伊野波雅彦がトラブルを起こしたポンジスキームとは?分かりやすく説明!

   

Pocket

 

サッカー元日本代表の伊野波雅彦さんが投資トラブルを起こしてしまった!?

 

北京オリンピックサッカー日本代表の梶山陽平さんから訴えられているという衝撃のニュースが飛び込んできました!

 

今回は伊野波雅彦さんが起こしたとされるトラブルの原因となった「ポンジ・スキーム」についてわかりやすく説明します。

 

Sponsored Link

 

伊野波雅彦がトラブルを起こした原因「ポンジ・スキーム」とは?分かりやすく説明します

 

伊野波雅彦さんがトラブルを起こしたとされる原因「ポンジ・スキーム」とは?変わりやすく解説していきます。

 

ポンジ・スキームとは自転車操業のようなサギの仕組みです。分かりやすく説明すると下の図のようになります。

 

お金を集める

お金の一部を投資家へ配当

新規投資家からお金を集める

以下同じ

 

図にすると非常に簡単ですね。新規顧客が来る限りお金が増え続ける。新規顧客が途切れるととたんにつぶれます。まさに自転車操業!

特徴的なのはお金を集めたあと、投資をしないというところでしょうか。(少しする場合もありますが)

 

もともと「ポンジ」というのは人の名前でした。「チャールズ・ポンジ」という詐欺師がいたんですねー。イタリア生まれでアメリカに移住して「ポンジ・スキーム」で当時のお金で数百万ドルも稼いだそうです。結局、詐欺罪で捕まったんですけどね。

 

ちなみにスキームというのは計画とか枠組みという意味です。

 

ポンジさんの詐欺の計画これが「ポンジ・スキーム」なんです。

 

やり方はお金を企業や個人から集めるだけ集めて投資をせず、集まった金額の一部を投資家に配当します。そして新たな投資家を探してお金を集めてその一部を投資家たちに配当する。これをただひたすらくり返すだけです。

 

新規の投資家が見つかる限りこの自転車操業的なサギは続いていきますが、大半は長期間は続きません。数か月やもって数年です。サギの張本人が途中でバックれるからです。

 

そうなると配当が止まり投資家たちが大騒ぎする。そして表ざたになるという感じです。

 

 

 

伊野波雅彦と実業家Xとの関係は?

 

伊野波雅彦さんが問題を起こしたとされていますが実は裏で実業家X氏が関係していたということが報道されています。伊野波雅彦さんは財テクに詳しいことで知られていますがおなじサッカー界で活躍している友人の梶山陽平さんをだますということは考えられません。

 

だって今後数年間は同じサッカー界で生きていくわけですから。伊野波雅彦さんと梶山陽平さんは友達とも言っていい関係です。

 

ということは実業家X氏が伊野波雅彦さんを利用して(あるいはだまして)資金を集めていたそういう関係性だった可能性が考えられます。

 

財テクに詳しい伊野波雅彦さんが財テクつながりで実業家X氏と知り合いになったと考えるのが自然です。そして伊野波雅彦さんに信頼してもらえるように伊野波雅彦さんにだけは本当に儲かるような対処をしたと考えられます。

 

そして二人の仲は接近していき今回の問題に発展してしましまったのでしょう。

 

Sponsored Link

 

伊野波雅彦を訴えた梶山陽平は今後どうなる?

 

伊野波雅彦さんを民事で訴えた梶山陽平さんは今後どうなるのでしょうか。

 

考えられるのは伊野波雅彦さんが梶山陽平さんの被害額の2500万円を支払うというものです。そうすれば梶山陽平さんは伊野波雅彦さんへの訴えを取り下げるでしょう。ただ今後の関係はぎくしゃくするでしょうけど。

 

もし梶山陽平さんの被害額の2500万円が支払わなければ泥沼の裁判が続いていくかもしれません。

 

とにかく今一番大事なのは音信不通になった実業家X氏を見つけて真相を語ってもらうことでしょう。うまい投資話はやっぱり怖いですねー。

 

 

 

 



 - スポーツ