白川裕二郎力士時代の生活は?年収や引退理由も紹介!

   

Pocket

 

2018年の紅白歌合戦にも出場することが決定した純烈ですがその純烈のなかで異彩を放っているメンバーがいます。

 

そのメンバーは白川裕二郎さん。元力士の肩書を持つ白川裕二郎さんの力士時代の生活はどのようなものだったのでしょうか?

 

されに力士時代の白川裕二郎さんの年収や引退理由もご紹介します。

 

Sponsored Link

白川裕二郎さんの力士時代の生活は?

 

白川裕二郎さんの力士時代の生活をご紹介します。

 

白川裕二郎さんの力士時代の生活は先輩力士たちの雑用で一日が終わるという生活でした。

 

具体的には・・・

・掃除

・洗濯

・食事の準備

・ウォーミングアップの相手

・荷物を運ぶ

・風呂での背中流し

・マッサージ

などなど十両になるまでの力士たちはこのような雑用に追われることになります。

 

 

白川裕二郎さんの番付は序二段でしたからもちろんこの雑用をしていました。食事の準備いわゆる「ちゃんこ番」や上位力士の部屋の掃除など毎日忙しかったに違いありません。

 

ちなみに相撲の世界(角界)は6つの階級に分かれています。

 

・幕内

・十両

・幕下

・三段目

・序二段

・序の口

 

という感じです。

 

白川裕二郎さんは下から2番目のクラス「序二段」で99枚目(99位)でした。なので雑用の毎日を過ごしていました。実際に白川裕二郎さん本人も先輩力士の部屋の掃除をしたあと掃除ができてないという理由でグーでたたかれたことがあったと発言されています。

 

今、そういうことが起こったら大問題になりそうですが昔はそんなことは普通だったんでしょうね。

 

ということで白川裕二郎さんの力士時代の生活は雑用ばかりだったということです(>_<)つらいですね・・・

 

白川裕二郎

 

白川裕二郎さんの力士時代の年収はいくら?

 

白川裕二郎さんの力士時代(序二段)の年収は約60万円です。

 

内訳は序二段の力士はひと場所ごとに8万円もらえます。それが一年に6場所あるので・・・

 

8万円×6=48万円

 

さらに勝ち星の数によって報奨金がもらえますのでそれが年間約10万円ほどあります。

 

合計すると約60万円になります。白川裕二郎さんの力士時代(序二段)の年収は60万円ということでこの金額は少ないですね(>_<)

 

もちろん三段目、幕下、十両と昇進していけば年収もアップします。ちなみに横綱になると年収が給料だけで3000万円ほどもらえます。もちろんそのほかにも収入はたくさんありますが・・・

 

出世しないと給料や年収が上がらないという厳しい世界に白川裕二郎さんはいたんですねー。

 

年収60万円・・・めちゃくちゃ少ないですが住むところは親方のところですし、電気、ガス、水道、食事代すべて親片持ちでさらに力士は雑用で忙しいですから白川裕二郎さんも年収60万円を使う暇がなかったでしょうね(^_^;)

 

Sponsored Link

 

白川裕二郎さんが力士を引退した理由とは?

 

白川裕二郎さんが力士を引退した理由とは怪我と食事です。

 

まず怪我ですが白川裕二郎さんは腰を痛めたのが引退の一番の理由です。相撲取り同士の立ち合いをみなさんもテレビとかで一度は見たことがあると思います。

 

あれは毎回軽い交通事故にあっているくらいの衝撃なんですよ。力士の丈夫な体だから耐えることができますが一般のひとが力士の立ち合いの衝撃をくらうと一発で病院直行です。

 

白川裕二郎さんは立ち合いの練習などをしていくうちに自分の腰にすごく負担をかけていたのでしょう。結果腰をケガしてしまうということになってしまいました。

 

引退することになったもう一つの理由は体重を増加させるための食事がきつかったという理由です。

 

世の中の人のおおくはダイエットをして自分の体重を減らしたいと思っています。しかし力士は逆に体重を増やさなくてはいけません。これがきついんです(>_<)

 

毎日、一升(ごはん茶碗で約23杯分!!)のご飯を食べ、ちゃんこ鍋も食べ、さらにはプロテイン入りの特性ドリンクも飲まなくてはいけません。

 

もう食べれないのに無理して食べるのはある意味ダイエット以上にきついかもしれません。これが精神的にもかなりきついという理由で白川裕二郎さんは力士を引退されました。

 

しかし白川裕二郎さんが力士を引退されたことで芸能界にデビューされ、現在では純烈で紅白歌合戦に出場するほどまでになりました。人生なにがきっかけになるか予想ができませんね。


ということで今回は白川裕二郎さんの力士時代の生活、年収、引退理由などをご紹介しました。



 - 純烈