには考えられない素晴らしい時代がやってきたのです。(ちょっと大げさですか・・・)とにかくそのインターネットを活用してどんどん対局をしていきましょう!

 

強くなるために~インターネットで対局するときのポイントをご紹介します。


 

いつでもだれとでも対局ができるインターネット対局。便利ですね。私もよくやってます。逆にリアルでの対局はずいぶん減りました。たまにはリアルで対局したくなるんですけどね~。

さて、わたしが将棋で強くなるために気を付けていることは、自分よりちょっとだけ強い人と対戦するということです。この「ちょっと」というところがポイントです。自分より弱い人との対局は自分が強くなりません。(相手は強くなりますが・・・)

逆に自分より強すぎる人との対局はあっという間に負かされてしまって面白くありません。強くはなるでしょうけど・・将棋は面白くないと続かないので自分より強すぎる人との対局はお勧めしません。

ですからインターネットでは相手のレベルがわかるようになっているサイトもありますので自分よりちょっと強い人を選んでください。そうすることで白熱した面白い対局ができさらに自分も強くなるのでこちらのほうがおすすめです。

あえてすごいレベルの人と対局する方法もありますが私だったらすぐくじけてしましそうです・・(笑)

では、また次回。



 - 将棋