岡本千里 はやぶさ2のサンプラー担当者に起こった悲劇とは?

   

Pocket

 

2019年2月22日、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着陸成功!はやぶさ2の快挙に日本中が湧いています!

 

しかしその成功の陰には初代はやぶさのサンプラー担当者だった岡本千里さんの功績があったとみなさんご存知ですか?

 

 

そして岡本千里さんを襲った悲劇とは……いったい何が起きたのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

岡本千里さん(はやぶさ2のサンプラー担当者)に起こった悲劇とは?

 

岡本千里さんははやぶさ2のサンプラー担当者でした。サンプラーとはサンプルを採集したり分析したりする人のことです。はやぶさの初号機に搭載されたサンプル採集のための弾丸発射装置は岡本千里さんがメインで開発されたものでした。

 

 

しかし・・・その岡本千里さんに悲劇が襲います。それは命にかかわる病気です。岡本千里さんがどんな病気だったのかはわかりませんが命にかかわる重大な病気でした。

 

もくもくと粘り強く夜遅くまで研究をくり返していた岡本千里さん。岡本千里さんのまじめな性格が彼女の体に負担をかけていたのかもしれません。そしてはやぶさの成功を願う日本中の期待が岡本千里さんにプレッシャーを与えストレスになっていた可能性もあります。

 

病気に侵されても研究を続けた岡本千里さんでしたがついに2018年の夏ご逝去されました。本当に残念でそして悲しくて仕方がありません。

 

岡本千里さんに起こった悲劇を乗り越えはやぶさ2は小惑星リュウグウに着陸しました。リュウグウのサンプルを採集するためのサンプラーを開発した岡本千里さんは天国で必ずはやぶさ2の雄姿(ゆうし)を見ていることでしょう。

 

 

 

岡本千里さんはどんな人?プロフィールや性格を紹介!

 

岡本千里さんは一体どんな人だったのでしょうか?プロフィールや性格をご紹介します。

 

 

 

名前  岡本千里(おかもとちさと)

年齢  38才(2018年夏当時)

出身地 大阪府大阪市

大学  法政大学

大学院 名古屋大学院

担当  初代はやぶさ、はやぶさ2のサンプラー

性格  まじめ、努力家

 

名古屋大学院時代に岡本千里さんを指導した荒川政彦さんは

 

多くは語らないがエネルギッシュで夜遅くまで研究をしていた

 

と語っています。

 

そして岡本千里さんは多くの後輩に慕われていました。後輩を思いやるやさしい性格と研究熱心な岡本千里さんの姿に後輩たちはあこがれと尊敬のまなざしてみていたのでしょうね。

 

岡本千里さんに起きた悲劇は本当につらくて悲しいことでした。しかし岡本千里さんの思いはJAXA(ジャクサ)のメンバーや後輩たちの胸の中で生きています。そしてその思いははやぶさ2にも込められています。はやぶさ2の着陸成功の陰に岡本千里さんの功績があったのです。

 

Sponsored Link

 

岡本千里さんと「はやぶさ2」についてのまとめ

 

岡本千里さんははやぶさの初号機とはやぶさ2のサンプル収集を担当していました。現在のはやぶさ2のサンプラー担当者は橘省吾(たちばなしょうご)さんです。

 

橘省吾さんは岡本千里さんの研究を受け継ぎはやぶさ2のサンプロ採集装置を開発しました。はやぶさ2の下部に取り付けられているサンプル回収装置「サンプラホーン」には岡本千里さんと橘省吾さんそしてJAXAのメンバー全員の思いが込められています。

 

小惑星リュウグウへの着陸に成功したはやぶさ2の次の大仕事はリュウグウの岩石や砂の採取です。岡本千里さんの思いがこもった「サンプラホーン」が仕事をする時がやってきました。

 

橘省吾さんはこう語っています。

 

岡本さん、これまで本当にありがとう。サンプラの出番はもうすぐだよ

 

はやぶさ2のサンプル回収装置「サンプラホーン」きっといい仕事をしてくれるはずです。見守って行きましょう。

 



 - 国内ニュース