将棋初心者から有段者へ、弱いままの人との違いは?上達の秘訣をお教えします

      2018/07/10

Pocket

 

みなさん、将棋の実力を上げたいですか?わたしは常々もっと強くなりたいとかうまくなりたいと思って将棋をずっと指し続けてきました。過去の自分よりちょっとずつ強くなっている気はしますがやはり継続することは大切だなと思う今日この頃です。

そして最近はテレビコマーシャルでも将棋の棋士が出演していたり藤井聡太先生の活躍もあり将棋の認知度もかなりアップしてきました。今まで、お年寄りがするものというイメージが根強かった将棋がやっと日の目を見る時が来た感じがします。

いや~うれしい限りです。そして最近将棋を始めた方も多いことでしょう。そこで今回は将棋が強くなるためにの方法について考えてみました。

Sponsored Link

 

将棋が強くなるための方法とは?初心者から有段者への道


 

将棋が強くるための方法は「ありがとうございました」です。「お願いします」もいいですね!強くなるためにあいさつが何の関係にあるの!?と疑問に思った方も多いことでしょう。

実はあいさつは強くなるために一番大切だと私は思っています。「ありがとうございました」「お願いします」「こんにちは」「失礼します」などいろいろありますがどれも強くなるためには必要です。

それはなぜでしょう?では一度テレビで将棋のプロ棋士の始まりのあいさつを見てみてください。「お願いします。」と深々と礼をしている姿を。特に最強の棋士である羽生善治先生はだれよりも例が深くて丁寧です。私が見る限り将棋か強い人は挨拶をちゃんとしているなという印象を持っています。まずは細かい技術より挨拶をちゃんとしてみましょう。それが遠回りのようで将棋が強くなるそして初心者から有段者への一番の近道だと思います。

 

 

弱いままの人と強くなる人の違いはマインドにあった!戦法より心構え(マインド)がなぜ大切なのか?


 

心構えより今すぐ勝てる戦法を知りたいと思う気持ちも十分わかりますがなんといって心構え(マインド)がどんなことよりも大事です。強いプロほど頭を深々と下げます。

なぜそうすると強くなるのか?それは「相手の立場に立ったものの考え方ができるようになる」ということなのです。最近はインターネットの普及により将棋は、年齢、性別、職業、どこに住んでいるかなど全部関係なく対局ができます。

相手の立場に立った言動、思いやりそしてあいさつ、それがやがて相手の心理を読むことにつながっていきます。相手はどう思っているのかそれに対してはこうしようとか、将棋というゲームは相手の手を読むゲームなのです。

ですから細かい戦法よりまずは心構えが大切なのです。自分の負けを認める「ありがとうございました」が自分を強くする対局が終わった後はぜひ『ありがとうございました』といってみてください。

もし自分が勝ったとしたら負けた相手に敬意を払う。もし自分が負けたら自分の負けを素直に見つけてそれを修正、改善そして勉強する。そこが弱いままの人と強くなる人の違いではないでしょうか。

確かに自分の負けを認めるのはつらいです。わたしも悔しくて夜眠れない日もありました。しかし自分の負けを認めたところから将棋は強くなるのです。

ですから、強くなるためには戦法より心構えのほうがはるかに大事であり、そのための『ありがとうございました』なんですね。将棋で負けると自分を全否定されたかのように感じてしまってめちゃくちゃに悔しく感じてしまいます。そこを歯を食いしばって乗り越えましょう。

上達の秘訣は未来の自分を肯定すること

過去の弱い自分を否定し自分の未来を肯定しましょう。これが上達の秘訣であると私は考えています。過去の弱い自分を肯定してしまうと強くなりません。そして未来の自分をぜひ肯定してあげてください。これから強くなった未来の自分を思いっきり肯定して強くなるためにはどうすればよいのかということを日々考え実践していくことが強くなる近道ではないでしょうか。

それでは、また次回。



 - 将棋