八王子将棋クラブ出身のプロ棋士は誰?経歴を紹介!

   

Pocket

 

数々の将棋のプロ棋士を輩出してきた八王子将棋クラブがついに閉店しました。

 

非常に残念ですが・・今回はその八王子将棋クラブ出身のプロ棋士の経歴を紹介!

 

そして八王子将棋クラブの席主である八木下征男さんについてお伝えします。

 

Sponsored Link

八王子将棋クラブ出身のプロ棋士は誰?経歴を紹介!

 

八王子将棋クラブ出身のプロ棋士は誰がいるのでしょう。八王子将棋クラブ出身のプロ棋士の経歴をご紹介します。

 

羽生善治九段・・・1970年12月18日生まれで年齢は48才、埼玉県所沢市出身、1985年15才の時にプロ4段デビューしました。通算タイトル獲得数は前人未到の99期!8大タイトルで叡王意外の7つの永世称号を持つ現在進行形の伝説の人物です。

 

阿久津主税八段・・・1982年6月24日生まれで年齢は36才、兵庫県西宮市出身、1999年17才の時に4段プロデビューしました。朝日オープンと銀河戦で合計2回の一般棋戦で優勝しています。不利になると早めに投了(負けを認めること)が早いことが有名です。

 

中村太地7段・・・1988年6月1日生まれで年齢は30才、2006年に17才でプロ4段デビューしています。東京都府中市出身、8大タイトルの一つ「王座」を2017年に獲得しています。イケメンでメディアへの露出が多くイケメンで東の王子とも呼ばれています。

 

村山慈明7段・・・1984年5月9日生まれで年齢は34才、序盤の超達人。序盤は村山に聞け!でおなじみです(笑)2015年のNHK杯での優勝が印象的でした。

 

 

髙﨑一生6段・・・1987年2月12日生まれで年齢は31才、宮崎県日南市出身、2005年に18才でプロデビュー。棋風は振り飛車を指すことが多いです。しかし近年のAIの発達でプロの間では振り飛車が不利という状況になってきました。今後の髙﨑6段が振り飛車を続けていくのか注目です。

 

長岡裕也5段・・・1985年8月18日生まれで年齢は33才、東京都八王子市出身。羽生善治九段も認める序盤の達人。絵本作家の「こころ得絵作家みどり」さんは長岡裕也5段の妹です。

 

及川琢磨6段・・・1987年5月6日生まれで年齢は31才、2007年20歳の時に4段プロデビューしています。埼玉県出身。女流棋士の上田初美女流4段と2013年にご結婚されています。

 

益田康宏6段・・・1997年11月4日生まれで年齢は21才、2014年に16才で4段プロデビュー。16才でのプロは相当に早いです。天才といってもいいでしょう。藤井聡太7段のライバルになるかも(^_^)

 

伊藤真吾5段・・・1982年1月4日生まれで年齢は36才、東京都八王子市出身、第60回NHK杯で八王子将棋クラブの大先輩である羽生善治九段と対戦し惜しくも負けています。

 

大橋貴洸4段・・・1992年9月22日生まれで年齢は26才、2016年に24才の時にプロデビュー、和歌山県新宮市出身、幼稚園に入る前に東京に引っ越しをして八王子将棋クラブに通っていました。かなりの強豪。藤井聡太7段のライバルです。

 

 

 

 

八王子将棋クラブ席主の八木下征男(やぎしたゆきお)さんとは?

 

八王子将棋クラブの席主の八木下征男(やぎしたゆきお)さんとはいったいどういう人物なのでしょうか。

 

 

八木下征男さんはかつて会社員をされていました。しかし将棋が好きで好きなことで生計を立てたいという思いから八王子に将棋クラブを開設します。サラリーマンだった八木下さんが脱サラして作ったクラブ、それが「八王子将棋クラブ」です。

 

しかし一日の子供の席料が500円と格安なので将棋が好きな子供たちには嬉しですが席主の八木下さんにとっては経営は決して楽では無かったはずです。

 

永世7冠王の称号を持つ羽生善治九段も「八王子将棋クラブ、八木下さんに出会わなければ将棋をしていなかった」とまで言っています。伝説的な棋士を生み育んだ八木下さんの功績は計り知れません。

 

昔は将棋クラブというのは怖い大人たちがたくさんいて子供は入りずらいところもありました。しかし八木下さんの子供が将棋を気軽にしやすい雰囲気づくりに配慮した結果たくさんのプロ棋士たちが巣立っていきました。

 

プロになった棋士もアマチュアの棋士達もみんな八木下さんを下って八王子将棋クラブに通っていました。今回建物の老朽化と八木下さんの体調面を理由に閉店するということで大変残念ですが八木下征男さんにはお疲れ様でしたというしかありませんね。

 

Sponsored Link

 

八王子将棋クラブの閉店はいつ?

 

八王子将棋クラブの閉店は2018年12月23日の午後5時をもって閉店しました。羽生善治九段をはじめ多くのプロ棋士を輩出した名門クラブの閉店は残念でしかありません。

 

閉店の理由はうえで述べましたが、建物の老朽化と席主の八木下征男さんの体調面での不安です。八王子将棋クラブは12月23日に閉店しましたので今後はもうここでは将棋は指せない・・・。そう考えるとなんだか寂しいですね。

 

竜王を奪われたばかりで精神的にも体力的にも相当披露しているはずの羽生善治九段も八王子将棋クラブ最後の日に来店してくれました。

 

八王子将棋クラブが閉店する午後5時まで子供たちを将棋を指していた羽生善治九段の思いやりのあるやさしい人柄が出ていますね。

 

 

少子化や、インターネット将棋対戦の普及でリアルで将棋を指す人達が減ってきたのも閉店の原因の一つかもしれません。本当に寂しいですが八王子将棋クラブと席主の八木下征男さんには本当に感謝です。ありがとうございました。



 - 将棋