仲邑菫(囲碁)の経歴は?父親と母親の実力もすごい!

      2019/01/09

Pocket

 

囲碁界にスターが誕生しました!その名前は仲邑菫(なかむらすみれ)さん。

 

わずか小学4年生で囲碁のプロ棋士となられました。最年少プロ棋士の記録更新です!

 

今回は仲邑菫(なかむらすみれ)プロの経歴や父親と母親の囲碁の実力についてもご紹介します。

 

Sponsored Link

仲邑菫(なかむらすみれ 囲碁)さんのプロフィールと経歴&性格は?

 

仲邑菫(なかむらすみれ 囲碁棋士)さんのプロフィールと経歴&性格をご紹介します。

 

仲邑菫さんのプロフィール

 

・生年月日   2009年3月2日

・年齢     9才

・幼稚園    モンテッソーリ教育を受ける

・小学校    大阪市立高見小学校4年生

・出身     大阪府大阪市此花区(これはなく)

・父親     仲邑信也(なかむらしんや)九段 プロの囲碁棋士

・母親     仲邑幸(なかむらみゆき)元囲碁のインストラクター アマチュア5段

・好きな科目  体育

・好きな食べ物 焼肉、キムチチゲ鍋

・特技     韓国語 かなり流ちょうにしゃべれ、両親の通訳もこなす

 

 

父親も母親も囲碁関係者だったんですねー。特に父親の仲邑信也九段は過去にタイトル戦でも優勝経験のある囲碁界でもトップクラスの実力を持つプロ棋士です。

 

こんなすごい実力をもつ父親に囲碁を教えてもらっていた仲邑菫さんは強くなるはずですよねー。

 

仲邑菫さんの性格

 

・負けず嫌い(囲碁に負けると大泣きしていた)

・とても気が強い(父親談)

・きつすぎる(母親談)

 

父親と母親の話によるとこのような性格です。

 

囲碁の世界で生きていくためにはこのくらいの性格がちょうどいいと思います。

 

母親は囲碁の元インストラクターの仲邑幸(なかむらみゆき)さんです。

 

 

仲邑菫さんの経歴

 

・3才のとき母親の幸(みゆき)さんから囲碁を教わる

・2014年 関西アマ女流囲碁名人戦Bクラスで優勝

・2016年 少年少女の囲碁の全国大会に出場

・7才のとき一家そろって韓国のソウルで囲碁の武者修行

・韓国語をマスター、両親の通訳を務める

・韓国の囲碁の名門「ハンジョンシン」という囲碁道場で修行

・韓国で小学校低学年の囲碁チャンピオンになる

・2017年 関西棋院の院生となる

・2018年7月 ネット囲碁大会無差別クラス(アマ女子)で優勝

・10才(2019年1月5日現在は9才)で「英才特別採用」の第一号で囲碁棋士としてプロ入り

※仲邑菫さんは2019年4月1日より囲碁のプロ棋士になられます。

 

 

 

仲邑菫さんは囲碁で以上のようなすごい経歴をすでにお持ちです。9才にしてこの実績はすごいとしかいえません!

 

2019年1月5日に行われた会見では笑顔で「がんばります。これからよろしくお願いします。」とコメントされた仲邑菫さん。なんともかわいいプロの囲碁棋士の誕生ですね!

 

仲邑菫

 

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの父親と母親の実力もすごい!

 

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの父親と母親の実力もすごいんです。

 

仲邑菫さんの父親

 

仲邑菫さんの父親は囲碁のプロ棋士の仲邑信也(なかむらしんや)九段です。

 

仲邑菫さん父親のプロフィール

 

・生年月日 1973年4月10日生まれ

・年齢   45才

・出身   大阪府

・プロ期間  27年

・段位   九段

・所属   日本棋院関西総本部

・獲得タイトル数  1

・第21期新人王戦 準優勝

・第13期NEC俊英トーナメント 優勝

・平成8年 松原賞受賞

・平成18年 棋道賞 勝率第1位賞

・平成18年 通算400勝達成

 

と日本を代表する囲碁棋士のひとりです。仲邑信也九段の実力はトップクラス。その囲碁界トップクラスの実力者である父親とわずかなハンデで囲碁をずっと打っていた仲邑菫さんがめきめきと囲碁の実力を上げいったのは納得ですね!

 

仲邑信也九段も「この子は末恐ろしい・・・」と思ったそうです。

 

仲邑菫さんの母親

 

仲邑菫さん母親のプロフィール

 

・名前  仲邑幸(なかむらみゆき)

・出身  埼玉県上尾市

・妹   石井茜さん、プロの囲碁棋士 3段

・実力  アマチュアの強豪。母親の幸さんも囲碁の実力は相当高いのです。

・段位  アマ5段から6段の実力をお持ちです。

 

・仕事 現在はされていませんが昔は囲碁のインストラクターをされていました。

 

囲碁を教えてもらいたい、実力を上げたいという人に教えていた母親の幸さんの実力はプロとまではいきませんがアマチュアのなかで相当な実力だと考えられます。

 

そんなすごい囲碁の実力の両親から生まれた仲邑菫さんは天性の囲碁の才能を持っているといっていいでしょう。父親と母親のためにもプロ棋士としてどんどん活躍してもらいたいですね!

 

 

Sponsored Link

 

 

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの実力は?

 

仲邑菫(なかむらすみれ)さんの実力はもはや囲碁のプロ棋士とそん色ありません。プロとほぼ同じ実力があるといっていいでしょう。

 

2019年1月6日に行われた井山裕太5冠との記念対局で仲邑菫さんはなんと引き分けに持ち込みました!現役最強棋士の井山裕太5冠王にたいして少しのハンディはあったものの引き分けにするなんて本当似菫さんはすごい実力の持ち主です!

 

井山裕太5冠も

 

昨年打った時と比べ物にならないくらいつよい。男性に交じっても天下を狙える

 

と将来自分のライバルになるかもしれない小学4年生の仲邑菫さんの実力を高く評価しました。

 

さらに韓国の名門「ハンジョンジン」囲碁道場を主催する「ハンジョンジン九段」は

 

すみれの才能は現在の女流世界一のチェ・ジョンに劣らない。むしろ上達スピードは早い。

 

と絶賛。

 

 

さらに日本のトップ棋士「張う」名人も

 

衝撃的でした。想像以上にすごい子。井山裕太5冠の当時の彼より実力は上

 

とこちらも仲邑菫さんのことを絶賛していました。

 

韓国のトップ棋士と日本のトップ棋士が認める仲邑菫さんの実力は我々の想像を超えるものを持っているかもしれません。

 

しかし仲邑菫さんはまだ9才、小学4年生です。囲碁の実力はすでにプロ級のものを持っているとはいえまだまだ子供です。仲邑菫さんに過度の期待や過剰の取材で菫さんが混乱しないように見守る事が必要です。

 

いずれ仲邑菫さんは囲碁界の大スターになります。その大スターがのびのびと囲碁を打てる環境づくりも周りの大人たちの責任です。

 

その辺も日本棋院の方々は十分に理解されているはずですので我々ファンはあたたかく見守っていきましょう。

 

 



 - 囲碁