仲邑菫の母は?天才少女を育てた教育法とは?

   

Pocket

 

囲碁界にスターが現れました!名前は仲邑菫(なかむらすみれ)さん。最年少囲碁のプロ棋士の記録を打ち立てた天才少女です。

 

その仲邑菫さん母親「仲邑幸(なかむらみゆき)さん」はどんな人なのでしょうか?

 

そして菫さんを育てた教育法とは?

 

Sponsored Link

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの母親は?

 

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの母親の名前は仲邑幸(なかむらみゆき)さんです。

 

母親の仲邑幸さんは昔、囲碁のインストラクターをされていました。囲碁のアマチュアとして5段から6段の実力を持っている母親の幸さん。囲碁を教える仕事をされていたということで囲碁の実力は相当高いと考えられますね。

 

そして幸さんの父親と妹も囲碁関係者だったのです。幸さんの父親は石井博光さんといい、埼玉県上尾市で「ソフィア囲碁研究会」という囲碁道場を営まれています。

 

幸さんの妹は石井茜3段で、囲碁のプロ棋士をされています。

 

幸さんも囲碁一家で育ったんですねー。

 

幸さんは母親としての家事をこなしながら菫さんの囲碁の相手をされていました。母親の幸さんは娘の菫さんが3才の時から囲碁を教えていました。

 

仲邑幸さんはみごと囲碁棋士になった菫さんを母親として誇りに思っていることでしょう。

 

 

仲邑菫さんの母親、幸(みゆき)さんの天才少女を育てた教育法は?

 

仲邑菫さんの母親、幸(みゆき)さんの天才少女を育てた教育法はモンテッソーリ教育法です。

 

教育熱心な母親として幸さんは菫さんを育てるにはモンテッソーリ教育が一番だと判断されその教育を行っている幼稚園に菫さんを通わせます。

 

モンテッソーリ教育法とは木製玩具と自主性がキーワードになります。

 

木製玩具はあの将棋のプロ棋士の藤井聡太7段が子供のころ遊んでいたということで話題になった「キュボロ」をはじめ様々な木のおもちゃを自由に子供たちは遊ぶことができます。

 

その時遊び方など大人が余計なことをいわないんです。遊び方は子どもに任せて自主性を育てていきます。

 

 

そして自主性を重んじることもモンテッソーリ教育法の特徴です。自由に遊び、学んでいく中で自主性を磨いていくんですねー。母親としてこの教育が菫さんにあっていると判断した仲邑幸さん。

 

その結果菫さんの才能は花開き最年少の囲碁のプロ棋士になることができました。モンテッソーリ教育法に注目が集まりそうです。

 

 

Sponsored Link

仲邑幸(なかむらゆき)さんの実力は?

 

菫さんの母、仲邑幸(なかむらゆき)さんの実力はアマチュアの5段から6段です。

 

このアマチュア5段から6段という棋力はアマチュアのなかでほぼトップクラスの実力があるということになります。

 

幸さんには普通の囲碁ファンだとまず歯が立たないでしょうね。毎日囲碁の練習をしているというい人でも勝てないでしょう。幸さんに勝つのはアマチュアのトップレベルかもしくはプロ棋士かというくらいです。

 

それくらいの高い実力をもっている幸さんは菫さんの最高の練習相手になりました。母親としてそして囲碁の師匠として幸さんなくては菫さんの現在は無かったことでしょう。素晴らしい母親です。

 

菫さんがプロ棋士になるということで母親として忙しくなるとおみもいますので体に気を付けて頑張ってもらいたいと思います。

 

 

以上、仲邑菫さんの母親である仲邑幸さんについてお伝えしました。

 

 



 - 囲碁