天覧相撲の万歳&鳴りやまない拍手の動画を紹介!北の富士も驚愕!

   

Pocket

 

 

天皇陛下が大相撲初場所8日目を観戦されました。

 

いわゆる天覧相撲ですが天皇皇后両陛下がお帰りになるときに鳴りやまない拍手と万歳がおき北の富士も驚愕しました。

 

その動画をご紹介します。

 

Sponsored Link

天覧相撲での鳴りやまない拍手、万歳に北の富士も驚愕!その動画を紹介!

 

2019年1月20日大相撲初場所中日(8日目)に天皇皇后両陛下が観戦に来られました。無事取り組みがすべて終わり両陛下がお帰りになるときにそれは起きました。

 

お帰りになる両陛下に対して鳴りやまない拍手と万歳が起きたのです。これには北の富士も驚愕!「こんなの見たことない・・・」その動画をご紹介します。

 

 

天覧相撲での鳴りやまない拍手と万歳に笑顔でいつまでも手を振られる天皇皇后両陛下でした。

 

それに対してさらに拍手を送り続ける観客も本当にたくさんいました。そんな中日(8日目)でした。

 

 

 

 

天覧相撲とは?

 

天覧相撲とは大相撲を天皇陛下が観戦することです。

 

昔は女性の方が相撲を観戦できな時期があった影響で皇后は観戦されなかった時期がありました。1950年代まで女性が観戦できない時期があったんですねー。

 

 

 

1960年代に入ると天皇皇后両陛下がそろってはじめて観戦されました。

 

今では普通のように思えることも昔は禁止されていたってなんだか歴史を感じますねー。

 

 

Sponsored Link

 

天覧相撲に天皇皇后両陛下がおこしになった回数は?

 

現在まで天覧相撲に天皇皇后両陛下が起こしになった回数は23回です。

 

今回は2017年の1月の初場所に観戦されてから2年ぶりの天覧相撲になりました。2018年に天覧相撲が行われなかったのは不祥事の影響でしょう。

 

横綱日馬富士の貴ノ岩に対する事件が世間的に大問題になり連日テレビで報道されていました。みなさんの記憶にも新しいと思います。その不祥事の影響で天覧相撲は行われませんでした。

 

大相撲が大好きな天皇陛下は大変残念に思ったことでしょう。

 

話は変わりますがすべての取り組みが終わった後弓取り式というものが行われますが、それを最後まで見ないで変えられる観客も多いなか2019年初場所、中日(8日目)は違いました。

 

弓取り式の最中でもほどんど帰る人はいませんでした。これはとても珍しいことですがその理由はもちろん天覧相撲だったから。

 

相撲が大好きでこれまで23回も観戦されている天皇皇后両陛下は退位されてもまた大相撲を観戦に来られることを国民の皆さんはお待ちしているでしょう。

 



 - 国内ニュース