学校で「お金」のことを教えない本当の理由に驚愕!

      2019/01/15

Pocket

 

みなさん学校でお金のことを教えてもらっていますか?

 

数学や理科もいいですが一番生活に大事なお金の使い方をなぜ学校で教えないのでしょうか?

 

その驚愕の理由に迫ります。

 

Sponsored Link

学校で「お金」のことを教えない本当に理由に驚愕!そのわけは?

 

学校でお金のことをほとんど教えない理由は……

 

お金についてみなさんが賢くなると困る人たちがいるからです。

 

その困る人とは既得権益者です。もうすでに富や権力を得ている人は国民がお金のことに賢くなると自分たちが損をして困っちゃうんですねー。

 

 

もしみなさんが賢いお金の使い方を実践すればかなりの確率で資産が増えていきます。資産が増えるって言っても株やFXで一儲けってわけじゃないですよ。

 

賢いお金の使い方とは自分への投資です。勉強したり、セミナーに行ったり、旅行でもいいでしょう。自分の知識、スキルが増えていくとお金をより稼ぎやすくなります。そしてみなさんが無駄な浪費をすることが減るでしょう。

 

みなさんがお金のことに賢くなると大半の既得権益者がおすすめする「一見資産のようにみえて実は負債のもの」にお金を使わなくなります。資産のようにみえて実は負債であるものはたくさんあります。実例を挙げると怒られそうですのでみなさん自身で見つけてくださいね。

 

とにかくすでに富を得ている者たちにとってみなさんがお金のことに詳しくなると自分の富が減っていくから困るのです。

 

そしてお金のことをほとんど教えてくれない学校は誰が作っているのかというと・・・もうお分かりですね。すでに富を得ている人や権力者です。なので学校でお金のことを詳しく教えてくれないんですねー。

 

もし学校で2次関数とか元素記号とか実生活で全く役に立たないことを教えることに変えてお金のことをもっと詳しく教えたのなら借金で苦労している人、それが原因で病気になる人がずいぶん減ると思いますがみなさんどう思われますか?

 

Sponsored Link

お金のことから自分の身を守るためにすることとは?

 

お金のことから自分の身を守るためにすることはお金の使い方に3種類あるということを認識することです。

 

お金の使い方には実は3種類あるのです。

 

消費…生活必需品を購入するためにお金を使うこと。食料品、衣料品など。

浪費…生活に必要のない無駄なお金を使うこと。球をはじく娯楽、お馬さんが競争するのを見に行く、高級ブランド

投資…資産になるものにお金を使うこと。資産とはお金を増えるスキル、もののことです。

 

消費は生きていくために必要です。食費を削ったりしすぎると健康にもよくありませんので栄養のあるものにお金をかけることは決して無駄ではありません。

 

浪費は無駄です。この浪費が多いとお金がたまりません。浪費を最小限にすることがお金持ちへのスタートです。

 

投資は将来お金を生んでくれるものや事にお金を使ることでこれはけっして無駄遣いではありません。投資は将来なればなるほど経済的に豊かになっていける行為なのです。

 

なのでお金のことから自分の身を守るためにはまず、消費、浪費、投資の区別をすることがすごく大事です。みなさんもお金を使う前にこのことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 



 - 日記