池江璃花子の白血病は治る!今後の治療法や入院期間を予想!

   

Pocket

 

池江璃花子さんが白血病を公表されました。東京オリンピックに向けて頑張っていただけに本人もファンもショックでしょう。

 

今回は池江璃花子さんの白血病は治る!と信じて今後の治療法や入院期間を予想してみます。

 

病気に負けるな池江璃花子さん!必ず復活すると私たちファンは信じています!

 

Sponsored Link

 

池江璃花子さんの白血病は治る!その理由は?

 

衝撃のニュースが飛び込んできました。競泳選手で大活躍されている池江璃花子さんが白血病だということを発表されました。

 

本人もファンも大変ショックですが池江璃花子さんの白血病は治る!と信じています。池江璃花子さんの白血病が治る理由をご紹介します。

 

まずは白血病と聞くと不治の病というイメージがありますが現代医学の進歩により治る病気になってきています。なのでまずは白血病は治るというイメージを持つことが重要です。

 

まず池江璃花子さんの場合はおそらく「初期」だからです。体調不良を訴えた池江璃花子さんはすぐに病院に行きそしてすぐ治療が行われます。

 

 

 

池江璃花子さんが早く白血病の治療を行うことで治る可能性も高くなります。ちなみに白血病が治る確率は治療が早いかどうか、年齢、全身の健康状態でかわってきます。

 

 

池江里佳子さんの場合は白血病の初期の治療ということでまずは抗がん剤による治療がはじめらるでしょう。通常は抗がん剤によって悪い細胞を1000分の1にまで激減させることができます。

 

1000分の1にまで悪い細胞を減らすことができれば初期の治療としては成功です。

 

悪い細胞が減れば正常な血液が体に流れ始め症状を改善することができます。(ちなみに悪い白血球細胞が減って症状が軽くなったりなくなったりすることと寛解(かんかいといいます。)

 

つまり池江里佳子さんの白血病は治る可能性が十分にある!とわたしは考えます。

 

 

俳優の渡辺謙さんも1989年に旧姓骨髄性白血病を発症しました。渡辺謙さんは白血病を見事に克服しもうすでに治ったといっていいでしょう。

 

 

渡辺謙さんもツイッターで池江璃花子さんにエールを送っています!池江璃花子さんの白血病は治る!と渡辺謙さんも信じています

 

 

池江璃花子さんの場合は水泳選手ということもあり全身の健康状態は良好でしょう。池江璃花子さんは早期の発見もできましたのであとは白血病に対する有効な治療を信じて治るのを待つしかありません。

 

 

池江璃花子さんの白血病の治療法は?

 

池江璃佳子さんの白血病の治療法を予想してみましょう。

 

化学療法・・・抗がん剤による化学療法。悪い白血球を減らすための治療。悪い白血球が減れば病気が治る方向に行きます。目標は発症時1兆個あるといわれる悪い白血球を1000分の1までに減らすこと。

できればわるい白血球細胞を完全消滅したいところです。

 

 

放射線治療・・・エックス線や高エネルギー放射線で骨髄の悪い部分を治す。そして悪い白血球細胞を激減させる効果もある。

 

 

骨髄移植・・・健康で、正常な骨髄をドナーから移植してもらう。自分の骨髄と型が一致すれば移植可能。骨髄移植ができれば白血病が治る可能性がかなり上がる。

 

いずれにしても有効な白血病の治療法ですから池江璃佳子さんの白血病は必ず治ると信じてわたしたちファンは待つしかありません。

 

 

Sponsored Link

池江璃花子さんの白血病の入院期間は?

 

池江璃花子さんの白血病による入院期間は5週間と予想されます。なので1か月とちょっとですね。あとは治療と治療のあいだで様子を見ながら病院に泊まったり、自宅に帰ったりする可能性が高いです。

 

だから白血病だからといってずっと長期間入院するわけではないんです。

 

 

 

 

そして池江璃花子さんの白血病は早期に発見できた可能性が高いですのでそれだけ治る可能性も高いのです。いや必ず治る!と信じます。

 

池江璃花子さんは病気なんかに絶対に負けずにまた水泳選手として戻ってきてくれるはずです。

 

 

 



 - スポーツ