花田優一が靴職人になった理由は父から逃げる為?教育法がスパルタ過ぎる!

   

Pocket

 

元横綱貴乃花の息子の花田優一さんが2月8日金曜日放送の「ダウンタウンなう」に出演されます。

 

最近話題の花田優一さんが靴職人になった理由をトークしてくれるみたいですがどんな話が聞けるか楽しみですね!

 

ということで今回は花田優一さんが靴職人になった理由はと父貴乃花親方のスパルタすぎる教育法についてお伝えします。

 

Sponsored Link

 

花田優一さんが靴職人になった理由は父親の貴乃花親方から逃げるため?

 

花田優一さんが靴職人になった理由は父親の貴乃花親方から逃げるためでした。

 

息子の花田優一さんのために行った貴乃花親方の教育法がスパルタすぎたのです。

 

これ以上実家にいると自分の人生が終わってしまう」と思った花田優一さん。花田優一さんをここまで追い詰める貴乃花親方の教育法ってどれだけ厳しかったのでしょうか・・・(^_^;)

 

まだ当時15才だった花田優一さんが自分の人生の終了を予感させた厳しすぎる教育法から逃げるという理由で花田優一さんは靴職人になる事を選んだのです。

 

花田優一さんはその時15才ですから中学校を卒業したばかりです。中学校を卒業したばかりの15才の少年がひとりで海外に靴の修行に行くって普通は考えられません。

 

 

見知らぬ海外の土地で一人っきりで靴の修行をしる事のほうが父の教育より楽だと花田優一さんは思ったのでしょうね。ということで花田優一さんが靴職人になったのは父親である貴乃花親方から逃げるためという理由でした。

 

 

 

花田優一さん 父親である貴乃花親方のスパルタすぎる教育法を紹介!

 

花田優一さんんが父親の貴乃花親方から受けたスパルタすぎる教育法を紹介します。

 

貴乃花親方「あしたからお前(花田優一さん)が調子に乗ったら鉄拳がくるから

 

小学校を卒業したばかりの花田優一さんに貴乃花親方はこういったそうです。ちなみに貴乃花親方は「鉄拳」というよりも実際はもっとすごい表現をされています(^_^;)

 

自分の息子にきびしく教育しないと弟子たちに示しがつかないと貴乃花親方は考えたのでしょう。いやーこわい。

 

 

 

貴乃花親方「普通ってなんだよ。なんか話せよ!

 

父親が恐怖の対象になりあまり貴乃花親方との会話もなくたってきた花田優一さんに話しかけてきた父でしたが・・・。学校生活のことをきかれた肌だ優一さんはつい「普通。」と答えてしまったとたん貴乃花親方の怒りが爆発。

 

「普通ってなんだよ。なんか話せよ!」となったのです。このまま地獄(実家)にいたのでは自分の身がもたないと考えた花田優一さんは靴職人の修行のために海外へ移住する決意を固めました。花田優一さんが靴職人になった理由がすごすぎます!

 

「靴職人になるしかこの地獄から抜け出す道はない!」15才の少年にこれほどの固い決意をさせる貴乃花親方の教育法はスパルタすぎたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

花田優一さんが靴職人なった理由のまとめ

 

花田優一さんに対する厳しすぎる教育が良かったのか間違っていたのかはわかりません。しかし小学校を卒業するまではやさしかった父親である貴乃花親方が突然厳しく教育し始めて花田優一少年はすごくとまどったでしょう。

 

学校が終わっても家に帰りたくない。そして自宅に帰ってもなるべく父親と顔を合わせたくないと思いながら花田優一さんは日々暮らしていたんでしょうね。

 

実家は心が安らぐ場所であるのが普通なのに花田優一さんにとっては地獄(笑)。もしかするとこの地獄から抜け出すためには靴職人でなくてもよかったのかもしれません。

 

とにかく何でもいいから実家を抜け出したい。そういう理由で花田優一さんが選んだ靴職人という仕事はじつは靴職人以外の時計職人やカバン職人などでもなんでもよかったんでしょうね。

 

しかし今では花田優一さんは父親の元貴乃花親方のことをとても尊敬しています。ちょっとだけ安心しました。

 

以上、花田優一さんが靴職人になった理由は父親の貴乃花親方の教育法がスパルタすぎということについてお伝えしました。



 - スポーツ