紀平梨花と本田真凜を徹底比較!実力や性格、成績など…次戦はどっちが勝つ?

      2018/11/30

Pocket

 

紀平梨花選手と本田真凜選手のライバル関係は幼少のころから現在まで続いています。もともとコーチが一緒だったんですねー。

 

そんな紀平梨花選手と本田真凜選手を徹底比較してみます!実力や性格、成績など、二人はどういうふうに違うのでしょうか。

 

そして二人の今後の直接対決の勝敗予想もしてみます。

 

Sponsored Link

 

紀平梨花選手と本田真凜選手を徹底比較!

 

紀平梨花選手がグランプリシリーズでの逆転優勝は日本中に衝撃を与えました。すい星のごとく現れたニューヒロインの誕生!ですね。

 

グランプリシリーズの開催前はどのテレビ局でも紀平梨花選手より本田真凜選手を報道していました。なので本田真凜選手の陰に隠れて紀平梨花選手はあまり知られていませんでした。

 

紀平梨花選手が日本のメディアに突如として出てきた今現在、本田真凜選手と同等かそれ以上に注目されています。

 

「じゃあ、紀平梨花選手と本田真凜選手はどっちがすごいの?」

 

 

 

 

 

View this post on Instagram

 

❤️

本田真凜 Marin Hondaさん(@marin_honda)がシェアした投稿 -


 

という疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこでライバルといっていい二人の関係を「実力」「性格」「成績」の3つの観点から徹底比較してみたいと思います。

 

 

実力

 

紀平梨花選手はトリプルアクセル(3回転半)とあわせて6種類の3回転ジャンプを飛ぶことができます。

・アクセル

・ルッツ

・フリップ

・ループ

・サルコウ

・トウループ

 

ジャンプの種類は全部で6種類ですから紀平梨花選手は全種類の3回転ジャンプを跳べるということになります。3回転ジャンプを6種類全部跳べるの選手はトゥクタミシェワ選手など限られた選手しかいません。

 

平昌オリンピックで金メダルと獲得したザギトワ選手でさえトリプルアクセルは跳べませんので紀平梨花選手がすべてのフィギュア選手の中でトップクラスの技術と実力を持っていることがわかります。


対して本田真凜選手はアクセル以外の5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができます。トリプルアクセルは現在のところ飛ぶことができませんがアクセル以外の3回転ジャンプはなんと11才の時にすべて出来るようになったとか。いや~すごいです!

 

11才ってまだ小学生ですよ・・!本田真理選手もかなりのジャンプセンスを持っていますね。ダブルアクセルと3回転トウループのコンビネーションジャンプを跳ぶこともできますし。

 

さらに本田真凜選手の特徴は表現力です。あのオリンピック銅メダリストの高橋大輔選手から「雰囲気や魅力的なものを持っている」と本田真凜選手の表現力のすごさをほめています。

 

 

紀平梨花選手と本田真凜選手の実力をまとめると・・・

 

【技術】

紀平梨花 > 本田真凜

 

【表現力】

紀平梨花 < 本田真凜

 

ということに現時点ではなっていると考えられます。

 

 

性格

 

紀平梨花選手の性格はちょっと気が引けてしまうというか押しが弱いという部分があります。実際に濱田美栄コーチは「後は度胸」といっています。個人的にわたしはそれくらいの性格が好きですけどね(^_^;)

 

しかしながら2018年のグランプリシリーズNHK杯での逆転優勝を見る限り気が弱いという感じは全く感じませんでした。のびのび演技をされていたように見えます。濱田美栄コーチからのアドバイスで紀平梨花選手も日々成長しているのかも・・・。

 

対して本田真凜選手の性格はフィギュアの大きな大会でも緊張しない性格です。これもすごいですよね。ふつうは緊張します。本田真凜選手の元コーチ「田村岳斗」さんは現役時代、試合前に緊張してトイレに行きたくなるので「つなぎ」の衣装は着なかったほどなんです(笑)ちなみに現在のコーチはラファエル・アルトゥニアンさん。

 

 


それくらい試合前は緊張するのに本田真凜選手はあまり緊張しない性格だなんてこれは本当に大きな武器です。妹の本田望結さんが芸能活動をされているから人前での演技は慣れているということでしょうか。

 

紀平梨花選手と本田真凜選手は対照的な性格でした。

 

成績

 

【紀平梨花選手】

 

・全日本ノービス選手権Aクラス(2015)      優勝

・全日本ジュニア選手権(2015)          11位

・ジュニアグランプリシリーズ チェコ大会(2016) 2位

・ジュニアグランプリシリーズ リュブリャナ大会    優勝

・全日本ジュニア選手権(2016)          11位

・全日本ジュニア選手権(2017)          優勝

・オンドレイネペラ杯(2018)           優勝

・グランプリNHK杯(2018)           優勝

 

 

【本田真凜】

 

・全日本ノービス選手権(2012)            優勝

・アジアフィギュア杯(2013)             2位

・プランタン杯(2014 ノービス)           2位

・全日本ジュニア選手権(2013)            5位

・全日本ジュニア選手権(2014)            4位

・ジュニアグランプリシリーズ(2016) 横浜大会    2位

・ジュニアグランプリシリーズ(2016)リュブリャナ大会 2位

・全日本ジュニア選手権(2016)            3位

・ジュニアグランプリファイナル(2016)   インフルエンザのため棄権

・USインターナショナルクラシック(2017)      優勝

・グランプリシリーズ(2018)アメリカ大会       8位

 

紀平梨花選手と本田真凜選手の成績を比較してやっぱり優勝回数は紀平梨花選手に分がありますね。本田真凜選手も持ち前の表現力がありますのでジャンプを修正し成功率を高めていけば上位に食い込めると思います。

 

紀平梨花選手はトリプルアクセルが成功していけば現状、女子フィギュアの選手でかなうものはいないでしょう。

 

 

 

 

紀平梨花選手と本田真凜選手が直接対決!次戦はどっちが勝つ?

 

紀平梨花選手と本田真凜選手が直接対決するのはグランプリシリーズフランス大会です。

 

現在、紀平梨花選手が15ポイント(NHK杯優勝)、本田真凜選手がポイント(アメリカ大会8位)です。紀平梨花選手は表彰台にあがればファイナル進出が濃厚、本田真凜選手は優勝してもファイナルは厳しそうです・・・。

 

グランプリファイナル進出が厳しいとは言っても次の大会へのむけても大切な試合になりますし、なんといっても紀平梨花選手と本田真凜選手は幼少のころからのライバルですからね。

 

本田真凜選手も相当に気合をいれてぶつかってくるでしょう。本田真凜選手の現在もてる力を全部出してくると思います。魂を込めた本田真凜選手の演技に注目です。

 

それに対して紀平梨花選手はNHK杯で優勝し次戦のフランス大会も通過点くらいに感じているかもしれません。グランプリファイナル優勝、2018年全日本選手権優勝、さらには2022年の北京冬季オリンピック金メダルへ向け坦々と練習しているでしょうね。

 

ということで紀平梨花選手と本田真凜選手の直接対決の次戦のフランス大会は紀平梨花選手が勝つと個人的には予想します。しかし本田真凜選手の爆発力も侮れませんので一発逆転もあるかも・・・

 

 

2018年グランプリシリーズフランス大会の結果

Sponsored Link

 

紀平梨花選手と本田真凜選手の直接対決が見どころの一つとなった2018年のグランプリシリーズフランス大会。その結果をご紹介します。

 

総合結果(ショートプログラム+フリープログラム)

 

1位  紀平梨花       205.92  (SP 67.95  FP 138.28)

2位  三原舞依       202.81  (SP 67.64  FP 134.86)

3位  ブレイディー・テネル 197.78  (SP 61.34  FP 136.44)

 

ショートプログラムでは紀平梨花選手は冒頭のトリプルアクセルを失敗したもののその他のジャンプをしっかりと決めて僅差の2位!そしてフリープログラムでみごと逆転優勝!NHK杯に続いての連続逆転優勝です。

 

フリーで逆転するのが紀平梨花選手の代名詞となりつつありますね。「逆転の紀平梨花」なんてキャッチフレーズがつくのも時間の問題かもしれませんね(^_^;)

 

 

 

 

 

 

紀平梨花選手と本田真凜選手のプロフィールをご紹介します

 

【紀平梨花選手のプロフィール】

紀平梨花選手は2002年7月21日生まれで年齢は16才、身長は154cm、兵庫県西宮市出身です。

幼稚園は広田幼稚園、小学校は西宮市立大杜小学校、中学は西宮市立上ヶ原中学校、転校し関西大学中等部に編入されています。高校はN高等学校、所属クラブは関西大学KFSCです。

 

コーチは濱田美栄さん、田村岳斗さん、岡本治子さん、キャシー・リードさん。

目を引くのはN高等学校に在学中ということですね。紀平梨花選手は父親と母親のサポートがすごいんです。詳細は別の記事で述べます。

 

紀平梨花の親の全力サポートがすごい!天才少女が育ったその内容とは?

 

母親の紀平実香さんは毎朝3時起きでお弁当を作ったり、紀平梨花選手を送り迎えしたりと超大変でした。

 

その両親の負担を減らすためにN高等学校を選んだのでしょうね。これで学費や通学の負担がかなり減りました。

 

 

【本田真凜選手のプロフィール】

 

本田真凜選手は2001年8月21日生まれで年齢は17才、京都府京都市伏見区出身、身長は162cmです。コーチはラファエル・アルトゥニアンさん、所属クラブは日本航空です。

 

JALのCAの制服をきてメディアに出ていましたね。とてもかわいい!似合っているということで非常に話題になりました。というかCAの制服の以前から本田真凜選手はメディアにたびたび取り上げられて非常に知名度が高かったです。

 

卓球の伊藤美誠選手と非常に仲が良くオフの日は二人で遊びによく言っているそうです。ちなみに将棋のプロ棋士の藤井聡太さんのファンで友達になりたいとか・・・藤井聡太プロの女性ファンから悲鳴が上がりそうですね(^_^;)

 

まとめ

 

以上、紀平梨花選手と本田真凜選手を徹底比較してみました。本田真凜選手は現在、すこし調子を落とされているようですから調子が戻ってくるとおもしろいかも。

 

12月22日から始まるグランプリシリーズフランス大会で紀平梨花選手と本田真凜選手が直接対決しますので注目です!11月21日現在でテレビ朝日系で男女のフリーの演技をゴールデンタイムで放送予定ですが、ショートの放送が夜中になりそうです・・・。録画するしかないですね(>_<)

 

紀平梨花選手ととの熱い試合を見せてくれるでしょう。楽しみです!

 

 - スポーツ , , , , ,