小谷実可子が勝てなかった天才パートナーは?ペアを解消した理由とは?

   

Pocket

 

小谷実可子さんが勝てなかった天才パートナーがいたのですがみなさんご存知ですか?

 

小谷実可子さんはソウルオリンピック直前でその天才とパートナーを解消せざるを得なくなりました。いったいなぜなのでしょうか?

 

その理由と小谷実可子さんのプロフィールもご紹介します。

 

 

Sponsored Link

小谷実可子が勝てなかった天才パートナーは誰?

 

小谷実可子さんが勝てなかった天才パートナーは伊東恵さんです。

 

伊東恵さんは1966年3月6日生まれで年齢は52歳、東京都の出身です。和洋九段女子中学校、和洋九段女子高等学校、青山学院大学をそれぞれ卒業されています。

 

小谷実可子さんと伊東恵さんは1985年にペアを結成して数々の大会で結果を残しました。

 

・1985年 パンパシフィック大会、シンクロデュエット 優勝

・1985年 日本選手権 シンクロデュエット 優勝

・1986年 日本選手権 シンクロデュエット 優勝

・1986年 世界選手権 シンクロデュエット 3位

 

この成績はかなり優秀です。小谷実可子さんはペアを組んだ伊東恵さんのことを

 

私がないものをすべて持っている天才

 

と激賞しています。小谷実可子さんが勝てなかった天才パートナーの伊東恵さんってすごい人だったんですねー。

 

 

小谷実可子がソウル五輪直前に天才とペアを解消した理由とは?

 

小谷実可子さんがソウル五輪直前に天才パートナー、伊東恵さんとペアを解消した理由は二つ考えられます。

 

伊東恵さんのカナダ留学

伊東恵さんがソウル五輪のシンクロ予選でよい成績を残せなかった

 

①伊東恵さんのカナダ留学

小谷実可子さんは1985年から伊東恵さんとペアを組んでいます。伊東恵さんより1学年下の小谷実可子さんは伊東恵さんのことをかなり慕っていたようです。

 

その伊東恵さんがソウルオリンピック前年の1987年11月から5か月間もの間ひとりで留学することになったのには小谷実可子さんも驚いたことでしょう。その留学がペア解消の理由になった可能性があるのです。

 

ソウルオリンピックへ向けてペアとしてシンクロのデュエットの練習をしていこうと思っていた矢先ですからね。小谷実可子さんは伊東恵さんとのペアを解消したくなかったと思います。だけど仕方なく別の人と練習するしかなかった。これがペア解消のきっかけになったかもしれません。

 

②ソウルオリンピックの予選会での成績

 

シンクロのチームの方針として本番の直前に行われる予選の点数が高いほうが決勝のデュエットの選手に選ばれることを決めていました。

 

その予選で伊東恵さんは良い成績を残せませんでした。なので小谷実可子さんと伊東恵さんのペアは自然消滅した形になったのです。

 

上記した①の理由も②の理由も十分に考えられますが、第3の理由がある可能性もあります。ペアを解消した理由が明らかになればまた追記します。

 

Sponsored Link

小谷実可子のプロフィールを紹介!

 

小谷実可子(結婚後は杉浦実可子)さんのプロフィールを紹介します。

 

小谷実可子さんは1966年8月30日まれで52歳、東京都出身、日本文理大学理学部卒業、現在はスポーツビズに所属されています。

 

小谷実可子さんといえばやはりソウル五輪ですね!シンクロナイズドスイミング(現在はアーティスティックスイミング)でソロとデュエットでそれぞれ銅メダルを獲得しています。

 

1992年のバルセロナオリンピックのあと現役を引退。その後はスポーツコメンテーターの活動をされたり、日本オリンピック委員会で仕事をされたりと多方面で活躍されています。

 

伊東恵(シンクロ)の現在の生活は?なぜ小谷実可子とのペアを解消?

 

オリンピックでメダルを取る選手は引退してもすごいんですね!以上小谷実可子さんのプロフィールでした。



 - スポーツ