丹波慎也(松坂大輔を超える天才)の身長や体重など経歴&上地雄輔との関係は?

      2018/11/17

Pocket

 

あの松坂大輔投手を超える天才「丹波慎也」さんをご存知ですか?横浜高校の渡辺元智前監督も「横浜高校史上最高の投手」とみとめる逸材がいたのです!

 

その丹波慎也さんの身長や体重など経歴を紹介!さらに上地雄輔さんとの関係とは?

 

そして天才丹波慎也さんが消えてしまった理由に迫ります!

 

Sponsored Link

 

丹波慎也(松坂大輔を超える天才)の身長や体重など経歴をご紹介します!

 

丹波慎也(松坂大輔を超える天才)さんは身長184cm、体重82kg、高校野球の名門・横浜高校の前監督渡辺元智さんは「横浜高校50年の歴史のなかでナンバー1の選手」と断言するほどの逸材でした。

 

【丹波信也さんの経歴

 

・並木フェニックスで野球を始める

・中本牧シニアでは世界選抜に選出

・横浜高校1年生の夏には背番号11を背負い甲子園ベンチ入り

・横浜高校2年生の夏のオープン戦5試合で2回のノーヒットノーランを達成

 

という輝かしい経歴をお持ちだったんです。

 

ちなみに丹波慎也さんの1年先輩にはプロ野球選手になった

 

・矢野英司さん

・紀田彰一さん

・田村仁さん

・斎藤宜之さん

 

などすごいメンバーがいました。そして丹波慎也さんの後輩には上地雄輔さんや松坂大輔投手がいたのです。

 

そんなすごいメンバーの中で渡辺前監督から横浜高校野球部で史上最高の選手といわれた丹波慎也さんはどれだけすごかったんだろうか……と想像してみたくなります。松坂大輔投手以上の成績をあげてメジャーリーグに挑戦したりしたんでしょうか?今となってはもうわかりません。

 

 

 

丹波慎也と上地雄輔との関係は?

 

丹波慎也さんと上地雄輔さんとの関係をご紹介します。上地雄輔さんは中学3年の時自分の進路を茨木の常総学院にほぼ決めていたそうです。しかしテレビで丹波慎也さんの投球を見て衝撃を受けました。

 

 

View this post on Instagram

 

#楽屋でバカ騒ぎ。 ゆーすけも大人んなったなぁ。て。 お兄様方もよ😁💦👍

上地雄輔(遊助)さん(@usk2018)がシェアした投稿 -


この人の球を受けたい!」そう直感した上地雄輔さんは常総学院から急遽横浜高校へと進路を変えてしまいます。自分の直感を信じそれにしたがることができる度胸と実力を持っていた上地雄輔さんも只者ではありませんね。天才だといってもいいでしょう。

 

上地雄輔さんは全国で最高レベルといっていい横浜高校野球部で2年生の時に正捕手のポジションをつかみました。背番号は2番。正捕手はこの背番号を背負うんです。やっぱり上地雄輔さんもすごい!

 

松坂大輔投手を超える天才、丹波慎也さんと2年生で正捕手の座をつかんだ上地雄輔さんのバッテリーで全国制覇を目指していた矢先にふたりに悲劇が襲いました。

 

上地雄輔さんは2年生の夏の神奈川県予選の試合で右ひじ神経断裂の重傷で高校野球どころかプロへの道をあきらめざるを得なくなりました。そして丹波慎也さんにも悲劇が・・・

 

Sponsored Link

 

丹波慎也が消えた悲しすぎる理由とは?

 

丹波慎也さんという天才ピッチャーが消えてしまった悲しすぎる理由とは、それは丹波慎也さんが天国へ旅立たれたからです。原因は心臓肥大による急性心筋梗塞

 

そのことを渡辺元智前監督が野球部のみんなにつたえたところ最初は信じられないという思い、そしてその次に全員が号泣したといいます。丹波慎也さんは野球の実力だけでなく人間的にもすばらしく後輩にもとてもやさしかったそうです。

 

 


 

このショックを乗り越え1996年の春の甲子園、さらに夏子甲子園に出場した横浜高校。部員の思いは一つだったでしょう。「丹波慎也と一緒に甲子園に行く」この思いで甲子園出場をなしとげました。

 

横浜高校のグランドわきには丹波慎也さんのためのレリーフが建てられています。

 

「横浜高校に栄光あれ

    信念

1995年夏 丹波慎也」

 

と刻まれたレリーフを見るたび丹波慎也さんのことをみんな思い出すことでしょう。

 

丹波幹雄の現在の仕事や経歴は?戦績も紹介!弟慎也の思いを胸にプロへ…

 

まとめ

・松坂大輔投手を超える丹波慎也さんの身長や体重、経歴

・丹波慎也さんと上地雄輔さんとの関係

・天才ピッチャー丹波慎也さんが消えた悲しすぎる理由

 

以上についてお伝えしました。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

 - スポーツ , , , , ,