内島萌夏(テニス)の経歴は?身長や高校を紹介!ハーフって本当

   

Pocket

 

内島萌夏さんという女子テニスの選手をみなさんご存知ですか?

 

大坂なおみ2世とも呼ばれる実力を秘めている17才の高校生なんです!

 

今回は内島萌夏選手の身長や高校など経歴、さらにハーフという話についてもご紹介します。

 

Sponsored Link

内島萌夏(テニス)の身長や高校など経歴は?

 

内島萌夏(テニス)の身長や高校など経歴をご紹介します。

 

内島萌夏(うちしまもゆか)選手は2001年8月11日生まれで年齢は17才、身長は172cm、高校は一ッ葉高等学校という定時制の学校に通われています。

 

最近ではドワンゴが運営している「N高等学校」も定時制として有名ですね。定時制高校のほうが自分の夢に向かって努力しやすい環境なんですねー。

 

ちなみに内島萌夏選手の中学は東京都にある小平市立第2中学校です。この中学は普通の中学にはない「硬式テニス部」があります。

 

通常は中学のテニス部は「軟式」ですが小平市立第2中学は「硬式テニス部」がある珍しい中学なんです。しかも東京都内でも相当にレベルの高いテニス部ですので内島萌夏選手はこの中学校でテニスの練習に明け暮れ実力を伸ばしていきます。

 

そして内島萌夏選手の出身はマレーシア、現在は日本に住んでいます。所属クラブは「昭和の森ジュニアテニススクール」、東京オリンピック出場に向けてハードな練習をされているテニス漬けの毎日です。

 

 

 

【内島萌夏選手の経歴】

 

・中学生テニス選手権 優勝

・日本ジュニアテニス(18歳以下) 優勝

・グランドスラムジュニア  優勝

・カンガルーカップ  準優勝

 

とすごい経歴を持っています。大坂なおみ2世と呼ばれるだけありますね。

 

内島萌夏選手は2017年の5月にはカンガルーカップで日本の女子テニスでトッププレイヤーの一人奈良くるみ選手をあと一歩のところまで追い詰めて準優勝を飾りました。

 

16才、現役高校生で国際女子テニス「カンガルーカップ」で準優勝ですからかなりすごいことです。しかし内島萌夏選手自身は試合後のインタビューで涙をながしながら悔しがりました。準優勝でも満足しない意識の高さもすごいです!

 

 

 

内島萌夏選手はハーフ?

 

内島萌夏(うちしまもゆか)選手は日本人の父親とマレーシア人のハーフです

 

マレーシアで生まれて現在は東京都に住んでいます。ちなみにマレーシア時代は全くテニスはされていませんでした。テニスを始めたのは日本に帰国されてからです。

 

ところで最近はスポーツ界でもそのほかのいろいろな分野でもハーフの人たちの活躍が目立ちますね。

 

テニスでいえばもちろん、大坂なおみ選手。アメリカ人の父親と日本人の母親を持つ大坂なおみ選手は2018年のテニスの4大メジャー大会のひとつである全米オープンで日本人初制覇を達成しました。なおみフィーバーが凄かったですね!

 

男子のテニスプレイヤーでハーフといえばダニエル太郎選手。世界のトップ選手であるジョコビッチ選手に勝ったことで一躍注目を浴びました。

 

内島萌夏選手も同じハーフである大坂なおみ選手につづいて海外の試合でどんどん優勝してもらいたいですね!

 

Sponsored Link

内島萌夏選手の世界ランキングは?

 

内島萌夏選手のテニスの世界ランキング(2018年5月)は385位です。

 

ちなみに大坂なおみ選手の世界ランキングは5位です。やっぱりすごいですねー。

 

 

内島萌夏選手が東京オリンピックに出場するためには世界ランキングももっと上げる必要があります。(テニスはオリンピック選考会的なものはありません。)

 

 

オリンピックを目指すなら最低世界ランキングを56位以内にしなければいけません。

 

なので内島萌夏選手はあと330位くらいはランキングあげる必要があるんですね。なんだか途方もなく遠い感じもしますが内島萌夏選手は現在、メキメキと実力を伸ばしていますからテニスの大会でひとつ優勝するだけで世界ランキングは一気に上昇しますのでぜひ頑張ってもらいたいですね。

 

そして東京オリンピックの次はやはりテニスのグランドスラム制覇でしょう!2018年は全米オープンで大坂なおみ選手が優勝という日本人初の快挙を成し遂げてくれました。

 

内島萌夏選手も将来、大坂なおみ選手に続いてテニスの海外メジャー大会での優勝をぜひ達成してもらいたいですね。



 - スポーツ