伊東恵(シンクロ)の現在の生活は?なぜ小谷実可子とのペアを解消?

      2018/12/16

Pocket

 

小谷実可子さんと田中ウルヴェ京さんのシンクロナイズドスイミング(現在はアーティスティックスイミング)の銅メダル獲得に沸いた1988年のソウルオリンピック。

 

実はもう一人の銅メダリストがいたのです!その人の名前は伊東恵さん。

 

本記事では伊東恵さんの現在の生活や、小谷実可子さんとのペアを解消した理由、そしてプロフィールをご紹介します。ぜひご覧ください。

 

Sponsored Link

伊東恵(シンクロナイズドスイミンング)の現在の生活は?

 

伊東恵さんはシンクロナイズドスイミング(現在はアーティスティックスイミング)の選手として活躍されましたが現在の生活はどのようなものでしょうか。

 

1988年のソウルオリンピックをもって引退された伊東恵さんはその後、シンクロと関係のない生活をされているようです。

 

シュノーケリング、エアロビクスを楽しんでいる

コンピュータグラフィックデザイナーを目指している

 

ということがわかっていますのでここからどんな生活を現在されているのか考えてみます。

 

シュノーケリングができる場所ということで伊東恵さんの自宅はどこかの海の近くだといえます。エアロビクスを楽しんでいるということですからどこかのエアロビクスの教室に通われている可能性があります。ということはあんまり地方の田舎ではないみたいですね。

 

そしてコンピュータグラフィックデザイナーの仕事は平均年収が300万円から500万円が一般的です。フリーになればもっと稼ぐこともできますし自宅でもできる仕事なので伊東恵さんは時間とお金に余裕がある生活をされていると考えられます。

 

伊東恵さんは現在、どこかの素敵な海岸の近くに自宅を構えCGデザイナーとして時間とお金に余裕がある生活を送られているのではないでしょうか。あくまでこれは私の予想ですので分かり次第追記します。

 

伊東恵がなぜソウル五輪直前に小谷実可子とのペアを解消?

 

伊東恵さんがなぜソウル五輪直前に小谷実可子さんとのペアを解消したのでしょうか?理由はカナダへの留学がカギとなります。

 

オリンピックを目指すことはすごく大変です。体力的にも精神的にもすごくつらい。しかも大多数の国民がメダルを期待しているというハンパないプレッシャーは想像もできないくらいすごいのです。

 

伊東恵さんはその疲れ果てた心と体を回復させるためソウルオリンピックの前年1987年11月から5か月間カナダのカルガリーに単身留学します。シンクロ競技ではかなりの名門クラブですのでレベルの高い練習が期待できます。しかし日本を離れることによって日本人と一緒に練習はできなくなります。

 

つまり今までペアを組んできた小谷実可子さんとは5か月の間、練習ができなくなることを意味しています。

 

それでも伊東恵さんはカナダでの留学でメダルを取る事よりも大切なことが分かったそうです。それは「演技を楽しむ」ということです。この楽しむというすばらしい学びの代償として小谷実可子さんとのデュエットの練習ができずに解消へと向かうことになりました。

 

ソウルオリンピックでのシンクロデュエットの日本代表には小谷実可子さんと田中ウルヴェ京さんが選ばれて予選で点数が伸びなかった伊東恵さんは補欠にまわるという結果になってしまいました。小谷、伊東ペアは自然解消してしまう結果となったのです。

 

 

Sponsored Link

 

伊東恵のプロフィールを紹介!

 

伊東恵さんのプロフィールを紹介します。

 

伊東恵(いとうめぐみ)さん1966年3月6日生まれで年齢は52歳、出身は東京都、中学は和洋九段女子中学校、高校は和洋九段女子高等学校、大学は青山学院大学です。

 

8歳からシンクロを始めた伊東恵さんの成績を紹介します。

・1985年 1才年下の小谷実可子さんとペアを組みパンパシフィック大会で優勝

・1985年 1986年、日本選手権で2年連続優勝

・1986年 世界選手権シンクロデュエットで3位

と素晴らしい成績を残されました。

 

小谷実可子が勝てなかった天才パートナーは?ペアを解消した理由とは?

 

ソウル五輪でシンクロデュエットの補欠選手としての参加でしたが伊東恵さんが日本の銅メダルに大きく貢献したのは間違いありません。本当に素晴らしいことだと思います。

 

伊東恵さんについてのまとめ

 

以上伊東恵さんの

・現在の生活

・小谷実可子さんとのペアを解消した理由

・プロフィール

 

についてご紹介しました。ペアを組んでいた小谷実可子さんが

 

私にないものを全て持っている。天才。

 

と伊東恵さんのことを絶賛していました。小谷実可子さんの華々しい活躍の陰で小谷実可子さんに匹敵する天才がいたのですね。



 - スポーツ