新井浩文の事件で浅野忠信と事務所がピンチ?損害賠償額は?

   

Pocket

 

新井浩文さんが起こした事件の余波がとどまる所をしりません。公開予定の映画「台風家族」と「善悪の屑」だけでなく未発表のドラマや映画も多数ある様子。

 

新井浩文さんの事件の損害賠償の金額はいったいどのくらいになるのでしょうか。

 

さらに新井浩文さんと浅野忠信さんそして二人の所属事務所アノレが大ピンチになっていることについてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

新井浩文の事件で浅野忠信と所属事務所アノレがピンチ?損害賠償額は?

 

新井浩文さんの事件で浅野忠信さんと二人の所属事務所が大ピンチになっています。

 

その理由は新井浩文さんが起こした事件の影響で公開中止になった映画やお蔵入りになったドラマなどの損害賠償の金額がものすごいことになりそうだからです。

 

損害賠償の金額は最大で10億円以上になりそうな勢いです。

 

 

公開予定の映画「台風家族」の損害賠償だけでも1億円になりそうです。さらに「善悪の屑」やそれ以外にも延期や中止に追い込まれそうな映画やドラマが多数ありそうです。

 

損害賠償の総額が最大で10億円以上・・・。新井浩文さんと浅野忠信さんの所属している事務所「アノレ」は多額の損害賠償金の影響で経営が行き詰まる可能性が出てきました。最悪の場合、倒産する可能性もあるかもしれません。

 

そして新井浩文さんはもちろんですが浅野忠信さんまでピンチなのはなぜなのでしょうか?

 

その理由は所属事務所「アノレ」の社長の佐藤幸久さんが浅野忠信さんの父親だからです。実の父親の事務所に浅野忠信さんは所属されているんですねー。

 

今回の新井浩文さんが起こした事件の損害賠償金で事務所がピンチに陥れば当然社長の息子である浅野忠信さんが自分の資産をなげうって父親の事務所を助けるでしょう。

 

浅野忠信さんの財政状況を考えると損害賠償金の10億円すべては無理にしても半分の5億円は支払えるかもしれません。

 

ということで新井浩文さんが起こした事件で所属事務所「アノレ」だけでなく浅野忠信さんもピンチになっている状況なのです。

 

 

新井浩文と浅野忠信の所属事務所「アノレ」の財政状況は?

 

新井浩文さんと浅野忠信さんが所属する事務所「アノレ」の財政状況は決して良好ではありません

 

その理由は社長の佐藤幸久さんが起こした問題と看板俳優の独立や移籍です。

 

芸能事務所アノレの佐藤幸久社長は2017年問題を起こして逮捕されています。社長が逮捕された影響なのか看板俳優の加瀬亮さんや人気女優の菊地凛子さんが相次いで移籍、独立されてしまいました。

 

 

なので新井浩文さんと浅野忠信さんが所属している事務所「アレノ」の経済状況は決して良好ではないと推測されます。それに加えて今回の新井さんの事件で多額の損害賠償請求をうけそうなので事務所は今大ピンチになっているわけです。

 

Sponsored Link

新井浩文と浅野忠信&事務所のまとめ

 

新井浩文さんが起こした事件の影響で浅野忠信さんと所属事務所「アレノ」が倒産の危機に見舞われています。

 

新井浩文さんの生活態度や素行に問題があったといわざるを得ません。それによって起こされた今回の事件。新井浩文さんの自身の経歴に傷をつけただけでなく浅野忠信さんや所属事務所にまで迷惑をかけています。

 

今回の事件から芸能活動をしている芸能人だけでなく一般の会社員もちょっとした不注意で大ピンチになってしまう怖さをみなさん知ったのではないでしょうか。

 

以上、新井浩文さん、浅野忠信さん、そして所属事務所についてお伝えしました。

 



 - 未分類