出岐雄大(青山大学)の現在&引退した理由は?勝負飯はカステラ?

   

Pocket

 

出岐雄大(できたけひろ)さんという青山大学史上最高の天才ランナーがいたってみなさんご存知ですか?

 

あの3代目山の神として有名な神野大地さんが絶対に勝てなかったという出岐雄大さんの現在は?

 

 

そして陸上を引退してしまった理由とは?出岐雄大さんの勝負飯についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

出岐雄大(青山大学)の現在は?

 

青山大学出身の出岐雄大(できたけひろ)さんの現在は中部電力で会社員をされています。

 

出岐雄大さんは現在陸上選手を引退されて一般の社員として中部電力でお勤めです。

 

しかし現在までの出岐雄大さんの道のりは決して平たんな物ではありませんでした。小学校時代は野球、中学時代はサッカーをしていましたが高校時代臨時で駅伝の大会に出場したのが駅伝を始めたきっかけでした。

 

その後インターハイで好成績を残した出岐雄大さんは青山学院大学の原晋(はらすすむ)監督から熱心なオファーを受け青山学院大学へ入学します。

 

青山学院大学で大学駅伝界のNO1の選手にまで上りつめた出岐雄大さんでしたが大学卒業後わずか3年で陸上選手を引退されることになりました。

 

そして現在は陸上競技をもうされていません。いったい出岐雄大さんになにがあったのでしょうか?

 

出岐雄大

 

出岐雄大(青山大学)が陸上を引退した理由は?

 

出岐雄大さん(青山大学)が陸上を引退した理由は「燃え尽き症候群」です。

 

出岐雄大(できたけひろ)さんにとって一番の目標は箱根駅伝で青山学院大学を優勝させることでした。結果出岐雄大さんが大学在学中は青山大学は箱根駅伝で優勝できませんでしたが現在の躍進の基礎を作ったのは出岐雄大さんでした。

 

とにかく箱根駅伝が一番の目標になっていた出岐雄大さんは大学を卒業することで目標を見失ってしまったのです。

 

「このあと自分は何を目標にすればいいのだろう?」

 

と相当悩まれたと思います。

 

その目標を失ってしまったことが燃え尽き症候群につながっていき出岐雄大さんが陸上を引退する理由になりました。箱根駅伝は日本お正月の風物詩として視聴率もすごいのですが人気がありすぎるがゆえに弊害もあるということでしょう。

 

Sponsored Link

 

出岐雄大(青山大学)の勝負飯はカステラ?

 

出岐雄大さん(青山大学)勝負飯は祖母から送られてくる福砂屋のカステラです。

 

駅伝の試合前に栄養補給としてバナナやバウムクーヘンなどが良いと知っていた出岐雄大さんでしたが長崎県出身なのでおばあちゃんから送ってもらう福砂屋のカステラを食べていました。

 

出岐雄大さんが言うにはほかのお店のカステラと違って福砂屋のカステラは生地がふわふわでしっとりしているのでウォーミングアップの前に食べても持たれないそうです。

 

カステラを勝負飯にするなんてさすが長崎県出身ですね。

 

出岐雄大さんの経歴は?

 

出岐雄大さんの経歴をご紹介します。

 

出岐雄大(できたけひろ)さんは1990年4月12日生まれで年齢は28才、長崎県出身、高校は長崎県立北陽高校、大学は大山学院大学です。

 

小学校は野球、中学はサッカーをしていた出岐雄大さんはもともと走るのがあんまり好きではありませんでした。しかし足が速かった出岐雄大さんは助っ人として北陽高校時代に駅伝の試合に出場します。

 

そして高校時代にインターハイでの活躍を認められ青山学院大学の原晋(はらすすむ)監督からスカウトされ青山学院大学に入学することになりました。

 

【出岐雄大さんの箱根駅伝での成績】

 

・大学1年・・・1区を任される。区間9位。青山学院大学のシード権獲得に貢献。

 

・大学2年・・・2区で村澤や鎧坂といった駅伝のスター選手達を相手に11人抜きの快挙。

 

・大学3年・・・2区で大迫、村山よりも速く、区間賞をゲット。

 

・大学4年・・・ふくらはぎの怪我で実力を発揮できず。10区を任される。青山大学は8位。

 

 

という感じで出岐雄大さんは大学3年生の時に駅伝界のエース,NO1の選手になりました。原晋監督の目には狂いはなかったということですね。

 

箱根駅伝ですべてを出し尽くした出岐雄大さんは社会人になられましたが現在は陸上選手を引退されています。箱根駅伝が出岐雄大さんのなかですべてだったんでしょうね。

 

 

以上、出岐雄大さんの現在、引退理由、勝負飯、経歴についてお伝えしました。

 

 



 - スポーツ