竹俣紅の引退理由&森内俊之師匠との確執は?今後の活動も予想!

   

Pocket

 

竹俣紅女流初段が衝撃の引退表明!2019年3月末をもって引退されるということですが将来を期待された女流棋士にいったいなにが起こったのでしょうか?

 

竹俣紅女流初段の引退の理由に迫ります!

 

そして竹俣紅女流初段と森内俊之師匠との確執の有無と今後の活動も予想してみました。

 

Sponsored Link

 

竹俣紅女流初段の引退理由は?

 

竹俣紅女流初段が2019年の3月一杯をもって将棋連盟を退会、引退される予定です。非常に残念ですが引退の理由に迫ってみたいと思います。

竹俣紅女流初段の引退理由は日本将棋連盟への不信感と将棋へのモチベーションの低下だと考えます。

それぞれの理由について説明していきますね。

 

理由その①日本将棋連盟への不信感

 

竹俣紅さんは非常に頭のいい方です。大学は早稲田大学の政治経済学部なのでかなり優秀です。なので日本将棋連盟の非効率な部分に不信感を持っていたのではないでしょうか。

 

具体的には「記録係」です。記録係とはプロの対局を紙に書いたりして記録を取っていくというものです。これが非常に時間が長いんです(>_<)午前中から夜になるまで終わらないこともあります。プロの対局を長時間記録していくのは勉強になる反面、時間の無駄といえなくもありません。

 

私だったら記録係は喜んでしますけどね(^_^)だってあこがれの将棋のプロを近くで見れるのですからこんなにうれしい事はありません。ちなみに記録係の報酬は1日当たり9000円から1万円くらいです。でも長時間ですから時給に換算すると1000円行かないでしょうね。

 

竹俣紅さんにとっては時間の無駄とまでは言いませんが非効率だなあと思っていたことは十分に考えられます。長時間拘束されるのであれば将棋の勉強やその他の活動もしたいと考えるのは普通です。実際に過去に竹俣紅さんは記録係を断ったことがあります。

 

記録係を断った理由はわかりませんが、これに対して記録係を重んじる将棋連盟がかなり怒った可能性があります。これがきっかけで竹俣紅さんが将棋連盟に不満や不信感を持つようになりお互いの溝が埋まることなく引退になってしまったと考えられます。

 

理由その②将棋へのモチベーションの低下

 

竹俣紅さんが引退される理由として将棋へのモチベーション(やる気)の低下が考えられます。

将棋で結果を残すためにはひたすら将棋の研究をしなくてななりません。将棋のプロの中には起きている間は将棋の研究&練習をずっとしている人もいます。いやおそらく寝ている間も夢の中で将棋を指しているでしょう。

 

実際に私も将棋の研究をやりすぎて日常生活のあらゆるものが将棋の駒や盤に見えたり、夢の中で将棋を指していたりしました(>_<)今考えるとやばい状態ですね(笑)

 

それを毎日、何年間も、何十年間も将棋の勉強をし続けていかなければいけません。プロ棋士は将棋が大好きな人しか務まらない職業なのです。

 

でも竹俣紅さんは「なんとなく将棋のプロになった」とおっしゃっていますので将棋への愛がそこまでない状態でプロになったと考えられます。

 

これはある意味すごい才能なのですが・・・。それは置いておいて、とにかく将棋を続けていく上でつらい事や孤独に耐えていかなくてはなりません。なので将棋へのモチベーションが低下して引退ということになってしまったと思います。

 

 

竹俣紅女流初段と森内俊之師匠との確執は?

 

竹俣紅女流初段と森内俊之師匠との確執は無いと考えます。

 

理由は森内俊之九段は永世名人の資格をもち羽生善治竜王のライバルであり、将棋のプロたちが目標にするほどの立派な人格者です。

 

それほどの人物がひとりの弟子のちょっとした問題に腹を立ててなおかつ確執が生まれるような態度をとるとは到底思えません。しかし竹俣紅さんが過去に記録係を断ったことに対して将棋連盟が怒っていたことは十分考えられますのでそれをふまえて弟子の竹俣紅さんに師匠の立場から森内俊之九段が注意したというのが真相でしょう。

 

竹俣紅が破門されていない理由とは?森内俊之師匠との師弟関係は?

 

森内俊之九段は弟子の竹俣紅さんのことをよくわかっています。竹俣紅さんが大学に通っていたり、芸能活動をされていたり全部分かっていると思います。師匠の立場からちょっと記録係の件で注意したのをメディアが大きく「確執」と報道しただけだでしょう。

 

なので竹俣紅さんと森内俊之師匠との間に確執は無いと思います。

 

Sponsored Link

竹俣紅女流初段の今後の活動を予想してみます!

 

竹俣紅女流初段の今後の活動を予想してみましょう。

 

竹俣紅さんが将棋連盟を退会される予定が2019年の3月末です。そして2019年の4月からは大学3年生になります。おそらく将棋に関係する仕事はかなり減って大学での勉強とタレントとしての仕事が中心になるでしょう。

 

竹俣紅さんは大手の芸能事務所であるワタナベエンターテインメントに所属している人気タレントです。「Qさま!!」や「ネプリーグ」でもよく見かけますし、今後もタレントとしてテレビを中心に活動されていくと思います。

 

竹俣紅さんが早稲田大学の政治経済学部を卒業されるまであと2年ちょっと。この間は学業とタレントの活動をされていかれるでしょう。しかし大学を卒業してからがタレント一本でいくのかまたは就職してタレントを引退するのか、または一般企業につとめながら副業としてタレント活動をしてくのかは全くわかりません。

 

あと2年ちょっとの間に竹俣紅さん自身が結論を出されることでしょう。

 

竹俣紅女流初段のプロフィールを紹介

 

竹俣紅さんは1998年6月27日生まれで、年齢は20才、東京都の出身、中学は渋谷教育学園渋谷中学校、高校は渋谷教育学園高等学校、早稲田大学政治経済学部在学中、師匠は森内俊之九段です。

 

女流棋士の初段として活動するかたわら、ワタナベエンターテインメントに所属してタレントとしても活動されています。アイドルのようなかわいいルックスで非常に人気があります。

 

竹俣紅さんは将棋だけでなく盆栽にも興味があるということで2016年には雑誌「盆栽世界」で半年間連載をされていました。あんなにかわいい竹俣紅さんが盆栽をされている姿は想像ができませんね(^_^;)

 

ということで多彩な才能を持っている竹俣紅さんは今後どのような進路を歩まれるか興味のあるところですが温かく見守っていきたいと思います。

 



 - 将棋 , , , , , , ,