伊藤真波 パラリンピックでの成績は?講演会の内容も紹介!

   

Pocket

 

伊藤真波さんが2月4日放送の「一番だけが知っている」に出演されます。

 

水泳平泳ぎで北京、ロンドンのパラリンピックに出場した経歴をお持ちの伊藤真波さん。番組ではいったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

 

ということで今回は伊藤真波さんのパラリンピックでの成績と自身が行っている講演会の内容もご紹介します。

 

Sponsored Link

 

伊藤真波さんのパラリンピックでの成績は?

 

伊藤真波さんは北京パラリンピック、ロンドンパラリンピックの2大会に出場された経歴をお持ちです。伊藤真波さんのその時の成績をご紹介します。

 

2008年北京パラリンピック・・・100m 平泳ぎ 4位、 100m バタフライ 8位

 

2012年ロンドンパラリンピック・・・100m 平泳ぎ 8位

 

という成績でした。伊藤真波さんはどちらの大会でも8位に入賞されています。パラリンピック2大会で8位入賞ですからとても素晴らしい成績ですね!

 

 


 

※2012年ロンドンパラリンピックで8位になったときの伊藤真波さんの動画です。伊藤真波さんは第8レーンです。

 

伊藤真波さんはもともと5才から水泳を始められていました。しかし水泳の選手という道は選ばずに看護師になるための勉強をされていた伊藤真波さんにアクシデントが襲います。

 

伊藤真波さんはバイクの事故で右腕を失ってしまったのです。普通ならなにもする気が起きなくなるような状況なのに伊藤真波さんは猛勉強をして看護師になるという夢をかなえます。

 

さらに水泳でも練習を重ねてパラリンピックの出場を果たします。伊藤真波さんの根性というか逆境に負けない気持ちは本当にすごいです。

 

出場したパラリンピックでも持ち前の根性で8位に入賞した成績をあげた伊藤真波さんが2月4日放送の「一番だけがしっている」に出演されます。バイオリンを演奏されるということですがどんな演奏なのか楽しみです!

 

 

伊藤真波さんの講演会の内容は?

 

伊藤真波さんは看護師になるという夢をかなえたのち現在は講演活動もされています。その講演会の内容は・・・

 

あきらめないこころ」です。

 

バイクの事故で看護師になるという夢を一度はあきらめかけた伊藤真波さん。しかし家族や周りのサポートを受け右腕を失った状態でも看護師になる夢をかなえた伊藤真波さんのあきらめないこころについて話を聞けるという講演会の内容になっています。

 

あきらめずに正しい方向で努力をすれば道は開ける。夢をあきらめそうな人たちが聞くと勇気が湧いてくるような講演内容です。

 

パナソニックの創業者である松下幸之助はかつてこう言いました。

 

「私は失敗したことがない。なぜなら成功するまで継続するからだ。」

 

失敗というものはもしかしたら存在しないのかもしれませんね。失敗とは成功するまでの道のりでしかないという風に考えている伊藤真奈美さん。そんな伊藤真波さんの「あきらめない心」という講演内容に興味がある方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

伊藤真波さんのプロフィールと経歴を紹介!

 

伊藤真波さんのプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 伊藤真波(いとうまなみ)

旧姓 野村真波

出身地 静岡県

高校 静岡県立清水西高等学校

肩書  看護師 スイマー 主婦 講演会講師

2004年 バイク事故で右腕を失う

2007年 神戸百年記念病院に就職

2008年 北京パラリンピック出場

2012年 ロンドンパラリンピック出場

 

以上のようなプロフィールと経歴を持っている伊藤真波さん。自身の経歴を生かして現在は主婦として子育てをしながら講演会の活動もされています。

 

伊藤真波さんはいつもやる気とバイタリティーにあふれ、何事にもチャレンジしている姿が印象的です。そういう姿が人々を感動させるのでしょうね。伊藤真波さんの今後のますますの活躍を期待します。

 

以上、伊藤真波さんのパラリンピックでの成績、講演会の内容、プロフィール&経歴についてお伝えしました。

 



 - スポーツ