あかつき保育園の不適切保育の証拠音声を紹介!園長は誰?

   

Pocket

 

あかつき保育園が長年にわたり園児にたいして暴言をあびせるなど不適切な保育をしていたと問題になっています。

 

このような決してやってはいけない保育をしているあかつき保育園の不適切保育の証拠音声の動画をご紹介します。

 

そしてあかつき保育園の園長はいったい誰なんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

あかつき保育園の不適切保育の証拠音声の動画を紹介!

 

あかつき保育園の不適切保育の証拠音声の動画がSNS上でアップされました。

 

園児に対して暴言を吐いたりトイレにつれていかなかったり、壁を叩いて園児を驚かせてそれをみて笑うなど本当に不快になる行為が行われていました。

 

その不適切保育の証拠音声の動画をご紹介します。

 

 

 

いかがでしょうか。あかつき保育園の園児たちが本当にかわいそうです。

 

しかも以前に一度問題になった時に福岡市が立ち入り調査をしているはずなんですが・・・まったく問題が改善されないまま現在に至っています。なので福岡市にも責任の一端があるといわれても仕方がありませんね。

 

いずれにしてもこのような不適切な保育をしている保育園の管理体制を早急に見直す必要があります。そうしないと園児を預けている親御さんは心配でたまらないでしょう。

 

 

 

あかつき保育園の園長は誰?

 

あかつき保育園の不適切保育の証拠音声の動画をみて本当に憤(いきどお)りを感じます。このようなずさんな不適切保育を長期間行っていたあかつき保育園の園長は誰なんでしょうか?

 

あかつき保育園の園長は柿迫裕理子さんという人物です。

 

柿迫裕理子園長(当時)はあかつき保育園の理事長だった柿迫恒夫さんの妻になります。つまりあかつき保育園は夫婦で経営がなされていたということになります。

 

2019年2月現在、柿迫恒夫理事長と柿迫裕理子園長は辞任されて別の方になっています。

 

夫婦で保育園を運営しているから不適切な保育が行われていても改善されなかったのでしょうね。それに加えて柿迫裕理子園長は国が指定する保育士の規定人数ギリギリであかつき保育園を運営していました。

 

保育士の数をギリギリにしているためにあかつき保育園で働いている保育士は相当に疲労とストレスをかかえていたと考えられます。もちろんだからといって今回の不適切保育が許されるわけではありません。

 

しかし柿迫恒夫理事長と柿迫理恵子園長の経営手法が今回の不適切保育を引き起こしてしまった原因の一つであることは確実です。今後二度とこのような問題が起きないうような再発防止策が求められます。

 

Sponsored Link

 

あかつき保育園の今後はどうなるの?

 

あかつき保育園の今後は徐々に適正に保育が行われていくと考えられます。なぜならば児童福祉法という法律に基づいて業務の改善が行われるからです。

 

この児童福祉法によりあかつき保育園にたいして業務改善勧告がなされました。つまり「ちゃんと保育しないと指定を取り消すよ!」といっているのです。

 

あかつき保育園には予告なしに2カ月に一回のペースで立ち入り調査も行われます。今回ばかりはあかつき保育園は適性な保育を行えるような改善をしていくはずです。

 

しかし一つだけ気になることがあります。それは問題を起こした保育士たちの処遇です。そのまま働くのかまたはやめるのか。わかりませんが子供を預ける親たちはその辺も気になるのではないでしょうか。

 

今後のあかつき保育園の動向に注目です。

 

 

 



 - 国内ニュース