受験生必見!効果的な睡眠学習法が判明!ポイントはノンレム睡眠にあった

   

Pocket

 

勉強したことをちゃんと覚えておくにはどうすればいいのでしょうか?

 

今回は受験生必見の効果的な睡眠学習法が判明しましたのでご紹介します。

 

ポイントはノンレム睡眠にあった!?

 

Sponsored Link

 

受験生必見!効果的な睡眠学習法が判明!

 

受験生必見!効果的な睡眠学習法が判明しましたのでその方法をご紹介します。

 

方法①寝る前に覚えたいことを勉強する

 

方法②眠りに入った後2,3時間後に覚えたいところを音声で流す

 

方法③朝起きたあと睡眠学習した部分を復習する

 

 

以上が効果的な睡眠学習方法です。これはメンタリストのダイゴさんがいぜん動画でおっしゃった内容です。

 

 


 

 

「なかなか勉強がはかどらないなー。」

 

「効率よく勉強したいなー」

 

とか思っているひとは一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

効果的な睡眠学習法のポイントはノンレム睡眠にあった!

 

メンタリストのダイゴさんが動画で言われたように効果的な睡眠学習法のポイントはノンレム睡眠にあったんです。

 

人が眠っている時はレム睡眠とノンレム睡眠をくり返しています。

 

・レム睡眠→浅い眠り。脳は結構活動している。夢をみたりする。

 

・ノンレム睡眠→深い眠り。脳が休んでいる状態

 

 

一見、浅い睡眠の時に睡眠学習をしたほうがよさそうですがあんまり効果がないそうです。効果がある睡眠学習法は眠りが深いノンレム睡眠時に睡眠学習を行うことが大事なポイントです。

 

普通だったら眠りにはいってだいたい2、3時間ごです。そのときに覚えたい部分を音声で流すと効果的な睡眠学習が得られます。

 

寝てから2,3時間後に覚えたい部分を音声で流すって部分がちょっとだけめんどくさいですがやってみる価値はありそうですね。

 

Sponsored Link

 

メンタリストダイゴさんが睡眠学習をやった結果は?

 

ノンレム睡眠時の睡眠学習をメンタリストのダイゴさんがやってみたところ効果があったそうです。記憶の定着率が上がったそうですね。

 

わたしも以前睡眠学習をしていましたが寝ている間中、覚えたい部分を音声で流しまくるといった自己流をしてしまったのでほとんど効果は得られませんでした。

 

しかし効果的な睡眠学習法のポイントを抑えてやれば記憶の定着率は上がる可能性が高いです。もう一度効果的な睡眠法のやり方をおさらいしておきましょう。

 

方法①寝る前に覚えたいところを勉強する

方法②寝たあとの2,3時間後に覚えたい部分を音声で流す

方法③朝起きたら音声で聞いた部分を復讐する

 

わたしの個人的な感想は朝復習するのがいい感じでした。つまりアウトプットですね。復習といってもなにもノートに書きまくったりするばかりでなありません。

 

家族や友達に覚えたことを話すだけでもアウトプットの効果が得られます。インプットとアウトプットをくり返すのも重要です。

 

以上の方法で効果的な睡眠学習をすることができます。興味があるか方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 



 - 日記