片山陽介(ボクシング)現在の仕事は?高校時代に山中慎介を圧倒!

   

Pocket

 

神の左を持つ男という異名を持つ山中慎介が高校時代にまったく勝てない相手がいたってみなさんご存知ですか?

 

本記事は山中慎介が勝てなかった天才ボクサー・片山陽介さんについてご紹介します。

 

 

山中慎介が恐れていた理由についても迫っていきます。

 

 

Sponsored Link

片山陽介(ボクシング)の現在の仕事は?

 

元ボクシング選手である片山陽介さんの現在の仕事はボクシング関係のお仕事をされている可能性が高いと思います。

 

理由は南京都高校ボクシング部OBとしてボクシングのイベントに参加されているからです。この時のイベントはWBA世界スーパーバンタム級の新チャンピオンの武元さんの記念式典でした。

 

そして片山陽介さんは式典の舞台に立ちスピーチしていることが確認できました。なので現在もボクシングに関係する仕事をされている可能性が高いんじゃないかなと思います。その仕事を副業の形でされているのか本業として一本でされているのかわかりませんが・・・。

 

もちろんボクシングと関係ない仕事をされている可能性もありますので片山陽介さんの現在の仕事の詳細がわかり次第追記します。

 

 

片山陽介は高校時代に神の左の異名を持つ山中慎介を圧倒!

 

片山陽介さんは南京都高校時代に山中慎介さんを圧倒していました。のちにプロボクサーになって勝ちまくりチャンピオンにまでなり神の左の異名を持つまでになった山中慎介さんがまったく勝てなかったというのは信じられません。

 

片山陽介さんは京都府でボクシングの名門とされている「南京都高等学校」のボクシング部の主将をされていました。ちなみに山中慎介さんと片山陽介さんは同じ高校でしかも同級生です。

 

のちにプロボクシングで世界のチャンピオンになるほどの逸材だった山中慎介さんがどうしても勝てない相手それが片山陽介さんだったのです。しかも二人の試合内容は片山陽介さんが圧倒していたといいます。

 

高校時代とはいえ、山中慎介をここまで圧倒できる実力がありながらなぜ片山陽介さんはボクシングを続けなかったのか・・・気になるところですが、これもわかり次第追記します。

 

とにかくわかっていることは高校時代は山中慎介さんより片山陽介さんのほうが強かったということになります。

 

Sponsored Link

 

山中慎介が片山陽介を恐れていた理由は?

 

山中慎介さんが片山陽介さんを恐れていた理由はおそらく2つあると思います。

 

1つ目は片山陽介さんの実力です。中学までは同年代に無敵状態だった山中慎介さんは南京都高等学校ボクシング部に入部してからおどろいたことでしょう。自分より実力がある片山陽介さんをはじめレベルの高い人たちがごろごろいいる状態に恐れをいだいていたと考えられます。

 

2つ目は片山陽介さんがヤンキーだったからかもしれません。当時の南京都高等学校はヤンキーが多かったそうです。そのヤンキーが多い高校のボクシング部といったら相当に怖い人たちがたむろしているという印象です。

 

そのボクシング部をまとめていた主将が片山陽介さんなのです。ということはボクシングもケンカも一番強い。

 

「ヤンキー」+「ボクシング」+「強い」

 

この3つの理由が組み合わさったら山中慎介さんでなくてもだれでも怖いですよね(^_^;)

 

 



 - スポーツ