小田井涼平の仮面ライダーゾルダってどんな役?身長や体重など経歴も紹介!

   

Pocket

 

2018年のNHK紅白歌合戦にも出場が決まったムード歌謡グループ「純烈」のメンバー小田井涼平(おだいりょうへい)さんが仮面ライダー龍騎に出演されていたってみなさんご存知でしたか?

 

今回は小田井涼平さんが演じていた仮面ライダーゾルダという役についてお伝えしていきます!

 

さらに仮面ライダーゾルダの最後や小田井涼平さんがヒーロー大戦にも出ていた件についてもご紹介します。

 

Sponsored Link

小田井涼平の仮面ライダーゾルダってどんな役?

 

小田井涼平(おだいりょうへい)さんが演じる仮面ライダーゾルダは「スーパー悪徳弁護士」(本人談)という役です。

 

役の中での名前は北岡秀一(きたおかしゅういち)です。この北岡は実は不治の病に侵されていてその病に対抗するためにいわば仕方なく仮面ライダーになったというかなり珍しい設定です。

 


 

 

仮面ライダーに改造されると一応「永遠の命」が手に入るということになっています(^_^)しかし悪役たちとの激しいバトルでやられてしまうライダーもいますので永遠の命とは言えないかもしれませんね(笑)

 

小田井涼平さんの仮面ライダーゾルダは弁護士ということで冷静で落ち着いているという感じを一見受けますが告白した令子に振られて寝込んでしまったり、大病人の手術費用を立て替えたりと感情で動いてしまうことも多いです。

 

仮面ライダー龍騎とも互角の実力を持ち主役の龍騎ともバトルを繰り広げていきますが・・・元弁護士という職業だからか戦いがむなしくなって去っていくという論理的な一面も見せます。

 

小田井涼平さんはこの仮面ライダーゾルダ役がヒットしこれ以降俳優として注目され仕事が増えていきます。それにしても小田井涼平さんってイケメンですね!

 

小田井涼平

 

 

小田井涼平が演じる仮面ライダーゾルダの最期とは?

 

小田井涼平さんが演じる仮面ライダーゾルダの最後は淵の病が進行してソファーで眠るように天国へと旅立ってしまうのですが・・・どうみても最期の場面ってかんじですよね(^_^;)しかし実はゾルダは生きていたんです!

 

これは最終回エピローグで放送されたのですが小田井涼平さんのゾルダが普通に出てきます。復活した理由は詳しくは語られませんが・・・。

 

思いを寄せる令子に対して「スーパー弁護士ですから」と発言しています。スーパー弁護士だから復活したということなんでしょうね(^_^;)

 

 

Sponsored Link

 

小田井涼平の身長や体重など経歴も紹介!

 

小田井涼平さんの身長は188CM、体重は80KGということでめちゃくちゃ身長が高いですね!スタイル抜群です。

 

小田井涼平さんは1971年生まれで年齢は47才、血液型はA型、兵庫県の出身です。2002年に仮面ライダー龍騎でゾルダ役で俳優デビュー。その後

・機動戦士ガンダム

・ウルトラマンマックス

・ウルトラセブンX

・はみ出し刑事情熱系 最終章

などなど有名ドラマに引っ張りだこの状態になりました。はやり仮面ライダーの出演がきっかけになってブレイクしたという感じですね。

 

そして2018年には「純烈」で念願の紅白歌合戦に初出場されます!この紅白でまた一段と活躍されることになるでしょう。小田井涼平さんの今後に大注目です。

 

 

 



 - 純烈