三井和典(箸・マツコ)の経歴や年収は?結婚はされてるの?

      2019/01/15

Pocket

 

1月15日放送のマツコの知らない世界に四季彩堂でバイヤーをされている三井和典(みついかずのり)さんが出演されます。

 

お箸を知り尽くしたマニア、三井和典さんの素顔が気になりますね。

 

ということで今回は三井和典さんの経歴や年収、そして結婚されているのかについてもお伝えします。

 

 

Sponsored Link

三井和典(マツコ出演お箸バイヤー)のプロフィールや経歴は?

 

1月15日放送のマツコの知らない世界にお箸マニア、三井和典(みついかずのり)さんのプロフィールと経歴をご紹介します。

 

三井和典さんのプロフィール

 

・名前  三井和典(みついかずのり)

・あだ名  助さん

・出身   静岡県浜松市

・血液型  A型

・趣味   お箸収集、カメラ、ビリヤード、フットサル

・特技  DIY

・職業  箸のバイヤー

・勤務先 四季彩堂(和の生活雑貨)

・勤務先所在地  静岡県浜松市

・年齢  30代

・名言  お箸で料理の味が変わる

・座右の銘  常にわが心に御旗を立てる、努力したものが必ず成功するとは限らない。

 

 

三井和典さんの経歴

 

今までにお箸の収集のために全国のお箸の産地をわたり歩いた日本一の箸マニア。今までに3000膳以上のお箸を研究されそのうち60膳を自分の極上のコレクションとして保管されています。

 

箸によって料理の味が変わるという信念をお持ちの三井和典さんは四季彩堂のバイヤーとして日々お箸とお客様と向き合っています。お客様にいいお箸を紹介するためには自分がお箸のことを知らなければいけません。

 

なので三井和典さんは全国のお箸を3000膳以上見て歩きそのなかで「これはすごい!」と思う逸品をマイコレクションされています。そのマイ箸コレクションの数は60膳以上!三井和典さんの奥様も自宅に箸があふれている状態で苦労をされているかもしれませんね(^_^;)

 

 

三井和典さんは旅行先にも必ずお箸を5,6膳は携帯していき食べ物の種類によって使用しているそうです。お箸で料理の味が変わるなんて信じられませんが本当なんですねー。

 

そんなお箸に人生をかけた経歴を持つ三井和典さんがマツコデラックスさんに極上のお箸を紹介します。はたしてマツコさんの割りばししか使ったことがない価値観を変えることができるのか。

 

三井和典さんの経歴にかけてお箸の魅力を伝えることはできたのでしょうか。マツコの知らない世界では若狭塗り箸というとてもきれいなお箸をマツコデラックスさんにすすめていました。

 

若狭塗り箸のあまりの美しさに感嘆するマツコさん。

 

さらにマツコさんが「軽い!」と絶賛したお箸「利休箸」。このお箸は千利休が考えたお箸として世に知られています。

 

箸で食事の味が変わるなんて信じていなかったマツコさんの心が揺れています。マツコさんの心変わりがはたしてあるのか・・・放送が待ち遠しいですね!

 

 

 

 

四季彩堂のバイヤーの三井和典さんの年収は?

 

四季彩堂のバイヤー、三井和典さんの年収は一般的なサラリーマンの年収より高いと考えられます。おそらく700万円から1000万円くらいはあるでしょう。

 

三井和典さんは四季彩堂で店長(静岡県中田店)の経験もあってしかも全国を飛び回る凄腕バイヤーですから年収1000万円くらいもらっていても不思議ではありません。

 

ちなみに四季彩堂は創業から20年経つ地元浜松しで人気の和の生活雑貨店で現在6店舗あります。

 

もしかするともっと高い年収をもらっているかも・・・。

 

高い年収ももらっていた年もお箸のコレクション代に消えていっているかもしれませんね(^_^)

 

 

 

Sponsored Link

三井和典さんは結婚されているの?

 

三井和典さんが結婚されているかは番組で触れられていませんしたが、おそらくご結婚されていると考えられます。

 

理由は左手の薬指の指輪です。

 

既婚者の証である左手薬指に指輪をされていましたのでおそらく結婚されています。

 

 

もし結婚されていて奥様がいらっしゃるのであればお箸のために全国をわたり歩いている旦那の三井和典さんのことをどう思われているのでしょうか。

 

「またお箸ばっかりかってきて!」なんて怒られていないか心配です(笑)

 

 

お箸のバイヤーとして一生懸命お仕事をされている三井和典さんのことですから幸せな結婚生活を送られているでしょうね。

 



 - 芸能