渡辺恒雄と安倍晋三首相との対立の理由は?ポイントを調査&簡単解説!

   

Pocket

 

「ナベツネ」こと渡辺恒雄さんと安倍晋三首相はかつて大変仲が良かったのですが・・・最近はなぜか対立しているんですよねー(^_^;)

 

あんなに仲が良かった渡辺恒雄さんと安倍晋三首相が対立している理由はいったい何なのでしょうか!?

 

その対立ポイントを調査&簡単解説します!

 

Sponsored Link

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相の対立のポイントを調査&簡単解説!

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相はなぜ対立しているのでしょうか。ポイントを調査したところあるキーワードが浮かび上がってきました。それは・・・

 

「利益」「影響力」(渡辺恒雄さん側)

    VS

「公平」「理想」 (安倍晋三首相側)

 

という構図です。

 

 

渡辺恒雄さんは長年読売グループという巨大企業のトップとして経営を行っていました。経営者がまず考えるのは利益です。この利益を追求するということは悪いことではなくほとんどの企業経営者が考えているものです。

 

というかボランティアのためとか地域貢献のためとかの理由で経営している人はめったにいないでしょう。そしてその利益を生み出すものの一つとして「影響力」というものも大事なんですねー。

 

渡辺恒雄さん側の「利益」と「影響力」にたいして安倍晋三首相側は「公平」と「理想」を掲げています。これらの双方のキーワードが対立しているんですね。「公平」は公平な放送、「理想」は日本の未来を意味していると思っていください。

 

なぜ安倍晋三首相の「公平」と「理想」がなぜ対立の原因にになっているのでしょうか?

 

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相との対立の理由は?簡単解説します!

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相との対立の理由

 

「利益」「影響力」(渡辺恒雄さん側)

    VS

「公平」「理想」 (安倍晋三首相側)

 

となっているのは上記で解説しました。では公平と理想がなぜ読売グループの利益と影響力に害をなすのでしょうか?

 

1つ目は消費税増税にともなう軽減税率の話です。2019年から消費税が10%になる予定ですがなんと新聞社は消費税が軽減されるんですね。その部分を公平に改善したい(新聞社への軽減税率をなくす方向)安倍晋三首相側とそうされると読売グループの利益が減る渡辺恒雄さん側で対立が生まれた・・・ということです。

 

2つ目は放送法関連の改正です。現状ではテレビの世界へ新規参入するためにはかなり高いハードルがあります。っていうか何十年も新規参入していませんのでほぼ新規参入は不可能となっています。

 

渡辺恒雄の若いころはイケメン?生い立ちや学生時代のエピソードがすごい!

 

その新規参入しやすくするための法律をつくりたい安倍晋三首相側の「理想」と渡辺恒雄さん側の「影響力」を維持したいという思惑で対立しています。これはどっちがいいとかどっちが悪いという話ではなく、社会人として生きている以上、お互いの利益が対立することは避けられません。お互いが「良い」と思っていることを主張しているだけですからね。

 

ただ新規参入すると競争が激しくなりますのでそれは利益を圧迫することにつながっていきます。それを避けたいと思うのは経営者として当然でしょう。どちらが正しいかは未来の人が判断してくれるでしょう。

 

 

Sponsored Link

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相との対決は今後どうなる!?

 

渡辺恒雄さんと安倍晋三首相との対決は今後沈静化していく可能性が高いです。渡辺恒雄さんも安倍晋三首相も大人ですからいいところで手打ちをすると思います。対立し過ぎてお互いの立場が危うい状況になるのを避けるでしょう。

 

しかしながら渡辺恒雄さんのバイタリティーはすごいですね!年齢が92才とは思えません。読売新聞を長年にわたって率いていたパワーで今後も話題をわたしたちに提供してくれるのでしょうか。

 

渡辺恒雄の息子は出世頭!現在の仕事とナベツネの教育法を紹介!面白エピソードも

 

それとも引退されてしまうのかわかりませんが・・・対立している安倍晋三首相も渡辺恒雄さんのあのパワーに対しては敬意を表しているでしょうね(^_^;)

 

 

 - 経済 , , , ,