葛西紀明が憧れた悲劇の天才ジャンパーは誰?経歴を紹介!

      2018/12/16

Pocket

 

日本のスキージャンプ界にもう一人のレジェンドがいた!?

 

あのレジェンド葛西紀明さんがあこがれる「日本国内で一番の天才」だった悲劇の天才ジャンパーは一体誰なんでしょうか?

 

その天才の経歴を紹介します。そして天才が起こした奇跡とは?

 

Sponsored Link

葛西紀明があこがれた悲劇のジャンパー天才はだれ?経歴を紹介!

 

葛西紀明さんが憧れた悲劇の天才ジャンパーは秋元正博さんです。

 

葛西紀明さんは秋元正博さんのことを

 

「(日本)国内で一番の天才

永遠のあこがれの方

 

とまで言っています。

 

レジェンド葛西紀明さんからここまで賞賛される秋元正博さんってどういう人物なのでしょうか?秋元正博さんの経歴をご紹介します。

 

秋元正博さんは1956年9月3日生まれで、年齢は62歳、北海道札幌市出身、高校は北海道岩見沢緑陵高等学校、大学は明治大学政治経済学部、1970年代から1980年代にかけて八木弘和さんと並んで日本のトップジャンパーとして活躍した人です。

 

秋元正博さんは1980年のレークプラシッド冬季オリンピック(アメリカニューヨーク州)でスキージャンプ70m級で見事4位入賞を果たされました!

 

メダルまであと0.7点、距離にして50cm足りないという非常に惜しい結果でした(>_<)しかしスキーのジャンプ競技は実力50%、運50%といわれるように実力があっても勝てないことがあるスポーツなのです。

 

その後秋元正博さんは1980年3月のストラブスケプレソ(チェコスロバキア)のスキージャンプW杯(90m)で優勝!オリンピックでの悔しさを晴らすことができました。この優勝は日本人が海外のジャンプ大会で優勝した初めての大会になったんですよ。

 

しかし秋元正博さんはこの後衝撃のアクシデントに見舞われます。

 

 

葛西紀明が憧れた悲劇の天才ジャンパーの衝撃のアクシデントとは?

 

葛西紀明さんが憧れた悲劇の天才ジャンパー「秋元正博さん」の衝撃のアクシデントとは「交通事故」です。相手の方は天国へ旅立たれ、ご両親は想像を絶する悲しみに苦しみます。

 

そして葛西紀明さんはこの事故を起こしてしまった影響で1年間の謹慎という処分をうけてスキージャンプの大会に出場できなくなりました。そして1984年のサラエボオリンピックにも出場できませんでした。

 

天才ジャンパーが起こしてしまった交通事故は人を一瞬にして不幸におとしいれます。とくにスポーツ選手なら運転に対するリスクを普段から考えなければならないということを思いました。

 

Sponsored Link

 

葛西紀明が憧れた悲劇の天才ジャンパーの人生を変えた少年は誰?

 

葛西紀明が憧れた悲劇の天才ジャンパー「秋元正博さん」。その秋元正博さんの人生を変えた少年がいるのですがいったい誰なのでしょうか。その少年とは中学時代の葛西紀明さんだと思います。

 

その中学生時代の葛西紀明さんに対して秋元正博さんは「おれよりうまい中学生がいる」とスポーツ記者に語っています。

 

秋元正博さんは1986年3月のオーストリアで開催されてフライング世界選手権で突然の突風に見舞われ着地に失敗。そして右足首を複雑骨折してしまいます。

 

苦しいリハビリ生活や復活するための厳しいトレーニングにたえられたのは自分よりうまい中学生「葛西紀明さん」に負けたくないという思いからだったのではないでしょうか。

 

秋元正博現在の生活は?学歴、経歴や葛西紀明との関係も紹介!

 

秋元正博さんの人生を大きく変えた少年は葛西紀明さんだったのでしょう。

 

 

 

葛西紀明が憧れた天才が起こした奇跡とは?

 

葛西紀明さんが憧れた悲劇の天才ジャンパー秋元正博さんが起こした奇跡は1985年の2月に札幌大倉山で行われたW杯で起きました。

 

一本目のジャンプが終わって秋元正博さんは7位、優勝はかなり厳しい順位です。しかも当時世界最強だといわれたマッチ・ニッカネン選手(フィンランド)も出場していました。

 

世界一の選手に2本目で逆転するのは相当に難しいと思われていました。しかし、ライバル選手たちが2本目で次々と失速していきます。雪がひどくなって悪天候になったためです。

 

秋元正博さんも悪天候の影響で点数が伸びないと思われていました。しかし・・・秋元正博さんはその悪天候をものともせず大ジャンプを決めてくれました!まさに奇跡!

 

結果は大逆転優勝!あのニッカネン選手に勝利しての優勝ですので非常に価値は高いです。この奇跡の逆転優勝ができたのも秋元正博さの最後まであきらめない精神があったからでしょう。

 

スポーツに「たら」や「れば」は禁物ですが、もし秋元正博さんがサラエボオリンピックに出場できていればメダルを獲得できていたかもしれないとつい思ってしまいますね。



 - スポーツ